お盆の風景

2011年7月20日 (水)

獅子口

お暑うございますsun
台風のせいでもあるのでしょうか。蒸しますねtyphoon
お元気でいらっしゃいますか。
暑い中、東京の7月盆も終わりました。今年は、お盆の直後が3連休だったため、お盆が1週間ほどあったような気がします。
  
お盆中、お参りにみえた門徒さんから質問をいただきました。
「副住職、屋根のてっぺんにある鬼瓦の、3本の角(つの)はなんですか? どういう意味があるんですか? お寺さんの鬼瓦って、必ず角が3本あるんで、気になってたんですよ」 
  
鬼瓦に角3本…気に留めたこともなかったので、名称も理由も知りませんでした。
質問をいただいたときにお答えできなかったので、調べてみました。 
 
Dsc_0530
   
鬼瓦の上にある3本の角…あれは角ではなく、「経の巻(きょうのまき)」というのだそうです。お経の巻物ですね。それが3本乗っかっているのです。「経の巻」は、3本が基本形のようです。まれに5本があるそうです。
写真は、西蓮寺本堂の「鬼瓦」ですが、「鬼瓦」は総称で、厳密には「獅子口(ししぐち)」というのだそうです。
角は、必ずしも3本というわけではなく、1本の場合もあります。その場合、「鳥休み(とりやすみ)」というのだそうです。3本よりは、1本の方が鳥も休みやすそうです。
  
ちなみに、ご本山 御影堂の「獅子口」は、重さ3トンあります。
「日本家屋の屋根には、どうしてあんなに重たいものを乗っけるんだろう?」と思ったことはありませんか?
でも、あの重さが必要なのだそうです。重さがあってこそ、屋根が、建物がしっかりとするのだそうです。
重たさが必要・大事…人生も同じです。
  
「鬼瓦」は、魔除けのためとか、防火の願いを込めたものと言われています。
歴史的には、飛鳥時代からあったと言われています。時代を経て、装飾や願いが加わり、鬼瓦はいろいろな形へ変遷してゆきます。
西蓮寺本堂の獅子口のような形は、江戸時代頃からみられるようになったと言われています。
    
以上、いろいろなサイトにお邪魔してまとめさせていただきました。専門の方から言わせると、間違いがあるかもしれません。
また、「なぜ3本か?」「どういう意味があるのですか?」というご質問に、正確には答えていませんが、どうぞご了承ください。
     
 sun sun sun
  
お盆中のあまりの暑さ(熱さ)に、ニャアもグッタリしています。日陰を探して移動していました(写真右下)。
 
Dsc_0533

2006年7月13日 (木)

あつはなついねぇ

今日は暑かったですねぇ。
お盆なので(東京は7月盆です)、外のお参りに歩いてました。
ジュバンと白衣がビショビショになってしまいました。2枚ずつ。

夏バテに気をつけましょうね。
サッカーW杯も終わったし、睡眠はキチンととりましょう。

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ