聞法

2019年11月13日 (水)

他力の信心うるひと

2019年11月13日(水) 西蓮寺聞法会
報恩講のお勤めで、5首目に読まれる和讃

他力の信心うるひとを
 うやまいおおきによろこべば
 すなわちわが親友(しんぬ)ぞと
 教主世尊はほめたまう
         (「正像末和讃」)

「阿弥陀さまの慈悲のこころを信じ、他力の信心を得る人を、敬い多く慶ぶ人は、私の友であると、教えを説かれる釈尊は誉め讃えます。」
と、意訳できるかと思うのですが、なにか違和感が。
他力の信心を得るということは、自力のはからいではできません。つまり人間の諸行ではないということ。
人間の諸行ではないのだから、他力の信心を得た人はなく、当然その人を敬うこともできません。
この和讃は、人間目線で語られる和讃ではなく、阿弥陀目線の和讃ということ。

「正信偈」において、この和讃と同様の表現をされているのが、

 獲信見敬大慶喜

この「獲信見敬大慶喜」がある赤本勤行集11頁の四句をみると、

 譬如日光覆雲霧
 雲霧之下明無闇
 獲信見敬大慶喜
 即横超截五悪趣

 たとえば日光が雲や霧におおわれても
 その下が明るくて闇にならないように仏の真実のこころは いつも澄み切っているのです。
 まことの信をえて いのちの真実を見て 敬い大きなよろこびに満たされたならば
 その時 迷いの悪道を 願いの力で 横にすみやかにとび越えて たちきるのです
  〔意訳 戸次公正先生(東京教区教化委員会発行「正信偈」より〕

と、ある。
煩悩の眼で阿弥陀の慈悲を見たならば、一心に信じることは難しく、雲や霧の如き我がこころ(本当に信じていいの? 信じたらどんな良いことがあるの? 念仏だけでいいわけないじゃん!等々)で、慈悲のこころを覆ってしまう。
けれど、阿弥陀の慈悲のこころは、そんな雲霧をものともせず、私を照らしている。
つまり、阿弥陀の慈悲の対象は、すべての生きとし生けるもの
ということは、信心を獲る人とは、(その可能性も含めて)すべての生きとし生けるもの。
あなたもそう わたしもそう

和讃の「他力の信心うるひとを」を、他力の信心をえたすごい人! 特定の人! という見方は、阿弥陀の慈悲から漏れる人を生みだしてしまう。
阿弥陀の慈悲は、すべての生きとし生けるものに及んでいる。
目の前のあなたも、この私も、
先往くあなたも、後を生きるこの私も、
「他力の信心うるひと」である

今日の聞法会では、そのような話から、いろいろとお話させていただきました。
お参りいただきました皆さま ありがとうございます。
お茶会でのMさんの武勇伝が楽しかったです^^

南無阿弥陀仏

 

2019年11月 8日 (金)

しあわせ 出あいと別れをつとめること

2019年11月2日(土) 真宗大谷派存明寺報恩講逮夜法要
北海道から、3年前に教区教導協議会でお世話になった金石潤導先生がお話に見えるので、拝聴に出かける。
講題は「人間獲得(じんかんぎゃくとく)」

以下、私の聞き書きです。
先生のお話の中心は、「人と人との出あい」とお聞きしました。

往生浄土の道を問い尋ねていくのが、親鸞聖人の仏道
その道を、共に聞いてゆこう 共に歩もう

人は、やがて死を迎える
「遺族」というと、こんにちでは「遺された親族」、身内を指すが、もうひとつ意味がある。
「遺体となった人の、身を処す仕事をする人」という意味が。親族、身内に限らない。
仕事というと経済活動としての仕事をイメージしてしまうが、そうではない。
遺体となった人の身を処すために、葬儀を勤める人びとのことを指す。
火葬場で、遺体をお窯に入れ、焼やすためのスイッチを押す務めを喪主がする地域があるという。
大切な、重たい務め。なかには、押せずに泣き崩れる方もいらっしゃる。
人の死を、遺された者が受けとめる。そういう者のことを「遺族」といい、そういう務めのことを先生は“仕事”と表現されました。

“仕事”と聞いた瞬間(とき)、私は“しあわせ”ということを思い出していました。
“しあわせ”を、こんにちでは「幸せ」とかくけれど、本来は「仕合わせ」と書く。
この世に生を受け、仕えるべき人と出あえたこと、仕えるべき務めと出あえたこと、それら有ること難い出あいに 出えたことを「仕合わせ」という。
大切な、重たい務め。悲しみや痛みと共にあることだけれど、そういうことに出あうことなく生涯を尽くしていいのだろうか、いえ、生涯を尽くせるだろうか。
誰もが、いのちあるものとの別れは経験する。先往く人との仲がどうであれ。
そのときに、務めを果たす。縁あるいのちとの出あいと別れを経ることが、人と生まれた「仕合わせ」ではないだろうか。
ということを、拝聴しながら思っていました。

また、
「念仏」というと、「私が仏を念(おも)い続けること」ですが、私たちにはできないことです。
「念仏」に「お」をつけて「お念仏」といただくことによって、「仏に私が念(おも)われていること」といただかれます。それは、ずっとです。
とお話くださいました。
「南無阿弥陀仏」仏に念われている私です。

金石先生のお話は翌3日に続き、講題の「“人間獲得”に触れる部分はまた明日お話します!!」とのことでした。
が、3日は茨城のお寺さんの報恩講法話出講のため、よりコアな部分は拝聴できませんでした。残念。
生涯聞法 一度ひとたびの聞法を大切に 南無阿弥陀仏

2018年2月15日 (木)

人間・・・ともに生きていく人となる

昨日(2月14日)は西蓮寺聞法会
寒い中、聴聞にお出かけいただき、人生の先輩たちの姿に感謝。
チョコレートもいただき、ありがとうございます。美味しくいただきました。

本日(2月15日)涅槃会(お釈迦さまがお亡くなりになった日)
お釈迦さま、現代(いま)に続く仏法聴聞の歴史を開いてくださり、ありがとうございます。

昨日の聞法会のテーマは「ともに生きていく人となる」
昨年亡くなられた日野原重明先生のことばを元にお話。

20世紀の哲学者マルティン・ブーバーのことばを読み返し、医師としての生き方を問われた日野原先生は語ります。

ブーバーは、他者を「あなた」と呼ぶか、あるいは「もの」とみなすか、と問うていました。私はとっさに、医師にはこの2つが同時にその心に宿っていることを、自省しながら思ったのです。科学的探求心が高じたとき、医師はかけがえのない一人の人間である患者さんを見ずに、自らの研究の対象として、病んだその臓器を見ています。自分のもとに、一つでも多くのがん化した臓器や老化した血管がいまにも到着することを待ち望む気持ちにもとらわれます。厄介な病いであればあるほど、研究意欲に燃える医師の心は沸き立つのです。 そのような悪魔性をもつ自分を律して、患者さんを「あなた」と呼ぶ、人間本来の関係性に医師は立ち返らなくてはいけません。(中略) 他者を「あなた」と呼ぶ関係は、何も医師に限らず、人間がつねに問われている態度でもあるはずです。人間が「人」と「間」の二文字で書き表されるのは、私たちは人とのかかわりなくして存在しえないということの証でもあります。かかわりを通して、人は学び、育ち、傷つけ、そして慰め合うのです。「私とあなた」「私とそれ」という二つのかかわりのなかに生かされています。もし、同時代に生きるすべての人たちを「あなた」と呼べたならば、世界を覆っている紛争や飢饉や貧困に、何らかの救いの糸口が見出せはしないでしょうか。それを、より日本人的な感覚に引き寄せて言うならば、「あなた」ではなく、「私たち」と呼んでもいいかもしれません。

「あなた」と「それ」。目の前の人を、同じ人間として受け止めるか、私ではない他の誰かとして捉えるか。目の前の人を「あなた」と呼べたならば、「世界を覆っている紛争や飢饉や貧困に、何らかの救いの糸口が見出せはしないでしょうか。
私の文章を読んでくださっている方はお気づきと思いますが、「他者」と書いたときに、「ひと」とルビをふっています。「たしゃ」と読んでしまうと、他人事、自分を含めない誰かのこと、と思いこんでしまうからです。
親鸞聖人も、野山で狩りをし、海で漁をし、生き物のいのちをいただいて生きている人々、「いし・かわら・つぶて」と見下されている人びとの姿を受け止めて、「いし・かわら・つぶてのごとくなるわれら」と、「われら」と表明されています。日野原先生の文章を読んで、目の前の人を「私たち」と受けとめ、他者も「ひと」として交わられた親鸞聖人のことを思いました。

日野原先生の文章
「人間が「人」と「間」の二文字で書き表されるのは、私たちは人とのかかわりなくして存在しえないということの証でもあります。かかわりを通して、人は学び、育ち、傷つけ、そして慰め合うのです。「私とあなた」「私とそれ」という二つのかかわりのなかに生かされています。もし、同時代に生きるすべての人たちを「あなた」と呼べたならば、世界を覆っている紛争や飢饉や貧困に、何らかの救いの糸口が見出せはしないでしょうか。」
を読んで、先日2月13日に投稿した宮子あずささんの文章
実際の社会は、温かい人柄の人が病に苦しんだり、時に通り魔に襲われる理不尽に満ちている。
公正世界信念には無理がある。ほどほどに諦め、誰が悪くなくても悲しいことは起こると認められたら。不安と引き換えに、私たちはもっと互いに優しくなれるのではないだろうか。

が重なって聞こえてきました。

2017年5月22日 (月)

誰もが、仏さまから願いをかけられている

昨日のブログで、伊藤元先生のお話を書いたので、あらためて『ご法事を縁として 亡き人からの願いに生きん』(東本願寺出版 伝道ブックス78)を読み返しました。

 

仏さまから願いをかけられているという点では、みんな平等なのです。

本来は人を能力で比べることはできませんし、能力で人を見るというのは見ている本人が一番哀(あわ)れです。そういう見方でしか人を見ることができないのは心が貧しい人です。能力で人を上に見たり、下に見たりするところから人間の堕落が始まるのです。人を軽く見るというのはそういうことです。軽く見られた人は堕落しません。軽く見た人が人間性を失っていくのです。そういうことを私は聞法する中で学びました。

 

差別的発言のニュースが続き、鬱々としていたところ、また伊藤先生に教えていただきました。
差別心というものは、誰にもあるものだと思います。その根っこが、比較心にある。比較するということは、自分が一番でありたいという想いがあるのでしょう。でも、みんな平等なのです。
無神論者を標榜する、宗教は危険だと主張する、仏などいるものかと思っている、そういう方もいることでしょう。でも、人間を超えた、人知を超えた、大いなるものに包まれている、そういうものに私たちは見られている。そういう感覚は、大切なことだと思います。
無神論者を標榜するのをやめて真宗門徒になりませんか?なんて勧誘しているのではありません。ただ、阿弥陀(大いなるもの)に願いをかけられている(守られている)という視座があるだけで、生き方が、いのちの見方が変わると思います。人間第一主義では、人が人を傷つけるだけの人生になってしまいます。

2017年4月30日 (日)

私を生きる・・・連綿と続いている

昨日 2017年4月29日(土) 西蓮寺永代経法要をお勤め致しました。
お参りくださいました皆様、ありがとうございます。
同じ空間で聴聞し、阿弥陀経をいただけたこと感謝申し上げます。
「白骨の御文」最後数行、まったく声が出なくなってしまい、失礼致しました。あんなの初めてです。アイコンタクトを送って、参勤の住職に続けて読んでいただけばよかった 今は快復致しました。


Dsc_0325


Dsc_0324


Dsc_0332


ご法話は 海法龍先生。いつもありがとうございます。
先生が配られたプリント。石垣りんさんの「ランドセル」。幼いうちから、人間は、たくさんの人と出会い、さまざまな経験をし、いろいろな想いを抱き、ひとり歩むのだなぁと感じました。ひとりだけど、独りではない。みんな違う人生を歩みながらも、みんなで歩む。


ランドセル 石垣りん

あなたはちいさい肩に
はじめて
何か、を背負う

机に向かってひらく教科書
それは級友全部と同じ持ちもの
なかには
同じことが書かれているけれど
読み上げる声の千差万別

入学のその翌日から
ほんの少しずつ
あなたたちのランドセルの重みは
違ってくるのだ

手を貸すことの出来ない
その重み

かわいい一年生よ。

2017年4月25日 (火)

2017 親鸞聖人につどう 東京教区同朋大会

先日お知らせした東京五組の同朋大会もおかげさまで賑やかに開催されました。皆様ありがとうございます。
続きまして、東京教区同朋大会が2017年5月2日(火)に開催されます。

日時:5月2日(火) 12:00より受付 13:00開会 16:00閉会
会場:文京シビックホール(文京区春日1-16-21)
講師:中島岳志先生(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)
講題:となりの親鸞
参加費:1,000円

 

同朋大会チーフを務めさせていただいています。以下、呼びかけの文章です。

本年の同朋大会の講演は、中島岳志先生(東京工業大学教授)にお願い致しました。
阪神淡路大震災と、同じ年に起きたオウムサリン事件。1995年に発生した出来事を契機として、中島先生は研究者としての歩みを踏み出されました。
下記抄出した文章で、倒壊した家屋から位牌を探す女性のことが書かれています。「位牌」とは、私のこころを満たす物質的な何かではなく、混迷した世の中において、私の存在を丸ごと受け止めてくれる何かを求めている。そのことの象徴のように感じました。私の存在を受け止めてくれる何かを求めている、つまり、拠り処を見失っている私です。中島先生も、自分の存在意義を求めて生きる私の姿を「トポス(居場所)の喪失」と表現して、問題に向き合われています。
先生の書物を読んでいると、ご自身の生活体験を通して、そのときに出遇った「バラバラでいっしょ」「今、いのちがあなたを生きている」などの御遠忌テーマのいただきが、自分の言葉で語られています。親鸞聖人の教えの中に大事な何かを見出しておられる中島先生の話を伺いたいと思い、今年度教区同朋大会のお話をお願い致しました。
「親鸞聖人という方は、教えを分かったつもりになっている者には厳しく、分からないと落ち込んでいる人には優しく寄り添われる方ですね」と先生は言われます。その想いがこもった「となりの親鸞」という講題をいただきました。
今年度の東京教区同朋大会は、5月2日(火)文京シビックホールにて開催致します。ぜひお出かけください。
東京教区教化委員会 同朋大会企画会一同(チーフ 白山勝久)

 

1995年に発生した阪神淡路大震災。20歳のときでした。大阪の自宅が被災しました。茫然自失状態にある中、地震から数日経ったテレビの中継に釘付けになりました。長田地区で、倒壊した家屋から必死で何かを探している女性が映し出されました。「何をお探しですか?」と問うレポーターに対し、「位牌です」と彼女は答えました。そのとき、私の中で地震以上の精神的な揺れが起りました。私が、地震がおさまった直後に探しだして手に握りしめたのは財布でした。私は、自分の精神的な〈弱さ〉に直面することになりました。バブルが崩壊し、戦後日本の「成長」物語が崩壊する中、何に依拠して生きていけばいいのか。震災を通して、茫漠たる不安を突きつけられました。私は「位牌です」と答えた女性を直視し、私の中の「空白」と向き合おうと考えました。これが宗教との出会いでした。
(『愛国と信仰の構造 全体主義はよみがえるのか』(集英社新書)「はじめに」より抄出)

 

Img375

Img376

2017年4月20日 (木)

東京5組 同朋大会 2017

おはようございます
ようやく暖かくなりましたね。
でも、昨日は日が沈んでからは寒かったですね
お風邪召されていませんか? 天候不順の折、おからだご自愛ください。

さて、法話会のご案内です
2017年4月22日(土) 「東京5組同朋大会」が東京都練馬区にあります「真宗会館」にて開催されます。

日時:4月22日(土) 13:00より受付 13:30開会 17:00閉会
会場:真宗会館(練馬区谷原1-3-7)
講師:高橋法信先生(大阪市生野区 光徳寺住職)
会費:1,000円

お話しの他に、「東京5組坊守会によるコーラス」「東京5組 旧役員御礼・新役員紹介」がございます。
当日参加もできます。
真宗会館でお待ちしています。

Img372_2

2017年3月 5日 (日)

聞こえてくる声

昨日の東京五組同朋会。報土寺の朝倉俊住職からお話をいただきました。
五組の教化テーマ「いのちの声を聞く」を講題として。

「生老病死」の「生」を「見」と置き換えて、「見老病死」のお話でした。
「見」とは、「体験する」ということ「感じる」ということ。
自身の老病死を見つめ、感じることを通して、「いのちの声に耳を傾ける」ということを、間もなく80歳になる生涯を振り返られました。そのことはつまり、次代 次次代を生きるいのちへの声なんだ、という想いで拝聴しました。

東京五組同朋会が立ち上がった頃からの歴史に身を添わせて生きてこられた住職。
近頃、五組の先輩たちの訃報や体調不良の話が立て続けにあり、無常なるいのちについて、強く感じておられました。
昨日、報土寺門前に掲示してあった法語をアップしました。
 
 道に出会い
 師に出会い
 友に出会う
 それがいのちに
 出会う人生である

まさにそのような人生であり、人生とは出会いであると、語られました。

お話の終盤に、大好きな詩、良寛さんの五言絶句を紹介してくださいました。

 担薪下翠岑
 翠岑道不平
 時息長松下
 静聞春禽聲

薪(たきぎ)を担いて翠岑(すいしん)を下る
翠岑(すいしん)の道 平かならず
時に息(いこう)う 長松(ちょうしょう)の下
静かに聞く 春禽(しゅんきん)の聲(こえ)

「春禽の聲」とはウグイスの声という意味です。山道を歩いていると、決して平坦な道ではありません。ときに大きな松の根元に座して、一呼吸おいて、また山道を歩む。その道中、ウグイスの声に励まされて、家へ帰ってゆく。「あぁ、今日も一日の仕事が終わった。ありがたいことだなぁ」という詩です。

時間を惜しみつつも、ご生涯のお話をしてくださいました。
生老病死の人生を経験され、見つめなおされ、こころに響いた漢詩。
 平坦ではない道。
 時にはひと休みすることの意義。
 休んだときに聞こえてくるウグイスの声。
それぞれ、人生における大切なことの譬喩なのでしょう。
平坦でない道(人生)で、ちょっと立ち止まったとき、聞こえてくる声は何でしょう? なんと呼びかけてくださっっていることでしょう?

朝倉住職ありがとうございます。南無阿弥陀仏

2017年3月 4日 (土)

東京五組同朋会2017

東京五組同朋会2017
真宗大谷派 東京五組同朋会2017
第一回 赤坂の報土寺にて
今年度の五組同朋会は、会場のご住職にお話をいただきます。
お話・朝倉俊住職
テーマ(五組テーマ)・いのちの声を聞く

2017年2月 6日 (月)

真宗大谷派 東京教区 同朋大会2017

真宗大谷派 東京教区 同朋大会 2017 お知らせ
 【と き】 2017年5月2日(火)
 【ところ】 文京シビックホール
 【講 演】 中島岳志先生(東京工業大学教授)
 【講 題】 となりの親鸞
 【開 場】 12:00
 【開 会】 13:00
 【参加費】 1,000円
只今、同朋大会に向けて準備を進めております。ポスター・チラシも作成中です。
例年6月に開催される同朋大会ですが、本年は5月2日に開催致します。今からご予定下さい。

 

ご講演いただく中島岳志先生が、NHK「100分de名著」に出演されます。
2月の名著は「獄中からの手紙」(マハトマ・ガンディー著)です。
 第1回 2月6日放送 政治と宗教をつなぐもの
 第2回 2月13日放送 人間は欲望に打ち勝てるのか
 第3回 2月20日放送 非暴力と赦し
 第4回 2月27日放送 よいものはカタツムリのように進む
  NHK Eテレにて毎回午後10時25分~50分放送

より以前の記事一覧

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ