GO VOTE

2016年7月16日 (土)

東京都知事選 期日前投票行ってきました これから夏安居に臨みます

2016年7月31日(日) 東京都知事選投開票
21人もの方が立候補したというのに、主に3人の方だけがテレビでメッセージを発していることにとても違和感があります。

さて、私は早くも期日前投票をしてきました。
ほとんどデータも集められない中、投票者を決めることに悩みました。
それなら、やはり無投票や白票もありではないか・・・と一瞬考えましたが、さんざん「GO VOTE」なんて言いながら、無投票はあまりに無責任だし、投票はすべきものだと思うので、行ってきました。

各まちづくりセンター(出張所)での期日前投票は24日(日)からですが、世田谷区役所では15日(金)から受け付けています。雨の中、世田谷線に揺られながら行ってきました。

さて、ここが大事
各世帯に届く「投票所入場整理券」(っていうんですね。初めて知りました)。
この整理券を持っていないと、投票できないと思っている方が多いと思います。先日の参議院選挙までの私も、そう思い込んでいました。
でも、持ってなくても投票ができるんです。
投票所に行って、「期日前投票宣誓書」に記入して受付に出せば、投票券をくれます。
今回の私は、まだ「投票所入場整理券」が届いてなかったのですが、「宣誓書」に記入したら、投票できました。

投票に行ったけど、「あっ、券を忘れちゃった。券を取りに戻ってまで投票しなくてもいいか」なんて考えてしまったことがある方
出先で、投票所の近くまで来たから、「ついでに投票したいけど、券がないんだよなぁ」という方
大丈夫です。自分の名前・住所・生年月日が書ければ、投票できます。
ぜひぜひ、投票なさってください。

 pencil pencil pencil

では、どうしてこんなに早く期日前投票に行ったのか。
7月17日~31日まで、京都東本願寺・大谷大学を会場に行なわれる「夏安居(げあんご)」を聴講するため、京都に行って参ります。

「安居」とは
お釈迦さま在世の頃、日頃は修行を行なったり、人々が集まってお釈迦さまの法(教え)をいただいたりして過ごします。しかし、雨期には草木が生い繁り、虫やそれを食べるヘビ等の活動が活発になります。そんな時期に修行や、出かけて行って聴聞したりすると、虫やヘビなどを踏みつぶしてしまう、殺生をしてしまう可能性があるわけです。そのため、雨期にはひとつ所に集まって、そこでお釈迦さまの教えに耳を傾けることをしていました。それが「安居」のはじまりです。
東本願寺では、毎年7月後半頃の2週間、「夏安居」が行なわれます。曽我量深先生ご存命の頃は、一ヵ月にかけて「夏安居」が行なわれていました。『歎異抄聴記』もそこで生まれました。

大学卒業後、9年間「夏安居」を聴講させていただいていました。いろいろな事情が重なって、「夏安居」は卒業しました。
昨年の6月頃から、なぜか急に「集中した学びの場に身を置きたい」と想いが湧き起こってきました。
で、昨年8月頃、次年度の(つまり今年度の)「安居」の要項が発表になったとき、なんとか都合が付けられそうな日程だったので、ダメ元で住職・坊守・妻の前で「来年の夏安居に参加したいなぁ」とつぶやきました。そしたら、みんながみんな賛成してくれました。「え!ウソでしょ?」ってくらいストレートに押し出してくれました。
「良いことじゃない、いってらっしゃい」(坊守)
「行けるときに行っておきなさい」(住職)
ありがとうございます

「夏安居」の講者と講題は、
本講 小川一乗先生 『顕浄土真実証文類』解釈―「証」の二重性についての試論―
次講 三明智彰先生 歎異の精神―『歎異抄』聴聞記―

小川先生は、私が初めて「夏安居」に参加したときの講者
三明先生は、私にとっての不可思議な一年に出遇った、「真宗の教え」を説いてくださった恩師。机上の勉強ではなく、人との出遇いを通しての学びを、身につけさせていただきました。西蓮寺でも、永代経法要や毎月の聞法会でお話をいただいていました。

「夏安居」聴講のご縁に感謝しつつ、7月17日~31日、必死に聴聞してきます。
で、31日は満講式(いわゆる閉講式)が終わったら、都知事選投票のために帰京しなくては、と予定していましたが、世田谷区役所では15日に期日前投票ができました。それを調べてくれたのは妻。
「せっかくがんばってくるんだから、31日、無理する必要ないわよ」(妻)
ありがとうございます

若いときと違って、どんなふうに教えがしみこんでくるか。ワクワクしています。行ってきます。

2016年7月14日 (木)

都知事選って、こんなにも政党が前面に出てたっけ?

東京都知事選に出馬したM田氏は、2014年6月に「東京電力ホールディングス株式会社・取締役」に就任している。が、都知事選出馬にあたり、取締役を辞任したとのこと。
本人の意志による辞任なのか、公認している党からの命令なのかは分からない。
しかし、これから選挙に臨むというときに、まるで何事もなかったかのように就いていた職を辞すということは・・・選挙にとって不利益な事柄を排除しておこうと画策したものと思われても仕方がないのではないか。

つまり、東京電力の役職に就いていることが不利益だと考えるのは、原発の問題があるから。
原発を推進している党・人が、本当に「自然の原料に頼らず発電するためには、原発しかないんです」「原発こそクリーンエネルギーで、地球に、人に優しいんです」と思っているのなら、職を辞す必要はない。職も辞さず、原発の必要性を訴えればいい。「東京には、原発が必要なんです」と。しかし、職を辞した。うしろめたいことや、原発の危険性を知っているからこそ、「東電の社外取締役」は、選挙には不利と考え、辞したのでしょう。

本当は、原発の危うさを知ってるんですね。
コントロールできないものだって分かってるんですね。


2016年7月11日 (月)

日常が非日常へ 非日常が日常へ


いつもと同じ朝なのに

恐ろしい日常の幕を開けてしまった朝

晴れて明るい風景なのに

なんて真っ暗な風景なんだろう

2016年7月 9日 (土)

GO VOTE 「みんな」が詰まった「わたし」

「こどものため」ということば

私も3児の父です

大切なことば 大切な想いだと思います

でも、

「こどものため」と言う前に

「わたしのため」が前提だと思うのです

「わたしのため」と言っても

私利私欲に走った「わたしのため」ではなくて、

「自分さえ良ければいい」とか

「自分の人生なんだから、自分の好きにしていいだろ」とかでもなくて、

“みんな”を内包した「わたし」

「わたし」は、「わたし」だけの「わたし」ではない

「わたしは、あなたのことを愛しています」

「わたしは、あなたのことを傷つけたくありません」

「わたしは、あなたのためにがんばります」

この「わたし」や「あなた」は、

個体・単数としての「わたし」や「あなた」ではない

「あなた」を想う「わたし」には「あなた」がいて、

「わたし」がと言わせてくれる「あなた」がいるから「わたし」でいられる

単数で在りながら、複数のことばが、

「わたし」と「あなた」

そんなことを想ったとき

「こどものため」の前提に

「わたしのため」があると思った

「こどものために」と言っている安保関連法案に反対するママの会の皆さま

あなたの声に、どれだけハッとさせられたか

あなたの声に、どれだけ励まされたか

あなたの声に、どれだけ多くのいのちを感じたか

あなたが叫ぶ「こどものため」には、

「自分のこどものため」という想いはありませんね

「世界中のこどものため」という想いが、

ギュッと詰まっていますね

感じます 伝わります

そんな「あなた」が発する声だからこそ

「わたしのため」に「みんなのため」という想いが込められている

かたや

「国民のため」ということばの白々しさよ

大国に追従し、

隣国を敵視し、

国民をないがしろにし、

日本国籍を持たない者を、危険分子と位置付ける

そんな国で

オリンピック・パラリンピックが、どうしてできようか

「国民のため」と言いながら

私利私欲に走る権力者の声に

国民不在・国民不要の気持ち悪さが見え隠れする

「国民」という複数のことばの中に、

「わたしさえよければいい」という単数の響きがハッキリ聞き取れる

「国民」を国民と思っていない者が、

「国民」を愛していないものが、

「国民」を利用する者が、

「国を愛する」「美しい国」などと声高らかに叫ぶ声は、欺瞞に満ちている

「わたしの未来のため」…「わたし」は「みんな」

苦しむほどに熟考して一票を

2016年7月 7日 (木)

GO VOTE 報道に惑わされずに

どうして報道って、どこどこの党が優勢、誰々がリードと、そういうことを伝えようとするのだろう。
選挙の投開票当日も、事前調査や出口調査のデータを元に「当選確実」を打ち出すのだろう。ひどい場合、開票が始まるや否や「当確」を出したりする。データの確実性も高まっているのは分かるけれど、それでも「当確」が外れることが度々ある。「残りの票がすべて次点の立候補者を書いてあったとしても、それでも1位に届かない」とこまで開票したときに、「当確」を出しても遅くはないのに。

投開票前に「どこどこの党が〇○以上の議席を確保する模様」と報道するのは、「そうあってほしい」という想いの反映に思ってしまう。
どこの党が何をしようとしているのか、誰が何を訴えようとしているのか、
どこの党が何を隠しているのか、誰が何について触れようとしないのか、
そういうことを伝えて欲しい。

「報道で優勢と伝えられる人に入れれば良いか」「もう大勢が決しているのなら、投票する必要もないか」などと考えず、自分の頭で考えて投票しなければ。
この人が当選(落選)し、この党が優勢(劣勢)になったとき、何が起こるのか。

イギリスが、国民投票の結果、EUからの離脱が決まりました。
しかし、国民投票の結果が出てから、その現実をしることとなり、再度の国民投票を望む声が高まっています。「離脱」を推していた議員や有力者は、国民投票前に訴えていた「離脱」の理由・利点を、「言ってはない」「可能性の話」などと言いだし、尻込みしています。

日本における報道は、「イギリスの人々は、EU離脱に悲観しています」という視点で取材・報道をされているので、それを多く目にする私たちは、「イギリスの人たちはやっちゃったねぇ」「もっと真剣に考えなきゃねぇ」「いまさら離脱反対なんて、もう遅いよね」などと、まるで他人事のように感想を述べています。

でも、日本も間もなくそうなってしまいそうです。
大手メディアの報道や、権力者の声に煽られ、そこに安易にのってしまっては、イギリスの国民投票と同じ道を歩んでしまいます。
「日本の人たちも、やっちゃったねぇ」などと、言われないように、考え、投票しましょう。

2016年7月 6日 (水)

GO VOTE 既に希望の中にある

“希望”は、

生きとし生けるものすべてが

元々持っているもの

誰からか与えてもらったり

持てる環境を用意されるものでもない

“希望”は、

今に感謝の気持ちが自然に湧き起こり、

未来に向けてワクワクドキドキが広がっていくもの

なのに、

今に不満の気持ちが立ち籠め、

未来に向けての不安や不満が解消されればいいなと思うことが精一杯

“希望”が、

今以上に少しでも光が増すように願うものから

せめて今より暗くなりませんようにと願うものに変質している

そうさせているのは、

「希望が、ゆきわたる国へ」などと言っている方々と、手を組む方々

「希望が、ゆきわたる国へ」って、なんかおかしい

つまり、今、希望がないということの裏返しでは?

そうしているのは誰?

そうしてしまった一端は、わたしにもある

希望は、

誰に制約されるでも、与えられるでもなく、

日本に生きる人だけでなく、あらゆるいのちに、

私のこころに、既にある!!

2016年7月 5日 (火)

GO VOTE  他人事ではありません

〇チェルノブイリ原発事故後、「チェルノブイリ法」が制定されました。ウクライナやベラルーシでは、年間被ばく線量が1~5ミリシーベルトの地域では、住民に移住の権利が与えられています。つまり、1~5ミリシーベルトの放射線量は、人が、いのちが生きるには適さないのです。にもかかわらず日本政府は、住んでも影響はないという放射線量を20ミリシーベルトに引き上げ、福島第一原発周辺地域への帰宅を進めようとしています。補償金は打ち切られます。

〇子どもの甲状腺癌発症率は100万人に1~2人程度といわれています。しかし、福島県の子どもの甲状腺癌が100人以上確定しています。

過日、三宅洋平さんのメッセージを聞きにいったと書きました。
そのメッセージの中で、上記のようなことを訴えたとき、私の隣にいた若い方々が、「えっ、そうなんだ!!」「ひどいね!!」などとつぶやいていました。原発事故後、いろいろな記事を読みあさっている者にとっては、既に知っていることです。だからつい「既に誰もが知っていること」と思いがちなのですが、そうではないのですね。メッセージを聞きに来てくれた多くの方々が、そのことを知らなかったかもしれません。
でも、政治に、選挙に関心を持つ人が増えることによって、知らなかったこと、知ろうとしなかったことを知ることができる人が、どんどん増えてくるものと思います。
権力者にとって隠しておきたいことも、知れ渡ります。

奥田愛基さんが応援演説をしているのを聞いた中年男性が、「SEALDs(シールズ)って何? 彼のこと知らなかったけど、いいね。彼が応援している人を、応援しようかな」と言っていたという記事を読みました。
「SEALDs(シールズ)」を今に至って知らない人がいるんだ!とも思いましたが、現政府に疑問や不安を持つ人の輪が広がっている空気を感じます。

私は、20歳になってからすべての選挙において投票をしてきましたが、決して政治に関心があったわけではありません。いろいろ気にかけて情報を集めたり、報道を気にしたり、自分の頭の中で考えるようになったのは、東日本大震災後です。偉そうなことを言える立場ではありませんが、自分が住んでいる国のことです。つまりは私自身のことです。

原発の問題だけではなくて、
武器輸出を解禁したり(それって、既に戦争に加担しているということ)、
ブラック企業対策や貧困対策に積極的でないのはどうしてだろう?
手を付けてはいけない禁断の国民のお金に手を出して、5兆円の損失を出したり(その穴埋めも、税金から)、
自民党の憲法改憲案では「基本的人権」が削除されている・・・

「知らない」「関心が無い」「どうでもいい」では済まされない現実が、今あります。
ホント、恐ろしい状況です。

2016年7月 4日 (月)

GO VOTE 伝えたいのか 傷つけたいのか

Dsc_0379

伝えたいことを、きちんとことばにできれば、

他者をデスる必要など、ないと思う。

きちんとことばにしたうえで、

傷付く他者が出るのも、それも現実。

でも、伝えることが目的か、

他者を傷つけおとしめることが目的か。

どっちに重きを向いているか、

誰のことを想ってものを語っているのか、

ことばを聞いて、見極めなければ。

2016年7月 2日 (土)

GO VOTE いのちの声を聞く

不都合な事実を隠すためのメッセージは、話しているうちに化けの皮がはがれます。
自分の想いに反したメッセージは、語っているうちに自分でも苦しくなってきます。
選挙演説を聞いて、できるかぎりそこを見極めたい。

2016年7月2日(土)
参議院議員選挙2016 東京選挙区で無所属で出馬されている三宅洋平さんのメッセージを聞きに渋谷駅前 選挙フェス 自分らしくあれる社会へ。
自分の想いを、自分のことばで語ることが出来る人だと感じます。

「いのち」ということばは、「息と血」から由来しているという説があります。
三宅さんのメッセージは、「いのち」の声(こころの底からの叫び)だと思います。

公約を読み、できることなら声を聞き、投票する人を選びましょう
「いのち」の声を発している人に出遇えますように!!

Dsc_1158
卑湿の淤泥(現代社会を懸命に生きるいのち)の中に、蓮華が生じていました。

2016年6月30日 (木)

GO VOTE 今年も折り返しですね!!

cloudおはようございますcloud
どんよりした天気が続きますが、こんなときこそ、元気だしていきましょうsign03

(今日のひと言)
カラ元気も元気のうちgood

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ