長崎旅行記

2009年8月18日 (火)

発見!

発見!
 
発見!

「眼鏡橋」って、「Glasses Bridge」じゃなくて、「Spectacles Bridge」っていうんですね!
ちょっと感動してしまいました。
 
坊守の出身地(長崎)に来ています。96歳になる祖母に、半年の娘を会わせに来ました。祖母からすると、13人目のひ孫です。

2006年8月24日 (木)

長崎から


長崎から帰って来ました。
これから会議です。いきなり現実世界に戻ってしまいます。
ネジを締め直してガンバロッ♪

2006年8月23日 (水)

愛の人は 勇の人

闘争だの戦争だのという騒ぎは、おくびょう者がやるのである。「愛」の人は、すなわち「勇」の人であり、勇の人は武装しない。武装しない人は戦わない。つまり「平和」の人である。
                             永井 隆「平和搭」

愛の人は 勇の人
 永井 隆記念館にて


愛国心を持つということは、戦いをしない勇気を持つことだと思います。
戦争することを暗に含めた愛国心は、愛国心とは言わないのです。

平和祈念像

平和祈念像


右手は原爆を示し
左は平和を
顔は戦争犠牲者の冥福を祈る
      北村西望

2006年8月22日 (火)

遠藤周作文学館

人間はこんなに哀しいのに
主よ、海があまりにも碧いのです
            遠藤 周作 『沈黙』

遠藤秀作文学館

 『沈黙』の舞台に建つ遠藤周作文学館
 周りにはあまりにも碧い海が広がります。


2006年8月21日 (月)

こころ安らぐ場

こころ安らぐ場


羽田空港に来ています。

高校生の頃、しんどい時は羽田空港に行きました。
はっきりした理由はないのですが、空港の送迎デッキから飛行機を眺めているのが好きでした。

大学生の頃は、東本願寺に行き、親鸞聖人にご挨拶して、阿弥陀堂の柱に寄り掛かってボーッとしてました。しばらく阿弥陀さんを眺めてから「じゃ、行くわ」って出てきてました。

そういう場、お持ちですか?

ちなみに、空港に来たのはしんどくなったからではなく、用事が出来て長崎に行くご縁をいただいたからです^^
搭乗するまで、飛行機を眺めてました♪

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ