掲示板のことばアーカイブズ

2018年3月31日 (土)

掲示板のことばアーカイブズ(31)

2007年(平成19年)

1月〔359/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」101〕
如来の本願は
風のように身に添い
風の如くに流れ続ける
  平野修

2月〔360/寺報102〕
経(きょう)は経(けい)なり
経(きょう)は鏡(かがみ)なり

3月〔361/寺報103〕
3月の風と 4月のにわか雨とが 5月の花をもたらす
  イギリスの諺

4月〔362/寺報104〕
死に支度 いたせいたせと 桜かな
  小林一茶

5月〔363/寺報105〕
絵心がなくても絵は描けるけれど
物語(ファンタジー)がなければ人生は描けない

6月〔364/寺報106〕
天命に安んじて人事を尽くす
  清沢満之

7月〔365/寺報107〕
私を傷つけるのが人なら 私を支えるのも人
私が傷つけるのが人なら 私が支えるのも人

8月〔366/寺報108〕
人間は苦悩する才能を持った生き物です

9月〔367/寺報109〕
生死の苦海ほとりなし
 ひさしくしずめるわれらをば
 弥陀弘誓のふねのみぞ
 のせてかならずわたしける
   親鸞聖人

10月〔368/寺報110〕
私を助ける阿弥陀さまがいるのではない
私が助かる法を阿弥陀さまというのです
  安田理深

11月〔369/寺報111〕
如来に信ぜられ
如来に敬せられ
如来に愛せらる
かくて我等は如来を信ずるを得る
  曽我量深

12月〔370/寺報112〕
愚かなる 身こそなかなか うれしけれ 弥陀の誓いに あると思えば
  良寛

2018年3月30日 (金)

掲示板のことばアーカイブズ(30)

2006年(平成18年)

1月〔347/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」089〕
生のみが我等にあらず 死も亦我等なり
我等は生死を並有するものなり
  清沢満之

2月〔348/寺報090〕
幸福を求める者は 必ず不幸になる
  和田稠

3月〔349/寺報091〕
南無阿弥陀仏 合わせる私の手の中に どれだけの罪業があることだろう

4月〔350/寺報092〕
四季があるように 人生の節目で人はまた こころをあらたにする

5月〔351/寺報093〕
高いつもりで低いのが教養
低いつもりで高いのが気位

6月〔352/寺報094〕
自分の悲しみを だれか好きな人に打ち明けることができれば その時、悲しみはほとんど消える
  アベル=ボナール

7月〔353/寺報095〕
気配(けはい)を発すること 気配(けはい)を感じること 気配りのはじめです

8月〔354/寺報096〕
たとえ明日 この世の終わりが来ようとも 今日わたしは リンゴの木を植える
  ルター

9月〔355/寺報097〕
苦悩の旧里はすてがたく 安養の浄土はこいしからず
  親鸞聖人

10月〔356/寺報098〕
どんなに孤独なときも ひとりではないのです

11月〔357/寺報099〕
他力というは 如来の本願力なり
  親鸞聖人

12月〔358/寺報100〕
ありがとうの想いを忘れて生きることのかなしさ

2018年3月29日 (木)

掲示板のことばアーカイブズ(29)

2005年(平成17年)

1月〔335/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」077〕
喜怒哀楽は連鎖する感情です

2月〔336/寺報078〕
優しさって 人の憂いが 分かること

3月〔337/寺報079〕
古木は老木ではありません 毎年新しい芽が出てきます

4月〔338/寺報080〕
教育 教えることによって私が育てられること

5月〔339/寺報081〕
許されるつもりで謝るのか
 許されない覚悟で謝るのか

6月〔340/寺報082〕
他力の道こそ 最後まで努力を尽くす道

7月〔341/寺報083〕
真の贅沢というものは ただひとつしかない
 それは人間関係という贅沢だ
   サン=テグジュペリ 『人間の土地』

8月〔342/寺報084〕
なみだは にんげんのつくることのできる 一ばん小さな海です
  寺山修司

9月〔343/寺報085〕
地獄への道は 善意で敷き詰められている

10月〔344/寺報086〕
経験というのは、単なる時間の積みかさねではなく 人を感じる眼であり、耳であり、皮膚感覚なわけだ
  松田優作

11月〔345/寺報087〕
弥陀の誓願不思議にたすけられまいらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏もうさんとおもいたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨の利益にあずけしめたまうなり
  『歎異抄』第1章

12月〔346/寺報088〕
自分のこころを 自分のこころだけで見るのは怖い

2018年3月28日 (水)

掲示板のことばアーカイブズ(28)

2004年(平成16年)

1月〔323/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」065〕
あと何年生きられるか 引き算の人生
今・今・今の積みかさね 足し算の人生

2月〔324/寺報066〕
はすとにわとり (金子みすゞ)
 どろのなかから はすがさく 
 それをするのは はすじゃない
 たまごのなかから とりが出る
 それをするのは とりじゃない
 それにわたしは 気がついた
 それもわたしの せいじゃない

3月〔325/寺報067〕
すべてに対して誠実であるということは
 すべてに対して不誠実であるということ

4月〔326/寺報068〕
事件とか悲しいニュースとかありますけど
その責任追及をするのではなくて、
自分の内面に責任とか原因の一端があるんじゃないかと
常に感じていたい
  Mr.Children 桜井和寿

5月〔327/寺報069〕
「ゆとり」って 時間の余裕じゃなくて こころの余裕なんだよね

6月〔328/寺報070〕
娑婆のいのち枯れて 後生の一大事を胸にかけて 浄土に往生する 南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏

7月〔329/寺報071〕
優しさが足りないのは 悲しみが足りないから
光を感じないのは 闇を感じないから

8月〔330/寺報072〕
人生には何ひとつ無駄なものはない
 私が味わった苦しみも 私が他人に与えた苦しみも

9月〔331/寺報073〕
生かされるとは 本当に大事な人に手を合わせられない自分に気付くこと

10月〔332/寺報074〕
出会いとは 再会である

11月〔333/寺報075〕
楽を求めて苦しみを除くと 今まで味わったことのない苦しみが芽生えてくる

12月〔334/寺報076〕
ともかくも あなたまかせの 年の暮れ
  小林一茶

2018年3月27日 (火)

掲示板のことばアーカイブズ(27)

2003年(平成15年)

1月〔311/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」053〕
人との出会い 言葉との出会い 書物との出会い
その出会いを生かすも殺すもわたし次第

2月〔312/寺報054〕
人間は優しさの中にいると それさえ優しさだと感じなくなる

3月〔313/寺報055〕
ひとつの恨みで とおの恩を消し去りますか
ひとつの恨みで とおの恩を強く感じますか

4月〔314/寺報056〕
№1にならなくてもいい もともと特別なonly one
  SMAP「世界に一つだけの花」

5月〔315/寺報057〕
人に親切にすることも難しいが 人の親切を受け入れることは もっと難しい

6月〔316/寺報058〕
待つことが出来る勇気
待つことが出来る智慧
待つことが出来る慈悲

7月〔317/寺報059〕
ただほれぼれと 弥陀のご恩の深重なること
つねはおもいいだしまいらすべし
しかれば念仏ももうされそうろう
  『歎異抄』

8月〔318/寺報060〕
私が笑顔でいられるのは あなたの笑顔のおかげです

9月〔319/寺報061〕
ゆるすということはむずかしいが
もしゆるすとなったら限度はない
ここまではゆるすが、ここから先はゆるせないということがあれば、
それは初めからゆるしてはいないのだ
  山本周五郎 『ちくしょう谷』

10月〔320/寺報062〕
おいしいご飯を望むより
 ご飯をおいしく食べられる私でありたい

11月〔321/寺報063〕
自立とは「たすけてください」と言えること
決してひとりで生きることではない
ひとりで生きるのは 自立ではなく孤立

12月〔322/寺報064〕
今哀しいことより この哀しみがうすれることのほうが ずっとかなしい
  ナカムラミツル

2018年3月26日 (月)

掲示板のことばアーカイブズ(26)

2002年(平成14年)

1月〔299/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」041〕
二度とない人生だから 一輪の花にも無限の愛をそそいでゆこう
一羽の鳥の声にも 無心の耳をかたむけてゆこう
  坂村真民

2月〔300/寺報042〕
やさしさは「ありがたい」と思うところから生まれます

3月〔301/寺報043〕
人は笑顔の中にどんなにたいへんなことがあっただろうか

4月〔302/寺報044〕
人間って哀しいね だってみんなやさしい それが傷つけあって かばいあって
  さだまさし「償い」

5月〔303/寺報045〕
われわれは他人によって苦しめられるのではない
  清沢満之

6月〔304/寺報046〕
どうにもならんことは どうする必要もないこと
  安田理深

7月〔305/寺報047〕
自分ができるフィールドで全力を尽くせばいい
  尾上松緑

8月〔306/寺報048〕
百人いれば 百通りの人生 考え方がある

9月〔307/寺報049〕
大人と子供の違いは いつ生まれたかということだけだ
  祖父江文宏

10月〔308/寺報050〕
愚痴っていうのは 自分が正義に立って こぼしているなぁ

11月〔309/寺報051〕
親鸞聖人は亡くなったんじゃないんだ 今も自分と一緒にいるっていうことなんだ

12月〔310/寺報052〕
悲しみがあると生きていけないのか
 悲しみがなくても生きていけるのか

2018年3月25日 (日)

掲示板のことばアーカイブズ(25)

2001年(平成13年)

1月〔287/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」029〕
鳥は飛ばねばならぬ 人は生きねばならぬ

2月〔288/寺報030〕
欲深き 人の心と 降る雪は 積もるにつけて 道も忘るる

3月〔289/寺報031〕
どうにもならぬままが 私のこんにちあるく道でございました

4月〔290/寺報032〕
この道より 我を生かす道なし この道を生き抜く

5月〔291/寺報033〕
私の目は損得を見る 如来の眼はこの私を見る

6月〔292/寺報034〕
いのちを見つめる 木のいのちを 土のいのちを あなたのいのちを 私のいのちを

7月〔293/寺報035〕
その人を憶いてわれは生き その人を忘れてわれは迷う ああその人よ

8月〔294/寺報036〕
別れ-その悲しみからの出発

9月〔295/寺報037〕
安らい
 時おり 念仏もうしながら ここまできたが
 死ねばそこが浄土や なむあみだぶつ
   榎本栄一

10月〔296/寺報038〕
人生尊し 1日尊し 只今尊し

11月〔297/寺報039〕
弥陀の五劫思惟の願を よくよく案ずれば
ひとえに親鸞一人がためなりけり

12月〔298/寺報040〕
正しい人ばかりになって ますます争いが烈(はげ)しくなってきた

2018年2月27日 (火)

掲示板のことばアーカイブズ(24)

2000年(平成12年)

1月〔275/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば」017〕
手を合わせ 今日も「いのち」をいただく

2月〔276/寺報018〕
親になることは易しいが 親であることは難しい
  金子大榮

3月〔277/寺報019〕
人間は偉いものではない 尊いものである

4月〔278/寺報020〕
笑顔でおはよう 感謝でおやすみ

5月〔279/寺報021〕
わたしのこの足は 毎日歩きたいのに 私が歩こうとしない

6月〔280/寺報022〕
人生長きがゆえに尊からず 人生深きがゆえに尊し

7月〔281/寺報023〕
念仏の道は「おかげさま」と生かされる道 「ありがとう」と生きぬく道

8月〔282/寺報024〕
正も固執すれば邪となり
善も誇れば悪となり
愛も変われば憎となる

9月〔283/寺報025〕
失敗をした日 よくできた日 この一日も無量寿のひとときです

10月〔284/寺報026〕
悩みや苦しみが救いの縁であったとわかるのが仏道である

11月〔285/寺報027〕
生かされて生きてきた
生かされて生きてゆこう
もったいない ありがたい 南無阿弥陀仏と

12月〔286/寺報028〕
ほほえみは 人一代の 身だしなみ

2018年2月26日 (月)

掲示板のことばアーカイブズ(23)

1999年(平成11年)

1月〔263/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば」005〕
人は同じところに居ても会えたとはいえない
同じ土壌に立つとき 本当に会える世界がある

2月〔264/寺報006〕
生きるとは 感謝感謝の 日々なりき わが灯の 消える時まで

3月〔265/寺報007〕
不安は私のいのち 苦悩は私の生きがい
不安や苦悩のない人生はない
不安や悩みとれたら 生きがいもない

4月〔266/寺報008〕
仏法と 萱屋の雨は 外へ出てきけ

5月〔267/寺報009〕
他人が自分を苦しめるのではない
自分の思いが自分を苦しめるのである

6月〔268/寺報010〕
亡き人に 迷うなと拝まれている この私

7月〔269/寺報011〕
そんでも そやけど あいつが こいつが

8月〔270/寺報012〕
何にもお役に立たぬ身にも まわりに御礼を言う仕事があった

9月〔271/寺報013〕
背を向けたい逆境に 人生の深い意味を見出せ

10月〔272/寺報014〕
つくべき縁あればともない はなるべき縁あれば、はなるる

11月〔273/寺報015〕
野に山に 報恩講の あかりかな

12月〔274/寺報016〕
だれを見ても なにを見ても 仏さまを思う そのときすべてのことがみな おかげさまとうけとれる

2018年2月25日 (日)

掲示板のことばアーカイブズ(22)

1998年(平成10年)

1月〔251〕
災難が来ぬように祈るのが信心ではない
どんなことが来ても引き受けてゆける力を得るのが信心である

2月〔252〕
転んでみて人の悲しみがわかり
転んでみて人の苦しみがわかり
転んでみて人のやさしさがわかった
私は転ぶことを恐れていたが
転ぶことによって私の人生は深まり
転ぶことによって私の人生は豊かになった

3月〔253〕
人の言うことを「なるほど そうか」とうなづけたら そこには花が咲くようである

4月〔254〕
こちらから頭を下げる
こちらから挨拶する
こちらから手を合わせる
こちらからすれば
争いもなく
なごやかにゆく

5月〔255〕
その日 その日は長かったろう つらかったろう
しかし振り返ってみれば 無駄にはなっていない

6月〔256〕
人間は泣きながら歩いているうちに 本当の自分を見つけるものなのです
人生に雨や嵐があってこそ 生活は深められていくのです

7月〔257〕
私が無駄に過ごした今日は 昨日死んだ人が 痛切に生きたいと思った一日である

8月〔258〕
やさしさにであったら よろこびを分けてあげよう
しあわせとおもったら ほほえみをかわしていこう
海をふく風のように さわやかなおもいそえて
くるしみにであったら ひたすらにたえていこう
合わす掌のぬくもりに ほのぼのとやすらぐこころ
かぎりない ひかりのなかに 生かされて生きてゆく日々

9月〔259/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば」発行001〕
あたりまえが いつのまにやら おかげさま

10月〔260/寺報002〕
水はつかめません すくうのです
心はつかめません 汲みとるのです

11月〔261/寺報003〕
自分さえよければいい この悲しさ

12月〔262/寺報004〕
愚かな 愚かな わたしです それさえしらぬ わたしです

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ