春秋を識らず

2008年8月21日 (木)

春秋を識らずを知る

セミやアリについて書いていたら、「蟪蛄(けいこ)は春秋を識(し)らず」を思い出しましたというコメントをいただきました。
  
「蟪蛄春秋を識らず」とは、「蟪蛄」はセミです。セミは夏の虫です。夏になると大合唱をするセミ。さぞかし夏のことをよく知っているだろうと、思ってしまいます。が、よく考えてみてください。地上では夏しか生きていないセミは、春と秋のことどころか、春とか秋があるということも知らないわけです。ということは、夏という季節のことも知りえないわけです。 
自分が専門にしていることを知っていれば、それさえ突き詰めればいいのかと思っていたけれど、そこだけしか知らないということは、周りのこと、他のことを知らないわけです。周りとの、他との接点なく、自分の興味あることを極めようとしても、それではなにも分からないのです。
そのような例えです。
 
以前、「蟪蛄は春秋を識らず」について書いたことがあるので、読み返していました。2年前の文章ですけど、よろしかったら、お読みください。
 
ケイ蛄春秋を識らず
われら春秋を識らず
 
 clover clover clover clover clover 
 
昨晩、「クイズ雑学王 スペシャル 芸能人雑学王最強No.1決定戦」というクイズ番組を、夕飯の片づけをしながら見ていました。
  
「飛行機の両翼の翼についているライトは、色が違います。なぜでしょう」
「灯台は白に決まっているのですが、中には白と黒のストライプ、白と赤のストライプのものもありますなぜでしょう」
「リカチャン人形の靴は、小さな子が口に入れても大丈夫なように工夫がしてあります。どのような工夫でしょう」
「電柱の住所表記には、青のものと緑のものがあります。違いはなんでしょう」
知ってるとなんてことない問題だけど、知らないと全然分からないような問題ばかり出て(ホント雑学ですね)、答を聞いては「なるほどぉ」と関心してました。
   
で、答の発表の仕方なのですが、それぞれの専門化に答を説明してもらっているのです。
いろいろなことを専門にされてる人がいるんだなぁ、いろいろな職業があるもんだなぁと、そこにも関心してしまいました。
 
世の中、知らないことだらけです。かといって、いろいろなことを知るにも限界があります。
人それぞれに、いろいろなことを学び、見に付け、世の中に還元する。
人と人とが集まって、接点を持つからこそ、いろいろなことが構築されていくんだなぁと感じました。
 
自分ひとりの経験では、分かったつもりでいることも、まるで分かってないのかもしれません。
もっと知ることがたくさんあるのに、小さくまとまっているかもしれません。
見えているつもりで、なにも見えてないのかもしれません。
それすら知らない自分を、知りたいものです。
 
(追記)
クイズの答が気になりますよね。ながら見だったので、問題の文章や答の説明が番組の通りではありませんが、とりあえず書いておきます。
 
one「飛行機の両翼の翼についているライトは、色が違います。なぜでしょう」 
たしか、飛行機に向かって左が緑色・右が赤色だったと思います。 
自分が飛行機のパイロットだとします。今、夜の空を飛んでいます。前方にライトが見えてきました。緑色だけ見えます。ということは、自分の前方を左から右へ向かって飛んでいる飛行機があるということです。赤の場合は逆。そのように、色を違えることで、前方を飛んでいる飛行機の翼のライトしか見えなくても、進んでいる方向が分かるわけです。
  
two「灯台は白に決まっているのですが、中には白と黒のストライプ、白と赤のストライプのものもありますなぜでしょう」
灯台は、白と決まっているんですって。それすら知りませんでした。でも、例外がある。それはなぜか。
答は、雪がよく降る地域の灯台はストライプになっているのでそうです。そう、白だけだと雪景色に紛れてしまうからですね。
問題を聞いたときは、「雲と混ざるから」だと思ったのですが、「雪」でした。
 
three「リカチャン人形の靴は、小さな子が口に入れても大丈夫なように工夫がしてあります。どのような工夫でしょう」
これは、問題を読んでピンときた人もいるんじゃないかな。
リカチャン人形の靴は、「苦い」んだそうです。お持ちの方、なめてみてください。
 
four「電柱の住所表記には、青のものと緑のものがあります。違いはなんでしょう」
東京でいうと、電柱の所有者が、緑は東京電力で、青はNTTなんだそうです。
工事をする際、その色で判別しやすいためにだそうです。色が分かれていることすら気にしていませんでした。

途中まで興味深く見ていたのですが、いつのまにかチャンネルを換えてしまいました。誰が優勝したのか見てませんでした。今は、それが知りたいです。 

2006年8月20日 (日)

われら春秋を識らず

病院って、たくさん“科”があるんですね。
 内科・外科・産婦人科・小児科・眼科・歯科etc
“科”の中にも“系”など細分化されている。
 内科だと消化器系・呼吸器系・循環器系etc
 外科にも消化器系・呼吸器系・循環器系があるんだ!!
 脳神経外科とか形成外科とか美容外科とか
細分化されて、研究されて、専門化されて、それぞれに詳しい人・第一人者と呼ばれる人がいて…。
それぞれのところで、かなり研究が進んでいるのでしょうね。

なんでこんなことを書いているのかというと、昨日の「ケイ蛄春秋を識らず」の文章を書いていて、ひとつの部分を見ていると、結局何も見えなくなってしまうんだなぁということを感じたのです。
医療でも、それぞれの分野での研究は進んでいるのに、他との連携が取れてないばかりに病気を見落としたということを聞くことがあります。「臓器は見えてるのに患者が見えてなかった」などと表現されます。

真っ先に思いついたので、病院のことを書いてしまいましたが、医療だけじゃないですよね。
行政とかお役所とかも。ひとつのことをするのに いくつも窓口を回ったり、たらい回しにされたり、何人も相手にして話さなきゃいけなかったり、むこうも把握してなかったりすることも。
部署や窓口が分かれすぎていて、なかなか話が先に進みません。人によって言うことが違ったりすることもあります。

人のことばかり言ってちゃいけませんね。
いろいろな法座(法話を聞く場)があるけれど、サラリーマン向け・女性向け・子供向け・僧侶向けなどと対象を絞ったり、対象年齢がいくつまでとか いくつからとか設けてみたり…。
確かに必要だから対象を絞ったりするわけだけど、それはそうなんだけど、細かく分けることによって“衆生”が見えなくなってしまっているような気がする。

細分化するのは必要があってのことだけど、誰もがそのそれぞれの場所だけに身を置いてしまう。
横のつながりも無い、他の管轄のことが分からない、他の管轄の存在自体を知らない。

詳しく知りたいという欲求が、なにも知らないという結果を生み出している。

2006年8月19日 (土)

ケイ蛄春秋を識らず

夕方5時半頃、まだ日が暮れる前、本堂の裏でご本尊の正面に飾るお花を挿してました。窓を開けて、外の風を入れながら。蝉の鳴き声が聞こえてきます。

 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
   ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
   ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ

う~ん、アブラゼミの大合唱。
普段、本堂のお花は住職が挿しているのですが、住職が不在のため久しぶりに私が挿してました。慣れないことをしてるものだから、時間がかかります。日が落ちてきました。

 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ  
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン
  
ミンミンゼミの声も聞こえてきました。賑やかです。
一応挿せたけど、バランスが悪いなぁ。やり直し やり直し。全部抜いてもう一度挿し始めました。窓の外が薄暗~くなってきました。

 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン 
         カナカナカナカナカナカナカナカナ
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン 
         カナカナカナカナカナカナカナカナ
 ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ ジ
  ミーン ミン ミン ミン ミン ミン ミーン 
         カナカナカナカナカナカナカナカナ

よく耳を澄ますと寂しげな鳴き声が…。ヒグラシです。
いろいろな蝉がいるものだなぁと感じていました(花を挿すことに集中していない…)。

蝉といえば、次のことばを思い出していました。

ケイ蛄春秋を識らず、伊虫あに朱陽の節を知らんや (ケイ:虫偏に惠)
     〔ケイコ シュンジュウをシらず、イチュウあにシュヨウのセツをシらんや〕

ケイ蛄とは蝉のことです。伊虫は「この虫」という意味で、ここでは蝉を指します。
夏に成虫となる蝉は、春や秋があることを知りません。春や秋を知らないこの虫が、どうして夏(朱陽の節)を知ることができるだろうか(いや、できない)。
というような意味になります。

残された時間が少ないことを知ってか、力の限り鳴き続ける蝉。その蝉は、毎年 計ったように夏に成虫となります。春や秋、もちろん冬がどういう季節か知らないわけです。
ということは、“夏”ということも分からないのです。比べることが出来て初めて夏だ秋だと知ることが出来るのですから。夏に成虫となり、いのち終えていく蝉は 春も秋も、そして夏も知らないのです。

このことばは、もちろん蝉の事実を語っただけではありません。

例えば…そう、私のこと。
自我という想いの中を生きている私は、他者の想いを知らない。
他者の想いを知らないということは、自分自身が見えなくなっているということ。
自分を正当化していると、他者の意見なんか受け付けません。自分とは違う想いを受け付けないでいると、まさに循環彷徨。どれだけ頑張っても、どれだけ経験を積んでも、どれだけ生きても、元の場所に戻ってきてしまいます。

例えば…今何か夢中になっていること、ありますか?
仕事でも趣味でもいいです。何かに夢中になっていると、のめりこみすぎると、周りが見えなくなってしまいます。そして、その夢中になっていること自体が見えなくなってしまいます。
もう終わってしまいましたが、NHKの「プロジェクトX」という番組がありましたよね。主人公が仕事で壁にぶつかる。今までの経験や知識を生かして解決策を探ってもまったく光が見えない。そんな時、まったく畑違いの仕事をしてる友人や、仕事についての知識が無い身内の一言が解決策を導くことがある。そんなこともあるものです。

   
   
いろいろと考えているうちに、日が暮れてしまいました。
花も挿し終えて、阿弥陀さまの前にお飾りして、夕方のお勤めをしました。ナムナム。
時間は…7時だ!!

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ