Eテレ

2012年5月19日 (土)

もし無人島に一冊だけ本を持っていくとしたら

幼い子どもがいると、Eテレをよく見ます。
「フックブックロー」は、古書店を舞台にしたパペットと人間の物語。

昨日の「フックブックロー」で、登場人物のしおりちゃんは問いかけていました。
「もし無人島に一冊だけ本をもっていくとしたら、どの本を持っていく?」

しおりちゃんは、『世界のお菓子全集』
 美味しいお菓子のことを、せめて本だけでも思い出したいから。
フリーターの傑作君は、『ロビンソンクルーソー』
 無人島生活の参考になると思うから。
店長の もくじぃは、『書籍全集』
 数々の本を読み込んできたもくじぃにとって、本の題名を見ただけで、本の内容が思い起こされるから。
(といった内容だったと記憶していますが、間違いがあったらごめんなさい)


テレビを見ながら、「さて、自分なら?」と考えました。
本棚にいっぱい本は並んでいるけど、一冊と言われると困ります。困るとは、選べないという意味もありますが、選べないなら全部無くてもいいんじゃないの?という問いかけも含まれます。
そこで、『真宗聖典』や『歎異抄』などと、なんの迷いもなく選択できない自分も困りものですが。

さて、もし無人島に一冊だけ本を持っていくとしたら、あなたは何の本を持っていきますか?


2012年4月23日 (月)

つい懐かしく

幼い子どもがいると、Eテレをよく見ます。
Eテレでお馴染みのワンワンやパッコロリンのキャラクターが登場する番組「ワンワンパッコロ!キャラともワールド」が、BSプレミアムで放送されています。
Eテレ(旧、教育テレビ)で放送されていた番組を振り返り、昔の映像を見たり、その出演者が登場します。
「できるかな」でお馴染みのノッポさんやゴン太君、「おーい!はに丸」のはに丸が登場しました。
娘たちも喜んで見ているのですが、それ以上に私や妻が懐かしがりながら楽しんでいます。ゴン太君やはに丸の登場に大興奮です。〔はに丸の声は、田中真弓さん(ルフィ)だったのですね〕
思うに、教育テレビはゆるキャラの宝庫ですね。ひこにゃんやスギッチに好意を抱き、真宗大谷派が御遠忌を機にキャラクターを誕生させたときに興奮を覚えたのは、幼少期の想いがあるからかもしれません。
御遠忌でキャラクターが誕生したとき、そのことを快く思わない人がけっこういました。なぜそんなに嫌悪するのかなと思っていたのですが、幼少期の刷り込み(という表現がいいのかどうか分かりませんが)が無かったのでしょうね。そうでなければ、時勢に乗っただけの、子どもに迎合した、金食い虫にしか見えないかもしれません。
幼少期の記憶・体験・経験は、一生ものなんですね。三つ子の魂百までです。それがあると、大きくなってから、子どもの頃の感覚が蘇り、スッと受け入れられるのかもしれません。幼少期の記憶がないと、大きくなってから理知や損得勘定でものをはかってしまう。おしえの受け止めも、幼少期のあり方も影響するんだなぁと思いました。
お寺の子ども会の写真をアップしている先輩僧侶のHPがありました。写真に写っている子たちは、大切な時間を過ごしているんだなぁと感動しました。大きくなって困難にぶつかったとき、必ず振り返る場があるからね。

2012年4月 3日 (火)

春なの~に~♪

暴風雨駆け抜ける春ですが、4月は新しい一歩を踏み出す季節なのですね。
幼い子どもがいると、Eテレをよく見ます。
が、4月になり、
「おかあさんといっしょ」の体操のおねえさんが変わり、
「みいつけた!」のスイちゃんが変わり、
「はなかっぱ」や「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」などの歌が変わり、
娘とテレビを見ていて、番組が変わる度に面食らっています。
でも、ほとんどの番組は何事もなかったかのように、それが今までのことのように流れ、
娘も、驚くでも疑問に思うでもなく、今までと同じように番組を見ています。

歌が変わるのはいいとして、
人が変わるのは淋しいですね。
今まで楽しませてくださった皆さん、ありがとうございます。
新しい皆さん、よろしくお願い致します。

2012年2月 7日 (火)

ちょっとしんこきゅう♪

幼い子どもがいると、Eテレをよく見ます。
「フックブックロー」は、古書店を舞台にしたパペットと人間の物語。番組中に歌われる歌がこころにしみます。
特にオープニングの歌が好きで、番組が始まると娘と一緒に歌っています。

「青空しんこきゅう」
はしっても あるいても
ちきゅうのスピードは おなじです
あせっても のんびりでも
ちゃんとあしたは くるんです
いそぐときほど くちぶえふこう
かなしいときほど にっこりえがお
フック ブック ロー
しあわせはいつも うしろから
フック ブック ロー
おいついてくるよ
だからここらで そよかぜを あおぞらを
ちょっとしんこきゅう


フック ブック ロー
しあわせはいつも
うしろから
フック ブック ロー
おいついてくるよ♪

娘と一緒に歌っていると、ハッキリ発話できない娘は、
「しわよせはいつも」
と歌っているように聞こえます。

しわよせはいつも うしろから おいついてくるよ♪

う~ん、それも言い得て妙だな!と思いました。
(そっちの方が真実っぽいような)

2012年2月 6日 (月)

でんでらりゅうば でてくるばってん♪

幼い子どもがいると、Eテレをよく見ます。
「にほんごであそぼ」を見ていると、おおたか静流さんや子どもたちが

でんでらりゅうば でてくるばってん

と歌っています。なにかしら手も動かしています。
この手遊び歌はなんだろう? 「ばってん」とか言ってるし、映像に長崎くんちの蛇踊りの龍も出てきているので、長崎の歌かなぁと思っていました。

今、トヨタ PASSO のコマーシャルで、仲里依紗さんが同じ歌を歌っています。同じように手を動かしながら。
坊守(母:長崎出身)と娘たちと自分とで、居間でテレビを見ていたら、このコマーシャルが流れました。
すると坊守が

でんでらりゅうば でてくるばってん

と歌い出し、手も動かしています。
「しっとっと? (知ってるの?)」と私が尋ねると、
「しっとっと! (知ってるわよ)」と母が応えました。
長崎の遊び歌だそうです。
長女もたまに、ハッキリとは覚えきれていませんが、

でんでらりゅうば でてくるばってん

と口ずさんでいます。楽しいみたいです。

でんでらりゅうば でてくるばってん でんでられんけん でてこんけん こんこられんけん こられられんけん こ~ん こん!

2012年1月 5日 (木)

おさるのジョージ

幼い子どもがいると、Eテレをよく見ます。
小さいときに好きだった絵本「おさるのジョージ」が、今Eテレでアニメで放映されています(絵本の題は「ひとまねこざる」でしたか)。
ジョージは人間の友達(飼い主)「黄色い帽子のおじさん」との生活の中で様々な問題を起こすのですが、黄色い帽子のおじさんを始め、周りの人々・動物の友達の温もりに包まれて、のびのびと生活しています。起こした問題も、結果的にうまくまとまってしまうのも微笑ましいです。娘たちも好きで、いろんなアニメを録画していますが、ジョージは飽きずに見ています。
ジョージの行動は、二歳児の行動に似ています。最近しっかりしてきたとはいえ、たまに突拍子もないことをする長女を見て、「仕方ないね」と妻と笑ってます。

ジョージがまたやらかしました。黄色い帽子のおじさんお気に入りの、購入したばかりのジュウタンに、ブドウジュースをこぼしてしまいました。おじさんの留守中に、ジュースのシミを消そうと、ジョージはありったけの洗剤をかけます。たくさんかけたほうが、きれいになるから。そのシーンを見て、妻がつぶやきます。「誰かさんみたい」
私も、洗剤やら歯磨き粉を適量以上に使っていました。そのほうが綺麗になりそうだから。結婚してから、妻に注意されました。「適量があるんだから」
おかげで、洗剤の使用量が減りました。まさに環境汚染でした。40歳も、ジョージと変わりありませんでした。
何事も適量がありますね。お酒も。お正月に飲み過ぎませんでしたか?

ちなみに、ジョージはホースで家の中に水をまき、家中ビショビショにしてしまうのでした。おじさんお気に入りのジュウタンとともに。おじさんがジョージを探す叫び声とともに、そのお話は終わりました。

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ