聞法

2017年5月22日 (月)

誰もが、仏さまから願いをかけられている

昨日のブログで、伊藤元先生のお話を書いたので、あらためて『ご法事を縁として 亡き人からの願いに生きん』(東本願寺出版 伝道ブックス78)を読み返しました。

 book

仏さまから願いをかけられているという点では、みんな平等なのです。

本来は人を能力で比べることはできませんし、能力で人を見るというのは見ている本人が一番哀(あわ)れです。そういう見方でしか人を見ることができないのは心が貧しい人です。能力で人を上に見たり、下に見たりするところから人間の堕落が始まるのです。人を軽く見るというのはそういうことです。軽く見られた人は堕落しません。軽く見た人が人間性を失っていくのです。そういうことを私は聞法する中で学びました。

 book

差別的発言のニュースが続き、鬱々としていたところ、また伊藤先生に教えていただきました。
差別心というものは、誰にもあるものだと思います。その根っこが、比較心にある。比較するということは、自分が一番でありたいという想いがあるのでしょう。でも、みんな平等なのです。
無神論者を標榜する、宗教は危険だと主張する、仏などいるものかと思っている、そういう方もいることでしょう。でも、人間を超えた、人知を超えた、大いなるものに包まれている、そういうものに私たちは見られている。そういう感覚は、大切なことだと思います。
無神論者を標榜するのをやめて真宗門徒になりませんか?なんて勧誘しているのではありません。ただ、阿弥陀(大いなるもの)に願いをかけられている(守られている)という視座があるだけで、生き方が、いのちの見方が変わると思います。人間第一主義では、人が人を傷つけるだけの人生になってしまいます。

2017年4月30日 (日)

私を生きる・・・連綿と続いている

昨日 2017年4月29日(土) 西蓮寺永代経法要をお勤め致しました。
お参りくださいました皆様、ありがとうございます。
同じ空間で聴聞し、阿弥陀経をいただけたこと感謝申し上げます。
「白骨の御文」最後数行、まったく声が出なくなってしまい、失礼致しました。あんなの初めてです。アイコンタクトを送って、参勤の住職に続けて読んでいただけばよかったhappy01sweat01 今は快復致しました。


Dsc_0325


Dsc_0324


Dsc_0332


ご法話は 海法龍先生。いつもありがとうございます。
先生が配られたプリント。石垣りんさんの「ランドセル」。幼いうちから、人間は、たくさんの人と出会い、さまざまな経験をし、いろいろな想いを抱き、ひとり歩むのだなぁと感じました。ひとりだけど、独りではない。みんな違う人生を歩みながらも、みんなで歩む。


ランドセル 石垣りん

あなたはちいさい肩に
はじめて
何か、を背負う

机に向かってひらく教科書
それは級友全部と同じ持ちもの
なかには
同じことが書かれているけれど
読み上げる声の千差万別

入学のその翌日から
ほんの少しずつ
あなたたちのランドセルの重みは
違ってくるのだ

手を貸すことの出来ない
その重み

かわいい一年生よ。

2017年4月25日 (火)

2017 親鸞聖人につどう 東京教区同朋大会

先日お知らせした東京五組の同朋大会もおかげさまで賑やかに開催されました。皆様ありがとうございます。
続きまして、東京教区同朋大会が2017年5月2日(火)に開催されます。

日時:5月2日(火) 12:00より受付 13:00開会 16:00閉会
会場:文京シビックホール(文京区春日1-16-21)
講師:中島岳志先生(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)
講題:となりの親鸞
参加費:1,000円

 memo

同朋大会チーフを務めさせていただいています。以下、呼びかけの文章です。

本年の同朋大会の講演は、中島岳志先生(東京工業大学教授)にお願い致しました。
阪神淡路大震災と、同じ年に起きたオウムサリン事件。1995年に発生した出来事を契機として、中島先生は研究者としての歩みを踏み出されました。
下記抄出した文章で、倒壊した家屋から位牌を探す女性のことが書かれています。「位牌」とは、私のこころを満たす物質的な何かではなく、混迷した世の中において、私の存在を丸ごと受け止めてくれる何かを求めている。そのことの象徴のように感じました。私の存在を受け止めてくれる何かを求めている、つまり、拠り処を見失っている私です。中島先生も、自分の存在意義を求めて生きる私の姿を「トポス(居場所)の喪失」と表現して、問題に向き合われています。
先生の書物を読んでいると、ご自身の生活体験を通して、そのときに出遇った「バラバラでいっしょ」「今、いのちがあなたを生きている」などの御遠忌テーマのいただきが、自分の言葉で語られています。親鸞聖人の教えの中に大事な何かを見出しておられる中島先生の話を伺いたいと思い、今年度教区同朋大会のお話をお願い致しました。
「親鸞聖人という方は、教えを分かったつもりになっている者には厳しく、分からないと落ち込んでいる人には優しく寄り添われる方ですね」と先生は言われます。その想いがこもった「となりの親鸞」という講題をいただきました。
今年度の東京教区同朋大会は、5月2日(火)文京シビックホールにて開催致します。ぜひお出かけください。
東京教区教化委員会 同朋大会企画会一同(チーフ 白山勝久)

 book

1995年に発生した阪神淡路大震災。20歳のときでした。大阪の自宅が被災しました。茫然自失状態にある中、地震から数日経ったテレビの中継に釘付けになりました。長田地区で、倒壊した家屋から必死で何かを探している女性が映し出されました。「何をお探しですか?」と問うレポーターに対し、「位牌です」と彼女は答えました。そのとき、私の中で地震以上の精神的な揺れが起りました。私が、地震がおさまった直後に探しだして手に握りしめたのは財布でした。私は、自分の精神的な〈弱さ〉に直面することになりました。バブルが崩壊し、戦後日本の「成長」物語が崩壊する中、何に依拠して生きていけばいいのか。震災を通して、茫漠たる不安を突きつけられました。私は「位牌です」と答えた女性を直視し、私の中の「空白」と向き合おうと考えました。これが宗教との出会いでした。
(『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』(集英社新書)「はじめに」より抄出)

 memo

Img375

Img376

2017年4月20日 (木)

東京5組 同朋大会 2017

sunおはようございますsun
ようやく暖かくなりましたね。
でも、昨日は日が沈んでからは寒かったですねtyphoon
お風邪召されていませんか? 天候不順の折、おからだご自愛ください。

さて、法話会のご案内です
2017年4月22日(土) 「東京5組同朋大会」が東京都練馬区にあります「真宗会館」にて開催されます。

日時:4月22日(土) 13:00より受付 13:30開会 17:00閉会
会場:真宗会館(練馬区谷原1-3-7)
講師:高橋法信先生(大阪市生野区 光徳寺住職)
会費:1,000円

お話しの他に、「東京5組坊守会によるコーラス」「東京5組 旧役員御礼・新役員紹介」がございます。
当日参加もできます。
真宗会館でお待ちしています。

Img372_2

2017年3月 5日 (日)

聞こえてくる声

昨日の東京五組同朋会。報土寺の朝倉俊住職からお話をいただきました。
五組の教化テーマ「いのちの声を聞く」を講題として。

「生老病死」の「生」を「見」と置き換えて、「見老病死」のお話でした。
「見」とは、「体験する」ということ「感じる」ということ。
自身の老病死を見つめ、感じることを通して、「いのちの声に耳を傾ける」ということを、間もなく80歳になる生涯を振り返られました。そのことはつまり、次代 次次代を生きるいのちへの声なんだ、という想いで拝聴しました。

東京五組同朋会が立ち上がった頃からの歴史に身を添わせて生きてこられた住職。
近頃、五組の先輩たちの訃報や体調不良の話が立て続けにあり、無常なるいのちについて、強く感じておられました。
昨日、報土寺門前に掲示してあった法語をアップしました。
 
 道に出会い
 師に出会い
 友に出会う
 それがいのちに
 出会う人生である

まさにそのような人生であり、人生とは出会いであると、語られました。

お話の終盤に、大好きな詩、良寛さんの五言絶句を紹介してくださいました。

 担薪下翠岑
 翠岑道不平
 時息長松下
 静聞春禽聲

薪(たきぎ)を担いて翠岑(すいしん)を下る
翠岑(すいしん)の道 平かならず
時に息(いこう)う 長松(ちょうしょう)の下
静かに聞く 春禽(しゅんきん)の聲(こえ)

「春禽の聲」とはウグイスの声という意味です。山道を歩いていると、決して平坦な道ではありません。ときに大きな松の根元に座して、一呼吸おいて、また山道を歩む。その道中、ウグイスの声に励まされて、家へ帰ってゆく。「あぁ、今日も一日の仕事が終わった。ありがたいことだなぁ」という詩です。

時間を惜しみつつも、ご生涯のお話をしてくださいました。
生老病死の人生を経験され、見つめなおされ、こころに響いた漢詩。
 平坦ではない道。
 時にはひと休みすることの意義。
 休んだときに聞こえてくるウグイスの声。
それぞれ、人生における大切なことの譬喩なのでしょう。
平坦でない道(人生)で、ちょっと立ち止まったとき、聞こえてくる声は何でしょう? なんと呼びかけてくださっっていることでしょう?

朝倉住職ありがとうございます。南無阿弥陀仏

2017年3月 4日 (土)

東京五組同朋会2017

東京五組同朋会2017
真宗大谷派 東京五組同朋会2017
第一回 赤坂の報土寺にて
今年度の五組同朋会は、会場のご住職にお話をいただきます。
お話・朝倉俊住職
テーマ(五組テーマ)・いのちの声を聞く

2017年2月 6日 (月)

真宗大谷派 東京教区 同朋大会2017

真宗大谷派 東京教区 同朋大会 2017 お知らせ
 【と き】 2017年5月2日(火)
 【ところ】 文京シビックホール
 【講 演】 中島岳志先生(東京工業大学教授)
 【講 題】 となりの親鸞
 【開 場】 12:00
 【開 会】 13:00
 【参加費】 1,000円
只今、同朋大会に向けて準備を進めております。ポスター・チラシも作成中です。
例年6月に開催される同朋大会ですが、本年は5月2日に開催致します。今からご予定下さい。

 pencil

ご講演いただく中島岳志先生が、NHK「100分de名著」に出演されます。
2月の名著は「獄中からの手紙」(マハトマ・ガンディー著)です。
 第1回 2月6日放送 政治と宗教をつなぐもの
 第2回 2月13日放送 人間は欲望に打ち勝てるのか
 第3回 2月20日放送 非暴力と赦し
 第4回 2月27日放送 よいものはカタツムリのように進む
  NHK Eテレにて毎回午後10時25分~50分放送

2017年1月30日 (月)

推進員として生きる・・・聞法の生活

真宗大谷派では、「推進員養成講座」という講座があります。親鸞聖人の教えを聞き、聞いた喜びを胸に生きていく人になろう!という願いの元に開かれる講座です。
西蓮寺が所属する東京五組でも、かつて1997年と2007年に推進員養成講座を開催しました。その後、五組の聞法会は毎年開催し、お話を聞き続ける場はあるのですが、共に推進員養成講座を受けた朋が集まる場がありませんでした(五組の聞法会で一堂に会してはいますが)。
推進心養成講座を受講された方に呼びかけて、推進員研修会を開催しました。
以下、私の聞き書きです。

 pencil pencil pencil

真宗大谷派 東京教区 東京五組 推進員研修会(2017年1月29日)
お話:海 法龍先生(横須賀 長願寺住職)

聞法を通して、友が出来ます。友を朋と書き、同朋ともいいます。教えを聞く仲間です。
一般的には「寺の檀家」という言い方をします。「檀家」とは「ダーナパティ」というインドの言葉に、中国で「檀家」と音写された言葉です。意味は、「布施者」「庇護者」を意味します。寺や、僧侶を庇護する者という意味です。「檀家」とは、お寺の維持のためにお金を出してくれる人、寺を護ることに努める人という意味が込められています。
真宗寺院では、「檀家」とは言わずに「門徒」といいます。寺の維持のためには、お布施をいただかなければ、とても寺を護っていけません。そういう意味では、真宗寺院でも、「ご門徒」からお布施をいただかなければ護持できないことに変わりはありませんが、「門徒」と表現してきた背景には、教えに出遇った者が集り、教えを聞いていく者となろうという願いがあります。ですから、親鸞聖人の教えを聞く「一門の生徒」・・・「門徒」と言います。寺の本堂に集まり、本尊の前でお話を聴聞する。そういう仲間を「同朋」と言います。
教えを聞く者となる、推進員となる、とは、教えを聞いて生きたいと思える私となること。その生きざまは、周りの人へも伝わります。聞法をするとは、人と出遇うということ。友が、同朋ができるということは、生きる力をもらえる、人生を推進していく力となります。
推進員になったからといって、「仲間を増やそう」と気構える必要はありません。私自身が教えに出遇えたのは、教えの方から私自身を押し出してくださったから。自分で「教えを聞こう!」と決心して聴聞するのではなく、教えの方から私にきて下さったということ。
私たちの選びは、好き嫌いで人を選びます。しかし、阿弥陀は人を選ばない。この人は○○をしているから、救おう。この人は○○をしていないから救わない。ではありません。分け隔てなく、衆生を救おうと誓っておられます。誰もが、教えに押し出されているのですが、そのことに気づけるのは容易なことではない。この世に生を受け、教えに出遇い、人と出遇って生きていく。そのことが、推進員となった者の生き方です。
教えの場にあつまり、聞法の生活を送りましょう。
南無阿弥陀仏
〔以上、私のノート(記憶)によります〕

2017年1月29日 (日)

私が持っているサベツのこころ 阿弥陀の不簡の慈悲

真宗大谷派 東京教区 報恩講2017 (2017年1月26日~28日)
テーマ 今、いのちがあなたを生きているー分ける心を覗く(のぞく)・サベツー
ご法話:三明智彰先生(九州大谷短期大学学長)

上記テーマをいただき、「報恩謝徳」という題をつけさせていただきました。
「恩」とは「恵み」ということ。「恵み」とは、「人として生まれた」ということ。
人として生まれるということは、稀なご縁をいただいて生まれるということ。
人身(にんじん)を受けるということは、有り難い出来事。しかし、そこで感謝に、報恩謝徳に徹しきれない私。不平不満や愚痴が出ます。報恩謝徳ではなく、背く心であり、分ける心です。
人として生まれ、人間として生きるようになる。
「なぜ生まれたのか?」「なぜ生きるのか?」そういう問いが生じてくるものです。そのことが大事なんです。そういう問いを持って生きるということが、人(ホモサピエンス)として生まれた私が、人間として生きるようになるということ。関係性を持って生きるということ。

念仏は、「ナムアミダブツ」と声に出して、仏を忘れずに想い続けることです。阿弥陀仏の本願他力に対して感謝の心を表する明るい言葉です。
「他力」とは、他人の力を当てにするとか、自分が怠けて功績だけを得ようとするだらしないことではなく、我々の持つエゴイズムや自我意識を超越して、我々一切のものを生かしている大いなるはたらきのことです。
「自力優勝」なんて言葉がありますが、おかしな言葉です。勝つも負けるも、“相手がいてくれる”からこそ出来ることです。自分の力で勝つ、何かが出来るなんてことはありません。
私は、好きだ嫌いだ選びますが、阿弥陀は不簡(ふけん)です。簡(えら)びません。老いも若いも善いも悪いも簡びません。大いなる慈悲のめぐみを生きている私です。私たちは、簡ばない、分け隔てをしない慈悲をいただいています。人間関係を築いていくうえで、不簡の慈悲をかけられたひとり一人であることを忘れてはいけません。
南無阿弥陀仏は感謝のお念仏です。
南無阿弥陀仏
(以上、私のノートより)

2016年7月 3日 (日)

新盆法要2016

Pict0185

2016年7月2・3日(土・日) 西蓮寺新盆合同法要をお勤め致しました。

「無量光」について、所感として以下のようにお話をしました。

「東日本大震災の際、国内の方のみならず、世界中の方々が日本を、被災された方々を心配してくださいました。日本人の親戚などいない人も、日本に行ったことがない人も、とかく仲が悪いなどと報道されている近隣の国の人たちも、日本に、被災者に支援の手を差し伸べてくださいました。同じときを生きる人と人、いのちといのちのつながりが「無量光」ではないでしょうか」

法要・会食が終わってから、参拝された方の1人が声をかけてくださいました。

「私は、東日本大震災当時アメリカに住んでいました。あのときも、スーパーで買い物をしていればレジの女性が、「あなた日本人でしょ? 家族は、友達は大丈夫だった?」と声をかけてくれました。高速の電光掲示板には「日本がんばれ!」みたいなメッセージが表示されていました。あのとき、あぁ、人と人とはつながっているんだなぁと思いました」

と、お話を聞かせてくださいました。ありがとうございます。
人と人、いのちといのちは、利害関係や、知人かそうでないか、好きか嫌いか、なんてこと抜きにして、手をとりあえるんですね。つなっがっているんですね。
これが、利害関係や好き嫌いが絡むといやらしい話になり、組織と組織、地域と地域、国と国なんて話になると、傷つけあい、殺し合いまでしてしまう。
「元のいのち」にかえりたいですね。

傷つけあい・紛争・戦争がありませんように。南無阿弥陀仏

より以前の記事一覧

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ