西蓮寺掲示板のことば

2019年8月 3日 (土)

2019年8月のことば

暑いときは暑さのなかを
寒いときは寒さのなかを

暑さの中でも、日影は涼しいものですね
水分も、こまめに補りましょう
ちょっとのことで、からだへの負担を軽減できます
暑さの中 おだいじに

〔2019年8月のことば〕

Dsc_3169

 

春の風 夏の匂い 木々の色めき

そして今年もまた雪が舞う

そんな日々を好きになれる

あなたとなら季節が巡り始める

    King Gnu Don't Stop the Clocks

 

愛別離苦(あいべつりく)

2019年7月7日、大恩ある住職が阿弥陀さまの元へ還られた。59歳でした。

5月27日、ある会議で場を共にしていた。あの日が、彼女と会話を交わした最後の日となった。いつもと同じ笑顔と声だった。
会議も終わり、「じゃあね」「お疲れさまでした」と、すれ違いざまに手を振り合って別れた。あの顔に、もう会えない。あの顔を、忘れない。

住職が体調を崩されているのは聞いていたので、訃報に接しての驚きはなかった。けれど、その日から住職の葬儀までの日々は、とても長く感じられた。横たわる住職の前に行けば「あぁ、現実なんだなぁ」と、その死を受けとめざるを得ず、寺に戻ると、今自分の居る場所が現実なのか虚構なのか分らない気持ちにも襲われた。
通夜・葬儀が勤まり、白骨となった住職を見届け、寺へ戻った。そのとき、「私は、明日をどのようにして迎えるのだろう?」と、普段考えもしないことが、ふと頭の中をよぎった。
当然のことだけれど、夜が明ければ朝が訪れる。朝、いつもの時間に目が覚め、いつものように掃除をし、いつものようにゴミを出し、いつものように妻と娘たちと朝食をいただいた。日常に戻り、いつもと同じように時間が過ぎてゆく。

悲日常という日常
「日常に戻り」と書いたけれど、では、死は「非日常」なのだろうか?

お釈迦さまは、「生死一如」と教えられた。
生も死もひとつのこと。生と死に境はない。死も含めての生であり、生あるからこその死である、と。

蓮如上人は、「朝(あした)には紅顔ありて 夕べには白骨となれる身なり」とお手紙に綴られた。
朝には夢と希望に満ちあふれ、元気な姿を見せていても、その日の夕方には白骨となることもあるいのちを生きていると、人間の、いのちあるものの厳粛な姿を綴られている。

清沢満之先生は、「生のみが我等にあらず、死もまた我等なり。我等は生死を並有するものなり。」と説かれる。
生きている間のみが“私”ではない。  死もまた“私”である。“私”は、生死を合わせ持ちながら生きるものである、と。

日々の生活の中で、滅多に起こらないことが起きたという意味では、死は非日常かもしれない。けれど、仏さまの教えにふれた者にとって、死は非日常ではなく日常のこと。なんら特別なことではない。
この地上に多くの生があるのだから、死もまた同じ数だけある。ただ、そのことに気付かずに生きているだけ。そのことに目を背けながら生きているだけ。だから、「非日常」と思ってしまう。

ご恩を想えば
彼女の死に直面し、もうひとり、忘れ得ない住職がいる。
その住職は、2008年1月26日、55歳のときに浄土へ還られた。

おふたりの住職から、深く大きなご恩をいただいた。若かりし私のわがままを温かく受けとめ、見守り、いつも共にいてくれた。そのご恩のおかげで、今、私がいる。
私は今48歳。残りの人生、どのように始末をつけながら生きていこう。

おふたりの住職からいただいたご恩を思い返している。けれど、ご恩は亡き人からいただいたものではない。
人は、身近な人、大切な人の死をきっかけとして、亡き人からいただいたご恩に感謝をし、亡き人との別れに涙する。そのたびに「もっと生きていてほしかった」「もっと話をしておけばよかった」「こんなに大事な存在だったんだ」と、再び会うこと叶わぬ状態になってから口にする。
ご恩は、共に生きているときにいただいている。亡くなってからいただいたのではない。亡き人からいただいていたご恩に手が合わさるそのときに、今現にいただいているご恩があることも感じられる私でありたい。

今現にいただいているご恩を感じるということは、「日常」ということ。死が非日常であるならば、ご恩の大切さを感じることも非日常になってしまう。生とともにある死が日常であるからこそ、ご恩をいただいてある身であることを感じることができる。

別れは、淋しい。けれど、別れには、それに先立って出会いがある。出会えたからこそ別れがある。この世に生を受け、数えきれないほどの人との出会いがあるにもかかわらず、その別れに涙し、後悔し、感謝するほどの人が、果たしてどれだけいることだろう。
別れに淋しさを感じ、別れに涙する。それほどのご恩をあなたからいただいていた。そんな あなたに出会うことができた。
「生死一如」であるように「会別一如」の身を生きている“私”。

この暑さ厳しい夏もやがて過ぎ行き、木々は色めき、雪の降る寒さに身を震わせる。冬の厳しい寒さを経るからこそ、迎える春の風に温もりを感じられる。いついかなるときも、あなたがともにいてくれるから。   南無阿弥陀仏

~掲示板の人形~
Dsc_31542 
7月末、子どもたちと初めてスカイツリーへ行き、展望を楽しんできました。
スカイツリーのショップタウン「ソラマチ」を歩いていて、「鳩居堂」のショーウインドウに飾ってあった“水玉デメキン”に一目惚れして買ってきました。

2019年7月 2日 (火)

2019年7月のことば

2019年7月のことば

Dsc_3057 

光に照らされることによって
 心の闇の深さがわかる
闇を破るはたらきは
 
闇の中からは出て来ない

ホタル祭り
6月中旬、地元の「久我山ホタル祭り」に、娘と娘の友だちと一緒に出かけました。とはいえ、大勢の人が集まる夜道は危ないので、出店の食べ物を食べて、ゲームで遊んで、まだ明るいうちにホタルを見ずに帰ってきました。
ホタル見物の行列が出来る前に、 ホタルが放たれている多摩川浄水沿いの歩道を通りました。
午後6時とはいえまだ明るくて、歩道から玉川上水を見下ろしてもホタルの光は見えませんでした。それでも、子どもたちはお祭気分を味わえて楽しかったようです。

ホタルで思い出しました
もう30年ほど前の話。京都大谷大学在学中、下宿のすぐ近くに疎水が流れていました。夏になると野生のホタルの光が煌々と舞っていました。あまり知られていないスポットだったので、疎水近辺の住人くらいしか集まらず、ゆっくりと静かにホタルの光の動きを眺めることができました。
現在(いま)はSNSで「今、こんなところにいます!」なんて情報を発信拡散する時代。思い出の疎水沿いにも 人だかりが出来ているかもしれません。それとも、もうホタルはいなくなってしまったでしょうか。

光と闇
まだ明るいうちに玉川上水沿いを歩いていて、ホタルの光を目にすることはできませんでした。できませんでしたが、ホタルは現にそこにいます。明るさの中にいると、光に出あうことは難しいものです。
温もりの中にいるときも、人々の手が差しのべられてある私であることにはなかなか想いを馳せることはできません。暗い、悩み苦しみの中にいるときは、ほんの微かな光でさえも、この私を包み込む温もりを感じるものだけれど。
光だけでは光とは認識できません。闇だけでは闇とは認識できません。 闇があるから光とわかる。光があるから闇と気付ける。

矛盾であって矛盾しない
光と闇  善と悪 清と濁 好きと嫌い 嬉しいと悲しい・・・
相反するものの、その良い方ばかりを選び取ろうとするけれど、それは無理な話です。相反するものは、そのお互いがあるからこそ、それぞれを認識する、感じることができるのですから。相反するものがなければ、片方だけを感知することすらできません。
都合の悪い物を無くそうとして、自分が求めるものまでも無くしてしまってはいないでしょうか。

無碍(むげ)の光明は無明(むみょう)の闇(あん)を破(は)する恵日(えにち)
親鸞聖人の言葉です。
「無碍の光明は無明の闇を破する恵日なり」
〔何ものにもさまたげられることのない光明(阿弥陀如来の慈悲の光)は、人間が持つ煩悩の闇をうち破る智慧の輝きです(その輝きは、温かくてまぶしい)〕

生きとし生けるものを救いたいと願われた阿弥陀如来の慈悲の心。その慈悲の心を「無碍の光明」「恵日」と、光として表現されています。
一方、阿弥陀如来が救いたいと願う衆生(生きとし生けるもの)は「無明の闇」でできています。「無明」とは、「明るくない」ということ。何に明るくないのか。自分自身のことに明るくない、暗い。つまり自分自身が見えていないということを表わしています。
「自分のことは自分が一番よくわかっている」という無知。自分自身の性格や思考や特徴を分っていないということもあります。けれど、それ以上に厄介なことがあります。「自分はこんなに良いことをしている!」と自負していることが、他者(ひと)を傷つけているという悲しさ。「自分はこんなに頑張っているのに」という思いによって、他者の優しさを 見えなくしているという淋しさ。そんな悲しさや淋しさを感じられないという無明の闇があります。

私は欲を持って生きている。そのこと自体は当然のことです。誰もが皆、欲を持って生きています。欲が悪いもので、欲を無くそうと考える人もいますが、欲を滅する必要はありません。欲とは、「あれが欲しい これが欲しい」「あれはいらない あいつは嫌い」「私の思い通りになってほしい」というものばかりではありません。「平和な世の中になってほしい」「自分のことよりも、あの人が幸せになって欲しい」「お腹が空いた 眠たい 生きたい」ということもまた欲です。欲は、「生きたい」という叫びです。欲は無くすものではなくて、あることを自覚しながら生きるものです。
けれど、そんな自分の欲に、叫びに無自覚で生きているのが私です。「無明の闇」に生きています。

「無明の闇」。自分自身のことが見えずにいる私。見えないがゆえに「自分がやっていることに間違いはない」「自分こそ正しい」と思い込み、悲しさや淋しさを感じることなく生きています。そんな「無明の闇」を、阿弥陀如来の光明は打ち破ります。破られるのですから、心の中で何か大きな音がすることでしょう。ハッと目覚めることでしょう。  目覚めは、内から起こるのではなく、 外からの光によって与えられます。

阿弥陀如来の名を称える声「南無 阿弥陀仏」。私が発する念仏の声は、私自身が打ち破られる音。自分自身が見えていなかった私が、見えていなかったということに目覚める音。

阿弥陀如来の慈悲の心は、あたたかくてまぶしい。あたたかくてまぶしい光に照らされて、私の闇の深さを知らされます。闇を破るはたらきは、私の中からは出て来ません。

 

~掲示板の人形~
Dsc_3058 

2019年6月 4日 (火)

2019年6月のことば

2019年6月のことば

Dsc_3003 

やまない雨はないというけれど、
私は今の雨をあびていたい。

 

禍福はあざなえる縄の如し

不安や悲しみの中にいることを雨の中にたとえて「やまない雨はない。いつまでも降り続かないから」と励ます 言葉がある。

他にも、悲しみを夜の闇にたとえて「明けない夜はないから」と言ったり、悲しみを凍えてしまいそうに寒い冬にたとえて「冬が終われば、暖かい春が来るから」と言ったりする。

その通りなのだけど、「雨はやんでも、またいつか降り始める」「夜が明けて日が出ても、また夜が来る」「春になったらなったで花粉症の季節だといって歎き、夏の暑さに辟易とし、秋は淋しいといい、そしてまた冬の寒さを迎えては早く暖かくなるといいなと口にするのに」ということも考えます。

そもそも悲しみという雨がいつやむのか、いつ夜が明けるのか、いつ春が来るのか分かりません。

身も蓋もない話をするようですが、この世界を生きていて、不安や悲しみがなくなるということはありません。その不安や悲しみの原因を他者に求めるけれど、私自身が不安や悲しみを作り出しているうちのひとりでもあります。

「不安や悲しみがなくなるということはありません」と言いましたが、嬉しいこと楽しいことも同様になくなるということはありません。

「禍福はあざなえる縄の如し」という言葉があります。「縄は紐(ひも)をより合わせて作るように、人生は禍(災い)の紐と福(幸せ)の紐がより合わさり、一体となって形作られていく」という意味です。

縄は、紐をつなぎ合わせて作るのではなく、細い紐を何本もより合わせて作ります。このことは、禍福が交互に訪れるわけではなく、禍福は一体である、共にあるということを表わしているのだと思います。

禍福を、個人の身に起こる出来事として捉えたならば、禍の後にはきっと福が訪れると、希望を抱きたくもなります。けれど、私が生きているこの大地には、70億を超える人間が共に生きていて、こんにちに至るまでに数え切れないほどの人々の歩みがあって、人間以外にも多くのいのちが生きています。その現実に想いを馳せれば、お互いにつながり合いながら、影響し合いながら生きているということは容易に想像がつくことです。禍福があざなえる縄の如くにあるということの意味は、個人の身に起こることとしてではなく、人間に、すべてのいのちに禍福が同時に起きていることを訴えているように感じています。

私の日々の生活のために、どれだけの人の手を煩わせていることでしょう。私が喜んでいるそのときに、涙している人がいるのではないだろうか。私が悲しみの中にあるとき、ほくそ笑んでいる人もいれば、共に悲しんでくれている人もいる。私のしていることが、私の存在自体が、誰かを元気づけていることもあるかもしれない。

雨雲が通り過ぎて晴れ間がのぞいたとき、先の雨雲によって雨降られている人がいる。

夜が明けて朝日を浴びているとき、暗闇の中に身を置いている人がいる。

冬が去って春が来て、その暖かさに心落ち着かせているとき、冬の寒さに身を震わせている人がいる。

禍福あざなう世界で、私は私として生きています。「こんな悲しみなければいいのに」と思うことは誰にでもあります。けれど、「こんな悲しみ」も含まれる延長線上で、私は私となりました。

想いを馳せたとき、私の生きている大地は、そもそも雨の中なのだと目が覚めます。雨の中こそ私の生きる場。お互いに関係を持ちながら、影響し合いながら生きているのだから。

傘・・・本尊

雨の中に身を置いている現実に、「いつかこの雨もやむだろう」と待ち続けるわけにはいきません。そのとき手にしたいのは、雨の中に身を置き続けられる傘。つまり、私を守ってくれるもの。

宗教に、雨をやませる力などありません。「あなたは今、雨の中にいます」と気づかせてくれるものです。そして、その雨の中、私と共にあり続けてくれる傘の存在を説き示します。その傘とは本尊、阿弥陀如来。「南無阿弥陀仏」の念仏です。

ひとりがひとりに出遇(あ)う

福島県二本松市に佐々木道範さんという真宗大谷派の僧侶がいます。 原発の事故後、子どもたちのために除染作業等に取り組まれています。彼が話してくれたことが忘れられません。

「原発の事故が起こるまで、私だってイラクの人々・子どもたちの痛み悲しみに無関心でした。でも事故後、他者(ひと)の痛み悲しみを聞くと胸が痛いんですよ。でも、痛み悲しみに出会って、胸が痛みながら生きることが本当に生きることなのかなと思うようになりました。」

「目の前に生きている人間がいるんです。その人と出会って、ひとりがひとりに 出遇っていくしかないんです。出遇ってしまったら忘れられないんです。」

他者の痛みを自分の痛みとして感じる。胸が痛い。けれど、その痛みを感じながら生きてゆくことが、本当に生きることだと感じるようになった。それほどまでに他者の痛みを感じることができるのは、ひとりの人間が、目の前にいるひとりの人間に出遇っているからです。佐々木道範さんから、胸に痛みを感じるほどに人と向き合うということが出遇いなのだと教えられました。いや、本当に人に出遇うからこそ、痛みも伴うのでしょう。享楽は一瞬ですが、痛みは一生です。だから忘れられません。

自分が生きている大地を感じながら、阿弥陀如来と共にありながら、私は 今の雨をあびていたい。南無阿弥陀仏

~掲示板の人形~
Dsc_3006 
カエルのピクルスくんと、ヤクルトスワローズの応援傘
スワローズの応援傘(マイクロカサ)は、神宮球場で買ってきました。
スワローズ11連敗の夜でした😃

2019年5月 2日 (木)

2019年5月のことば

2019年5月2日(木)を迎えました。
午前中の曇り空&雨の天気から一転、午後はまばゆい日射しが降り注いでいます。

4月30日、「平成」最後の日。
個人的な話ですが、4月30日は あるアクシデントに見舞われ、5月号の寺報をゼロから書き直していました。
世の中が「平成」から「令和」へのカウントダウン盛り上がっていた頃、私は必死で文章を書いて、寺報の絵を描いていました。泣く泣く筆を染めていました。
アクシデントの衝撃が強すぎて立ち直れそうにありませんでしたが、なんとか入稿。48年生きてきて、今まで生きてきた中で一番幸せです。 自分で自分を誉めてあげたいです(^∀^)

2019年5月のことば

Dsc_2913

母を呼ぶのは良いことであるからと、母を呼ぶ子はいない
                     正親含英(おおぎ がんえい)

   〔正親含英先生(真宗大谷派僧侶 1895~1969)〕

子どもが母を呼ぶ声は

母を呼ぶことができるのは、母の想いが私に届いているから

母を呼ぶことに損か得かのものさしはない

母を呼ぶことは私自身の存在の証

念仏称える声は

念仏称えることができるのは、阿弥陀の願いが私に届いているから

念仏称えることに損か得かのものさしはない

念仏称えることは私自身の存在の証

「呼ぶ」主体

誰かを「呼ぶ」行為は、呼ぶその人が主体であるかのようだけど、相手がいるからできること。「呼ぶ」行為の主体は、私ではなくて呼ばれる相手。

私へと想いを寄せる母

私を救いたいと願う阿弥陀

私を想っていてくれる人やはたらきの声が私に届き、私は名を呼べる。

名を呼ぶところに、相手と私との関係がひらかれる。念仏称えるところに、阿弥陀と私との関係がひらかれる。

名を呼ぶとき、念仏称えるとき、私自身の存在が証明される。そのとき、母が母となる。阿弥陀が阿弥陀となる。

 

すでに、響き合っている

掲示板のことばに「母」とあるので、「母だけの話なの?」と思った人もいることでしょう。

他者(ひと)と私との関係において、「呼ぶ」という行為には、呼応関係が既にあるのだと思う。「呼ぶ」行為とは、呼ぶ側の一方通行ではなく、呼ばれる方が発する想いや願いや思慕が先にある。呼ぶ方と呼ばれる方と呼応・共感・共鳴の関係がひらかれている。そういう意味では「父」や「友」でもいいのだけれど、呼ぶ声の背景にある広がりが最も大きいのが「母」なのではないだろうか。

掲示板のことばを読んで、母と子の姿を、幼い子とその母親をイメージした人もいることでしょう。

母と子の関係は、お互いが幾つになっても母と子。今20歳の母と3歳の子にしても、100歳の母と80歳の子にしても、母と子。お互いが何歳であろうとも、年の差が幾つであろうとも。

掲示板のことばを読んで、母とは、存命中の母をイメージした人もいることでしょう。

けれど、すでに浄土へ還られた人であっても、母は母。亡き人に対しても、名前を呼べる。亡き母の縁で、私が 「南無阿弥陀仏」と念仏称えたならば、母は母でもあり、仏でもある。

母を呼ぶ、他者(ひと)を呼ぶ、阿弥陀を呼ぶ(念仏を称える)のは、母からの、他者からの、阿弥陀からの呼びかけがあるから。

母が、他者が、阿弥陀が、呼びかけることができるのは、私がいるから。すでに、響き合っている。

「誰かのため」ではなく

私(西蓮寺副住職)は、妻や子どもたちが目の前にいないときでも、名前を呼ぶ声が自然に出て来ます。

なぜだろう? どうしてだろう?

いや、名前を呼ぶのに理由や目的などなくて、妻や子どもたちがいてくれるおかげで、私は名前を呼ぶことができるだけのこと。

誰かがいてくれるおかげで、私はその誰かを呼ぶことができる。

「誰かのため」に呼ぶのではなくて、「誰かのおかげ」で呼ぶことができる。

年令や知恵を重ねると、名前を呼ぶことに損得勘定が入ってしまう。小さな人たちは、何の見返りも求めず母を呼ぶ。澄んだ声に聞こえるはずです。

念仏も、見返りなんてない。私を呼ぶ声「南無阿弥陀仏」。その声が聞こえたから、私は「南無阿弥陀仏」と念仏を称えられる。念仏称えるところに、阿弥陀と私とのつながりが表現されている。

いつでも どこでも どんなときも

親鸞聖人は、「南無阿弥陀仏」と念仏称えることを大切にされました。

念仏は、お内仏(お仏壇)の前でなくても、お墓の前でなくても、お寺の本堂でなくても、日々の生活の中で、いつでも、どこでも、どんなときでも称えることができる。

念仏称えたとき、そこが私の居場所となる。「今、ここ、私」が居場所となる。 「南無阿弥陀仏」

~掲示板の人形~

Dsc_2884-2 

京都水族館のくじ引きでゲットしたイルカの親子(親子というわけではなく、大きいのと小さいのを当てたのだけど)
4月29日の永代経法要に合わせたかのように花開いた黄色いボタンとともに。

2019年4月 1日 (月)

2019年4月のことば

2019年4月1日
4月になりました。ぽかぽか陽気で、桜もきれいですね・・・なんて日和を想像していたけれど、寒いです。お風邪を召しませんように。
3月末、膝をつき合わせて話をしておきたい人、事柄が多々あったので、京都へ行ってきました。
思いがけずたくさんの人と、いろいろな話ができました。
メールでも電話でもなく、直接会って話をすることって とても大切だ!!
阿弥陀堂と御影堂で、阿弥陀さま 親鸞さまの前に座ると涙が出るくらいホッとするものです。
行ってよかった。 南無阿弥陀仏(-人-)
おかげで4月の寺報がギリギリになってしまいましたが、なんとかできました(ホッ)
4月、新しい出あいを大切に。もちろん、今までの出あいも含めて。

〔2019年4月のことば〕

Dsc_2800 

今を生きることで

熱いこころ燃える

だから君はいくんだ

ほほえんで

そうだ うれしいんだ

生きるよろこび

たとえ胸の傷がいたんでも

      やなせたかし (「アンパンマンのマーチ」より)

不安は私のいのち

このような話を聞いたことがあります。ウナギを長距離運ぶとき、全く傷を付けずに丁寧に運ぼうとすると、ウナギは目的地に着く前に死んでしまうそうです。ところが首に傷を付けると目的地まで生きたまま届くそうです。ウナギはキズの痛みに耐え、一生懸命生きようとするのでしょうか。

という文章を、かつて寺報で書いたことを思い出しました。

第7号 1999年3月発行の寺報です。もう20年も前の話になります。文章が未熟です(今もですが)。「ウナギの首ってどこだろう?」などと思いながら、古い寺報を読み返しました。

ちなみに、第7号の掲示板のことばは、

 不安は私のいのち

 苦悩は私の生きがい

 不安や苦悩のない人生はない

 不安や悩みとれたら

 生きがいもない

です。

不安や苦悩なんて無いほうがいいですよね。なにか不安や悩みがあるとき 私たちはその原因を自分の外に考えてしまいます。「あいつさえいなければ」「今の社会状況は最悪だ」等々。それでは仮に自分が考えた不安や悩みの原因が全部無くなったとして、そこに不安や苦悩の無い世界が開けるでしょうか。 おそらく新たな不安や苦悩が訪れるのではないでしょうか。

という文章もまた、当時書いたものです。

不安や苦悩にこころ覆われたとき、「あのとき、あんなことしなければ」と悔いたり、「あのとき、別の行動をとっていれば」と歎いたりしてしまいます。過去に戻れないのは分かっていることなのに。仮に、過去に戻ってやり直せたとしても、私はまた同じようなことを繰り返すことでしょう。

不安や苦悩のない人生はありません。それに、不安や苦悩があるからこそ夢や希望を抱けるのかもしれません。悲喜のすべてがあっての私です。

こころに刻む

「胸の傷」というと痛々しく聞こえる。 けれど、「こころに刻む」や「脳裏に焼き付ける」など、より痛みを伴う表現がある。意味としては「忘れない」「覚えておく」ということだけれど、「この出来事を忘れない」「目の前の光景を覚えておく」という表現では言い尽くせない経験が、「こころに刻む」「脳裏に焼き付ける」と表現させるのだろう。絶対に忘れない、忘れてはならないという覚悟と共に。

「こころに刻む」や「脳裏に焼き付ける」と表現するのは、嬉しい出来事よりも悲しい出来事の方が多いのではないだろうか。

「悲しい出来事はなかったことにしたい」「悲しい気持ちが早く薄らいでほしい」。そのようなセリフを耳にするけれど、絶対に忘れてはいけないことだという気持ちがはたらくのは、悲しい出来事。

いのちが生きよう生きようとするのは、傷がつかないように丁寧に守られた環境ではなく、こころに刻まれるような何かに出あったときなんだ。

あなたを傷つけた私

「胸の傷」のいたみについて考えるとき、自分の胸の傷のことばかり考えていた。

けれど、私があなたにつけた傷もありました。その傷の方がはるかに多くて、はるかに深い。

自分の胸の傷のいたみは感じることができる。傷と共に刻み込まれている悲しい出来事も思い返すことができる。それなのに、私があなたにつけた傷は、傷をつけたことすら分かっていない。ましてや、あなたが感じているいたみなど知る由もない。

「今を生きる」とは、傷と共に生きること。つけられた傷もあれば、あなたにつけた傷もある。自分の胸の傷のいたみだけを感じるのではなく、あなたを傷つけた私ですといういたみを、忘れてはならない。

受け継がれる意志

あなたを傷つけた私。そのことを想うとき、マンガ「ワンピース」の、あるシーンを思い出す(単行本16巻)。

雪の降りしきるドラム王国。国王ワポルは、国民を支配することで国政を担っていた。国内の医者を国の管理下に置き(「イッシー20」)、病気を患った国民は、 ワポルに頭を下げて治療を受けなければならなかった。その国政に抗い、ドクター ヒルルクは、患者の家を訪ねては無償で診察をしていた(しかし、ヤブ医者ゆえ国民からは迷惑がられている)。

ヒルルクの態度に業を煮やしたワポルは、ヒルルクを捕まえて処刑するため、「イッシー20」全員が病に倒れたとデマを流す。

「イッシー20」を治療するため、自身のいのちを顧みず、城に乗り込むヒルルク。

城で待ち受けていたのは、国王ワポルと守備隊、そして健康な「イッシー20」。

自分を捕まえるための罠だったと知ったヒルルクはつぶやいた。

「よかった・・・病人はいねェのか・・・」と。

「ズキッ!!」 ヒルルクのつぶやきを耳にし、胸にいたみをおぼえる守備隊隊長ドルトン。彼は、ワポルの国政に疑問を感じながらも、逆らえずにいた。

捕まって処刑される前に、自ら世を去ったドクター ヒルルク。その姿を脳裏に焼き付けたドルトンは、国王ワポルに立ち向かう・・・

〔掲示板の人形〕

今月は、やなせたかしさんのことばを掲示させていただいたので、アンパンマンとSLマンの人形を掲示しています。

京都で買ってきました(^▽^)

Dsc_2776

 

2019年3月 1日 (金)

2019年3月のことば

3月になりました。年が明けたと思ったら、もう3月だ!なんて言っている方もいるのではないでしょうか。
年末年始などということに関係なく、時は移ろい、いのちも歩みを進めています。日々過ぎ行く時間を、日々あるいのちを大切にしたいものです。
などと想いながらも、あっという間に時が過ぎ行く感覚はなんでしょう? 2月は28日までだったものだから、なおさら早く感じます。寺報等々の締め切りを、普段の月の感覚でいたら、28日までだったことに気付き(分かってはいるんですけどね)、必死で仕上げました。
3月は年度末。春のお彼岸もあります。また、あっという間に過ぎてゆくのでしょう。春の訪れ、花の開花を楽しむ余裕を持って過ごしたいと思います。

   

2019年3月のことば
Dsc_2678_2

 人はいさ 心も知らず
  ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける
                       紀貫之

再会
何年ぶりだろう、この里に足を運ぶのは。昔はよく遊びに来ていた。この風景も、空気も、雰囲気も変わってない。懐かしい。
久しぶりに訪れた里で、常宿にしていた宿へ向かう。
あった! 宿の雰囲気も昔と変わらない。仕事も忙しくなり、この里からもしだいに足が遠のいていった。それから今日に至るまで、仕事のことや人間関係のこと、いろいろなことがあった。けれど、宿が目に入った瞬間、言葉で言い表わせないほどホッとした気持ちになった。
私の姿を見つけて、宿の奥から誰かが出てくる。
「え? あ! お久しぶりです。お元気でいらっしゃいましたか?」
宿屋の主人だ。馴染みの声、懐かしい口調。昔と同じだ(笑)
「お久しぶりです」
堅苦しい挨拶もそこそこに宿に通され、会話に花が咲く。昨日「さようなら」を言って別れ、今日また会ったかのように、長い空白期間が、相手の息遣いの中に打ち消されてゆく。
久しぶりに会った緊張感もやわらぎ、宿屋の主人が少しいじわるく言った。
「ずいぶん立派になられましたね。仕事ぶりは、風の噂で知っていました。仕事も私事もうまくいって、この里のことも、この宿のことも、すっかり忘れてしまわれたことでしょう」
そのセリフにふと現実に還る。私に、ではなく、肩書きを持つ私にチヤホヤする者ばかりの人間関係に疲れ果て、気がつけばこの里に足が向いていた。ホッとした気持ちになっていたけれど、現実の波はこの里にも訪れていた…。
そんなとき、梅の芳しい匂いが漂ってきた。目に留った梅の枝を一本折り、私は告げた。

人はいさ 心も知らず
ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける

(「人の気持ちは、変わりやすいものです。あなたも、私を懐かしんでくれてはいるけれど、明日になれば、また気持ちも変わるのではないですか? けれど、ここの梅の花の香りは、昔とちっとも変わらない。かつて嗅いだ香りと同じだ。変わらないものが、この世にあるなんて」)

宿屋の主人が嘆息している。しばらくの沈黙の後、主人はつぶやいた。

花だにも おなじ心に 咲くものを
植ゑけむ人の 心しらなむ

(「梅の花でさえ、昔と同じ心のままに咲くというのに、梅の木を植えた私の気持ちも知っていて欲しいものです(たとえあなたが変わろうとも、あなたを想う気持ちに、変わりはありません)」

そのつぶやきを耳にし、私の還る場所が見つかったような気がした。

居場所(ここに居ていいんだ)
『古今和歌集』の選者、『土佐日記』の作者として知られる歌人 紀貫之。
紀貫之は、奈良県の長谷寺参りのため、毎年のようにこの里を訪れ、その度に泊まる宿がありました。しばらく訪れる機会もなく、数年ぶりの長谷寺参りでこの宿を訪ねたときの、紀貫之と宿屋の主人とのやりとりの中で詠まれたのが、今月のことばです。
顔と名前を覚えてもらっている。そこには、私の存在を認めてもらっている安心感があります。名前を呼んでもらえることの嬉しさ。ましてや、数年ぶりに会った相手が私のことを覚えてくれている。生きることに疲れたなかにも、私の「居場所」は、確かにあります。

変わるもの・変わらぬもの
人の気持ちは変わるもの。今日の想いと明日の想いは違う。環境や立場が変われば、想いも変わる。話す相手によって変えていることもあるだろう。
「梅」は、変わらぬものの象徴。「人」は、変わるものの象徴。変わらぬものであっても、変わるものであっても、それぞれ見た者の記憶に留まる。
変わらぬものとして、私の瞼に焼き付けられているもの。美しく芳しい花、夜空に光り輝く月、先往くあなたの姿。
変わるものとして、私の心に刻まれているもの。紀貫之も宿屋の主人も、ふたりの距離が開く(変わる)ことは分かっていた。けれど、だからこそ相手のことが心に刻まれ、忘れ得ない人となっていたのだろう。 つらく悲しい経験が、いつまでも思い起こされるのは、心の修復を試みているから。つらさ悲しさを抱えながらも私は生きている。生きよう生きようとする「こころとからだ」が、傷ついたところを治そう治そうとしている。つまり、私の中で変わろうとしている。だからこそ、いつまでも心の片隅に、忘れられないこととしてある。

阿弥陀さま
最近殊に耳にする事柄。パワハラ・セクハラ・バイトテロ・カスタマーハラスメント・煽り運転・虐待・DV…
ひとつひとつの報道を耳にし、「ひどい奴だ」「いつまでこんなことが続くんだ」と、悲しい気持ちになるけれど、これらの事柄の奥には、承認欲求が満たされないことによって生じる不安感や虚無感が溢れている。
「私はこんなに頑張っているのに、どうして報われないんだ」「あいつより俺の方が優れているのに、どうしてあいつの方が評価されるんだ」
世間から認めてもらえない自分を受け容れることもできず、見つめ直すこともできず、他者を貶めることによって自分の存在意義を高めようとする。そんな意識が他者を傷つけたり、馬鹿にしたりする態度として表出している。
けれど、そのような不安感や虚無感に襲われているのは、実際に他者を傷つけてしまった一部の人たちだけの話ではない。みんな淋しい。
認められている。想われている。名前を呼ばれている。「南無阿弥陀仏」と念仏申すことは、そこに私の居場所があるということ。
梅が、何年も変わらずに私のことを待ち続けてくれているように、阿弥陀さまも、私とともにある。
合わさる手に、南無阿弥陀仏

   

2019年2月 1日 (金)

2019年2月のことば

1月末、娘たちが時期をずらして風邪をひきました。次女が先で、普通の風邪。熱が40度近く出たので、「インフルエンザだね」と妻と言いながら小児科に行ったら、インフル反応出ませんでした。1週間ほど寝てましたが、鼻水ズルズルの風邪でした。次女が治りかけた頃、長女が発熱。でも、熱が出たといっても37度ちょっと。「長女もただの風邪だね」なんて言いながら小児科に行ったら、「インフル出たよ!!」ってお医者さん。あらあら、長女も安静。結局、トータル10日近く子どもたちの看病と、自分たちは うつらないように気を張ってました。1月末にキャンセルできない仕事があったので、頑張りました 長女も快復。まだ油断はできませんが、ひとつ(ふたつか)の山は越えました。皆様もお気を付けください

   

2019年2月のことば

Dsc_2505

腹立たば 鏡を出して 顔を見よ
 鬼の顔が ただで見られる

凡夫というは
今月のことばに出会い、親鸞聖人のことばを思い出しました。

「凡夫」は、すなわち、われらなり。 (中略)
凡夫というは、無明煩悩われらがみにみちみちて、欲もおおく、いかり、はらだち、そねみ、ねたむこころおおく、 ひまなくして臨終の一念にいたるまでとどまらず、きえず、たえずと
(『一念多念文意』 真宗聖典544・545頁)

(試訳)
凡夫というものは、煩悩が我が身に満ち満ちています。欲も多くて、怒り、腹立ち、そねみ、ねたみ、それらのこころを多く持っています。しかも、それらのこころが時折顔をのぞかせるのではなく、一瞬の間もなく、臨終のそのときまで止まることがありません、消えることがありません、絶えることがありません。そんな凡夫とは、私のことですと(親鸞聖人は告白されました)

私の中の鬼性
「鬼はそと、福はうち」
「この方角は鬼門だ」
「鬼の目にも涙」
「鬼籍に入る」
「鬼」は、災いの代名詞として表現されています。ということは、「鬼」の正体を、自分以外のものに見るのではないでしょうか。「自分の中に鬼がいる!」「自分自身が鬼だった!」なんて、誰も思いもしないことでしょう。
親鸞聖人のことばを思い出したのは、自分の中にある怒り、腹立ち、そねみ、ねたみのこころ、つまり、自分の中にある鬼性を見ておられるから。
「私ってどういう人間だろう?」と、自分自身を見つめるとき、少しでも自分の良いところを数え上げたくなるものです。自分の欠点を挙げて反省できる人もいるかもしれませんが、臨終の一念にいたるまで私の煩悩がやむことはありませんとまで言い切れるでしょうか。
親鸞聖人は、どうしてそこまで言い切れたのでしょう。それは、阿弥陀如来に支えられているという想いがあるからです。支えられている想いがないと、何も頼るものがなく、寄る辺なくフラフラしたままの状態になります。
「支えられている」と書きました。誰もが既に支えられています。阿弥陀如来を信じた者のみ、支えの手が差し伸べられるのではありません。既に支えられている私です。支えられている想いがある人は、阿弥陀如来がいるという想いの中で迷うことができます。阿弥陀如来に支えられている想いがないと、既に私を支えているものがあることに気付いていないのですから、何も頼るものがない中で迷うことになります。
阿弥陀如来に支えられている想いがあるかないかで、迷い・悩み・苦しみを抱えながら生きていることに変わりはないけれど、物事の見え方や生きざまは変わります。阿弥陀如来に支えられていることを教えられるのが聞法です。どうか仏法聴聞の人生を歩んでください。
阿弥陀如来は、煩悩に覆われ、迷い・悩み・苦しみに沈む私を憐れみ、助けずにはおれないと誓願を建てられました。
煩悩の海に溺れる私を助けたいと願われた阿弥陀如来。その阿弥陀如来を信じるということは、煩悩の海に溺れている自分自身を知るということです。仏法聴聞して阿弥陀の誓願に触れるということは、自己を知ることに通じます。だから、親鸞聖人は自分の中の煩悩性(鬼性)を表現せずにはおれなかったのです。

経は鏡なり
善導大師に、「経教(きょう)はこれを喩(たと)うるに、鏡のごとし」ということばがあります。「お経(お釈迦さまの教え)は、喩えるならば、私を映し出す鏡です」と。
お経は、悩み苦しみを取り除いて くれる有り難いことばではありません。あるがままを説いた当たり前のことばです。けれど、あるがままを受け容れることはなかなか難しいものです。
日常、鏡を見るとき、自分の良い面しか見ません。あるいは、良く見えるように体裁を整えます。鏡に映る自分の姿といっても、自分のお気に入りの所だけ見ていては、私の本当の姿を見ることはできません。
お経のことばに触れる、仏法聴聞するとは、私の本当の姿を映し出してもらうことです。耳障りの良いことばを聞くためでも、自分を正当化するためでもありません。あるがまま、そうなるようにしてなった、つまり、縁をいただいて成った私であることを聞くのです。
そしてもうひとつ。鏡は、光を集めて反射することによって、ものが映ります。同様に、鏡に喩えられる経を通して、阿弥陀如来の光明に照らされている私の姿が見えてきます。
煩悩は、自分で意識しているときだけ現われ出るのではありません。自分で意識していないときも常に煩悩は表出しています。臨終の一念まで煩悩のこころがなくなることがないという親鸞聖人の告白は、いつまでも阿弥陀如来の光明に照らされてある私ですという告白です。
腹が立ち、鬼の形相になったとき、本当は自分が一番つらいはずです。怒りのこころを持ち合わせる自分であるという気付きは、自分で自分に噛みつくような痛みを伴うものですから。とはいえ、怒りのこころを臨終の一念まで持ち合わせるのが私です。阿弥陀如来の支えと共に、私はあります。

   

掲示板の人形
今月は「鬼」が出てくることばだったので、「なまはげ」のお面を飾りました。
といっても、「なまはげ」は「鬼」ではないんですよね。災いを取り除いてくれる、神の使いです。
いつの頃からか、「鬼」と思われるようになりました。
でも、「鬼」だって災いの元ではありません。秀でた才能・能力を持つ者を「鬼」と表現しました。
強いお相撲さんのことを「鬼のように強い」とか、綺麗な人を「鬼のようにかわいい」とか言ったりします。
つまり、「鬼」を災いの代名詞のように言うのは、ひがみややっかみからなのかもしれません。
まさに私の中の「鬼性」です。
ひがみ・やっかみのこころは、臨終の一念まで消えません

妻は、秋田県男鹿の生まれです。「なまはげ」のお面は、かつて弟が送ってくれました。
毎月かわいい人形を楽しみにしている人には、衝撃的でしょうか
Dsc_2505_2

2019年1月 1日 (火)

2019年1月のことば

2019年1月1日 8時に修正会をお勤めし、新しい年をお迎えしました。
本年もよろしくお願い致します。
2019年1月の掲示板のことばは、昨年10月26日に還浄された近田昭夫先生からいただいたことばを掲示させていただきました。
Dsc_2454

   

2019年1月のことば
Dsc_2450



 ヒトノタメとも読めますが、
 ヒトノナスとも読めますね。
            近田昭夫

近田昭夫先生
昨年10月26日 真宗大谷派顕真寺前住職 近田昭夫先生が満86歳にて還浄されました。
法名 浄風院釋廣昭

西蓮寺永代経法要や聞法会でもご法話をいただきました。親鸞聖人の教えに真剣に向き合い、自分の言葉で飾らずにお話をされる先生でした。
近田先生には、この寺報「ことば こころのはな」をお送りしていました。先生はいつもお葉書をくださいました。
40歳近く年の離れた私の文章を丁寧に読んでくださり、ご自身の気づきを葉書にしたためてくださいました。そのお姿と手元に遺った葉書は、教えそのものです。親鸞聖人の教えが、先生を通して私に伝わりました。
近田先生、ありがとうございます
 
ヒトノタメ
かつて寺報の文章に書きました。

「人(ひと)の為(ため)と書いたら、偽(いつわり)という字になりました」

どのように受け止められますか?
子どもに注意しているとき、ふと思い出すことがあります。「これって自分が子どものときに言われてたなぁ」って。
「静かにしなさい」
「落ち着きなさい」
「キチンと挨拶しなさい」
あれはダメ! これはダメ! ああしなさい! こうしなさい!
親としては子どものためを思っているつもりでも、果たして本当に子どものためを思って言っているのだろうか。自分にとっての常識を子どもに押し付けてはいないか。周りの目を気にして、子どもの感情や動きを抑えてはいないか。
「あなたのため」という気持ちで発する言動は、本当に「あなたのため」なのだろうか。自分の価値観を中心に置いてはいないか。自分が満足感を得るためではないか。本心はどうあれ、「あなたのため」と思っているあいだは、自分自身を問うことがありません。
「人の為」という気持ちには、「偽」が潜んでいる。そんな気付きが大切だと思いながら書いた言葉でした。

ヒトノナス
そのとき、先生からの葉書には、

「偽という字は、
ヒトノタメとも読めますが、
ヒトノナスとも読めますね」

と書いてありました。葉書を読みながら、胸がチクリと痛みました。
私が為すことは、すべて自分で考え、決断し、行動していると思いがちです。けれど、ここまで生きてきて、私が為したことなど、なにひとつありません。
お釈迦さまは「縁起の道理」を説かれました。この世のいのちや物事、すべての事柄は縁によって成り立っている。あたかも自分で考えて行動しているかのように思い込んでいる行為も、すべて縁に催されてのことです。すべてのいのち さまざまな事柄が絡み合い、その縁によって、私が私となっています
私が縁をいただいているのではありません。縁によって私ができているのです。
自分のことは自分で為しているように思っている。けれど、それが為せるようなご縁があってのことです。そのようなことに想いを馳せることなく、自分の頑張りで生きてきたつもりでいる姿を「偽」と言われたのではないでしょうか。
先生は、そんな「偽」の生き方を否定するのではなく、「有為の奥山(道もなく、越すのも困難な奥山)を歩んでいるわたしです」と結ばれていました。

自分へのクエスチョンマーク
先生は「瞻仰(せんごう)」ということをとても大切にされていました。「瞻仰」とは仰ぎ見るということです。先生は仰っていました。

仏さまに合掌礼拝している方を見ていると、すぐに頭を下げます。礼拝するのに、すぐ頭を下げればいいというものではないと思うのです。せっかくご本尊を仰ぎ見、礼拝するのですから、目線を合わせて、仏さまのおすがたを拝見し、そして拝む。このことを「瞻仰」と言います。仰ぎ見るということは、仏さまの眼に私の目線を合わせるということです。仏さまと目線を合わせるお参りの仕方が身についてきますと、あるとき、ふっと気づくことがあるのです。 「私はこうやって向こうにいる仏さまを拝んでいるけれども、仏さまから見られると、私はいったいどうなっているのかな」ということに。 人間というものは、どんな人でも、 いつの世の人でも、自分の目線、自分の考え方にクエスチョンマークをつけたことがないのです。そのことを、本当に 目覚めさせて救おうというはたらきかけをしてくださっているのが、(阿弥陀)如来さまのはたらきなのです。 (『真宗のご本尊』真宗大谷派東京教務所発行より要出)

自分の目線や考え方にクエスチョン マークを付けたことがない私とは・・・。「あなたのため」と言いながら、自分の価値観に疑いを持たない私。ご縁をいただいてある私なのに、自分で物事を為していると勘違いしながら生きている私。「ヒトノタメ」「ヒトノナス」、まさに「偽」を生きる私でした。
ご本尊を仰ぎ見て、視線を合わせ、拝む。そのことは、自分自身の姿を照らし出していただくことでした。「真」なるものに照らされて、「偽」である私があぶり出されます。  南無阿弥陀仏

   

掲示板の人形
毎年1月恒例の干支人形
2019年はイノシシ年 副住職 年男です。48歳になります
Dsc_2450_3

2018年12月 2日 (日)

2018年12月のことば

2018年も12月を迎えました。
「一年早かったね」「今年もあと一ヵ月だね」と、会話を交わします。でも、2018年、ここに至るまで、べつに時間の経過のスピードが上がったわけでもなく、330余日、一日一日誰もが過ごしてきました。
元日の一日も、12月に入って追われるように過ごす一日も、同じ一日。
あれほど汗かいてへばりながら過ごした夏の日も、寒さに震えて過ごす一日も、同じ一日。
今日という日を味わいながら生きていこう

   

2018年12月のことば

失ったものの大きさは
与えられていたものの大きさでもある

お育てをいただいています
私(副住職)が京都から西蓮寺に戻っておよそ25年。お寺での歩みは、そのまま門徒さんと歩んだ歴史でもある。幼少期から私を知っている人、京都から戻ってきた私を涙ながらに迎えてくれた人、叱咤激励くださった人・・・お育てをいただいてきたことを想う。
あるご夫婦が亡くなられました。昨年旦那さんが、今年奥様が亡くなられた。お二人には、幼い頃からお世話になりました。過日、奥様の納骨法要をお勤めした際、不意に涙がこぼれ、自分でもびっくりしました。想いを越えて、からだから自然にあふれました。それだけ大きな何かをいただいていたのですね。ありがとうございます。

出会いと別れはひとつの事柄
いのちあるものは、やがていのちを終えて往く。出会いと別れは別々のものではなく、ひとつの事柄。出会ったときに別れは始まっている。別れたときに、本当に出会えるということがある。あなたから与えられていたものの大きさに気がついたとき、初めてあなたに出遇えるということがある。
あなたの優しさ、温もり、声。与えられていたものの大きさに気がつくことができるのは、たいてい失ってから。でも、それでいいのだと思う。どんなに大切な人でも、不平不満がないわけではない。不平不満をお互いに持ちつつも、人間関係を築いてきた。だから、別れの後にこそ与えられていたものの大きさを感じられるのではないか。出会いと別れがひとつの事柄であるように、喪失と与えられているということもひとつの事柄。
出会いによって育てられ、別れによって与えられていたものの大きさに気がつく。そのような気づきが、人生を深めてゆく。

失うとは与えられていること
「失う」ということは、死別に限った話ではない。
同じ想いを抱いていた友と、こころが離れること/大切な物を無くすこと/充実して過ごしてきた時間も、時を経て次に進まねばならなくなるときがくること/今までできていたことが徐々にできなくなること/居るだけでこころ安らいだ空間が、姿形を変えてしまうこと・・・
思い返してみると、私は、さまざまなものを失いながら生きてきた。でも、それだけ大きなものを与えられながら生きてきたということの裏返しでもある。
喪失感だけが積もるならば、人はその淋しさから抜け出せず、生きる力までも失ってしまうことだろう。けれど、生きている。生きていける。そこには、私を生かす大きなはたらきがあるから。
大きなはたらきに照らされ、包まれ、支えられてある いのち。その支えなくして、どうして私が生きられるだろう。その大きなはたらきを阿弥陀という。

懺悔(さんげ)と讃嘆(さんだん)
「終活」で、自身の葬儀の準備をしている人が、その理由として「残された人に迷惑をかけたくないから」と言う。
淋しい響きを感じる。私が死んだ後、迷惑をかけるかもしれない人々とは、私の人生において関係を築いてきた人々。ということは、お互いに迷惑をかけ合いながら生きてきたということ。あなたが、残される人々のことを心配するように、残される人々もあなたのことを心配している。「寒くなってきた、元気でいるかな」「具合が悪いところはないかな」「ご飯ちゃんと食べているかな」と。
目に見えない大きなはたらき(阿弥陀)に照らされて、目に見える形でも支えられてある私。それなのに、与えられているものの大きさに気づいて、手が合わさるということは なかなか難しい。
関係を築いてゆくなかで、自分の生きる姿を見つめることがあるならば、そこには懺悔と讃嘆があることと思う。
懺悔と讃嘆、分かりやすく言うならば反省と感謝。反省と感謝に目覚めたならば、「迷惑をかけてごめんね」「私のことを心配してくれてありがとう」という言葉が生じる。
「ごめんね」「ありがとう」が生じる人の周りには、人が集まる。そして、その人にもまた「ごめんね」「ありがとう」という言葉が生じるだろう。
人間関係は、「ごめんね」「ありがとう」、つまり懺悔と讃嘆あるところに築かれてゆく。
浄土真宗の教えの道場(寺)は、自分の生きる姿を見つめる場として大切にされてきました。教えを聞いて、良い人間になるのではない。私の今ある姿を照らし出してくれるのが教え。教えに聞き、自分の生きる姿を見つめていると、懺悔と讃嘆が生じてくる。お念仏「南無阿弥陀仏」は、懺悔と讃嘆と共に、私の口から称えられる。
自身の葬送のことで、残される人たちを困らせたくない気持ちは分かるけれど、それは残された者が考えること。それよりも、「あぁ、やっと死んだか。さんざん迷惑をかけられたよなぁ」と思われる生き方をするのか、「今までありがとう」と言われるような生き方をするのか。自身の生き方を見つめることが「終活」ではないだろうか。「終活」という表現もおかしくて、生き方を見つめる活動だから「生活」なのです。

   

掲示板の人形
Dsc_0435

掲示板に飾ってある今月の人形は、手作りのサンタさんです。ご近所のご夫婦からいただきました。「お寺さんにサンタさんの人形はどうかなとも思ったけど、寺報に絵を描かれている娘さんたちにさしあげたくて」と、いただきました。ありがとうございます。娘たちは大喜びです。長女は、デスクに飾って眺めていました。次女は、おままごとのように人形で遊んでいました。同じ人形をいただいても、遊び方はそれぞれなんだなぁと思いました。「12月の掲示板に飾っても良い?」と尋ねたら、「うん、いいよ」と喜んで言ってくれました。合掌している人形と一緒に飾らせていただいています。みんなちがってみんないい。バラバラでいっしょです

今年も西蓮寺寺報「ことば こころのはな」をお読みいただき、ありがとうございます。お読みくださる方がいるおかげで、ことばが生み出されます。
2019年もことばを大切に。「ごめんね」「ありがとう」に「南無阿弥陀仏」の響きあり。
(追記)
ブログは、年内まだ投稿するかもしれません。

2018年11月 1日 (木)

2018年11月のことば

2018年も11月に入りました。報恩講月間です。西蓮寺報恩講は11月5日。お仲間のお寺への出仕も数ヵ寺あります。報恩講の法話も3ヵ寺でさせていただきます。貴重なご縁をありがとうございます。
毎年家族でご本山の報恩講にお参りしていますが、今年は10月に長女の得度でお参りしたので、報恩講の参詣はなし。
季節の変わり目、風邪をひかないように注意しているのですが、今年も10月から風邪をひいてしまいました。これで3年連続。なんでだろう? 皆様もお気を付けて

   

2018年11月 掲示板のことば
Dsc_2271
他者を認めるとは、
自己了解が変わっていくこと

ご都合主義的な自己責任論
シリアで3年以上に亘り拘束されていた安田純平さんが解放され、日本に帰国しました。なによりも先ず、生きて帰られたことにホッとしています。
ネット上では、安田さんに対するバッシングが目立ちます。「渡航禁止地域に行って捕まったのだから自業自得だ」「解放されるためのお金は税金だ。お前が払え」等々、自己責任論が渦巻いています。
身内や親しい友人ならば、「どれだけ心配かけたと思っているんだ」「お願いだから、もう危険な所へ行くのはやめてくれ」など、文句や懇願も出ることでしょう。けれど、安田さんに会ったことも話したこともない多くの人々が、「自己責任論」を投げつける現状に恐怖すら感じます。
思うのですが、ジャーナリストとは自己責任を感じながら勤まる仕事でしょうか。「このネタを取り上げたら、自分の命が(地位が、肩書きが)危ういことになる。どうせ自己責任を押し付けられるのならば取材することを、記事にすることをやめよう!」ということになるのではないでしょうか。
安田純平さんは、紛争地域での取材ゆえ、「行った人間が悪い」「捕まった人間が悪い」という自己責任論が噴出していますが、私たちが日頃見聞きする情報も、それを取材・報道する人のおかげで、私たちが知るところとなっています。ジャーナリストが、報道することと自己責任を天秤にかけ、自己責任を大事にしたならば、私たちは自分たちが住む地域の出来事、国のたくらみ、世界の動きを知ることができなくなります。或いは、私の苦しみを伝えてくれる人もいなくなってしまいます。
他者への自己責任の押しつけは、自分への不利益となって還ってきます。

さて、直接関わりのない第三者には厳しく自己責任を押し付けますが、身内には甘いようです。
「会社の小切手をなくしてしまった」「会社のお金を使い込んでしまった。○時までにお金を返さないと会社をクビになる」「彼女を妊娠させてしまった」等々、オレオレ詐欺の常套句ですが、そこで「あっそう、自己責任だから自分で何とかしなさい!」と言い放つことができれば、オレオレ詐欺の被害も少しは減っていることでしょう。
身内の危機には、なかなか自己責任は適用されないようです。

独生独死独去独来
他者に自己責任を押し付ける前に、考えてみたいことがあります。

『仏説無量寿経』というお経に、
独生(どくしょう)独死(どくし)独去(どっこ)独来(どくらい)
「人は、独り生まれ、独り死し、独り去って、独り来る」とあります。
人は、生まれるのもひとりならば、死ぬときもひとりである、と。
また、
身自當之(しんじとうし) 無有代者(むうたいしゃ)
「身、自らこれを当(う)くるに、有(たれ)も代わる者なし」ともあります。
我が身に起きることは、誰にも代わってもらうことはできない。すべて我が身で引き受けねばなりません、と。
生まれるのもひとり、死ぬのもひとり。我が身の人生は、私自身が生ききらねばならない。
お釈迦さまの言葉が、厳しく、あるいは淋しく聞こえるかもしれません。けれど、人間の、いのちを生きる者の真実の姿です。
誰もが皆、私を生きるという責任がある、と聞こえてきます。責任は、「とる」ものではなく「ある」ものといただいています。
「独生 独死 独去 独来」という言葉で言い表されている「独り」とは、個々のことでもあり、みんなのことでもあります。独りのことでありながら、みんなのこと。矛盾しているようで、矛盾していません。
このような「独り」の感覚は、「共に」生きているということを意識させます。

わかる ことは かわる こと
LGBTの方々への偏見や差別が甚だしい世の中です。同性愛や、自分の理解を超えた性の思考を認め難い人が多いのでしょう。
自分の思考とは合わない人や事柄を認めるということは難しいことです。けれど、認められないのは自分自身の問題であって、他者の責任ではありません。にもかかわらず、認められないことが他者への攻撃に向いてしまっています。「自己責任論」も、認められない他者への攻撃なのでしょう。
「多様性を認めよう」という言葉を耳にします。多様性を認め合うこと自体は素晴らしいことです。しかし、自分自身は何も変わらずに、「あぁ、そういう人も(そういう考え方も)あるんだね」と上っ面だけの理解を示すのか。それとも、自分自身の想いがひっくり返されるのか。多様性を認めるということは、私の懐が広いから為せることではなくて、私自身が変わってゆくことです。
『わかる ことは かわる こと』という、養老孟司先生と佐治晴夫先生の対談本があります。
ただ単に「知る」ということは知識に過ぎず、「わかる」ということは、自分自身や周りの人に変化(「かわる」)をもたらす、と。「わかる」ということは「かわる」ことであるというやりとりがあります。
自分が頷ける範囲で他者を認めるというのは、本当に認めていることにはなりません。他者を知り、自分自身の想いが「かわる」。変化をもたらされる。自分にとっての常識がひっくりかえされる! 「わかる」ということには、そんな「かわる」ということがあるものです。
他者を認める、多様性を認めるというときに、「自分が正しい」というところに固執していては、認めるということはありえません。他者を認めるとは、他者を見る目が変わるのではなく、私自身がかわることなのです。

   

掲示板の人形
11月恒例の親鸞聖人とお朋だち
鹿の人形は、10月に奈良に行ったときに買いました。
娘たちは、鹿せんべい欲しさに寄ってくる鹿に大興奮でした

Dsc_2272

より以前の記事一覧

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ