四季

2018年4月20日 (金)

いつも ここにある いのち

Dsc_1398

早いもので、4月も折り返してしまいました。暑くなったり、寒くなったり、着る物に困ってしまう気候ですね。体調も崩しやすいです。お元気でいらっしゃいますか?

4月19日(木) 西蓮寺永代経法要に向けた「おみがきの会」を開催しました。ご参加いただきました皆様、ありがとうございます。おかげさまで、綺麗になった本堂で永代経法要をお勤めすることが出来ます。
〔西蓮寺永代経法要 4月29日(日) 正午より 法話:白山勝久(西蓮寺副住職) ご参拝いただけます方は、コメント欄にメッセージをください〕

気候不順の折、今年は、桜の開花も早く、散るのも早かったですね。
桜だけではありません。山門入って右手の黄色い牡丹が咲いています。昨年は、まさに永代経法要に合わせて咲いたかのように、4月29日に満開だったのですが、10日以上も早くから咲いています。
境内のボタンも、シャクヤクも、ツツジも、ハナミズキも、みんな咲いてしまいました。かなり早い開花です。

Dsc_0718

花は、確かに咲いたときに、「ボタンが咲いた」「シャクヤクが咲いた」「ツツジが咲いた」「ハナミズキが咲いた」「サクラが咲いた」と、そこに花が、木があることを認識します。
けれど、考えてもみれば、そこに一年中いてくれるのですよね。
お寺に来てくれるダスキンさんが、「サクラが咲くと、あ、ここにもあそこにもサクラがあったんだ!って気付きますね。いっつも見てるのにhappy01」と仰っていました。
花が咲いたときだけでなく、いつもそこにいてくれる。それなのに、気付かない私。花が咲いていなくても、サクラはサクラ、ボタンはボタンです。そこにあることの感謝を忘れずに生きたいものです。

花だけでなく、新緑の候、青葉も目にまぶしいです。
葉は、花を引き立てて下さっています。ツツジの花の、さまざまな色、とても美しいです。でも、その美しさは、葉があってこそ引き立っています。
「おみがきの会」も終り、みんなでお座敷でお昼ご飯を食べているとき、中庭に咲くツツジを見ながら感じました。
あ、新緑って美しいな。そんな気付きをいただけるのも、永代経のご利益でしょうか。

開花が早いの遅いの、(お花見に合わせて)いつ咲いてくれだの、散るのが早くて残念だの、勝手なことばかりですね。
花びらは散っても、花は死なない。形は滅びても、人(いのち)は死なない。ですねheart01

2016年11月29日 (火)

東本願寺報恩講2016

2016年11月21日~28日 東本願寺報恩講が勤まりました。
報恩講に参詣すると、教えに出遇えてよかったnoteと思います。
「教え」といっても、本堂や講堂で聴聞するご法話のことだけでなく、そこにつどう人々との出会いも「教え」です。
今年も報恩講にお参りできてよかったです。
真宗門徒の一年は、報恩講に始まり、報恩講に終わる。親鸞聖人をご縁に、報恩講に参詣する。また一年がんばろう!!って思います。南無阿弥陀仏

Dsc_1462

Dsc_1451


Dsc_1452


Dsc_0880

2016年11月10日 (木)

冬の匂い

寒くなりましたね。
朝、外に出ると娘が「冬の匂いがするね」って言います。
「ん? 焼き芋? おでん?」と、お子さまな私が言うと、
「ちがうよぉ、秋田で雪が降るときにかいだ匂いがするの。冬だね^^」と娘は言いました。大人な娘でした。

2016年9月22日 (木)

豪雨

2016年9月22日(木)
秋のお彼岸のお中日ですが、大雨ですrain
西蓮寺は、山門入ってから、墓地の奥に行くにしたがって、かなり下っております。そのため、雨水が墓地の奥に流れ込み、水がたまってしまいます。排水溝を整備してあるのですが、大量に雨が降ると、排水も間に合いません。年に何度か、墓地の後2列ほどの敷石が埋まってしまいます。そのお墓にお参りの方には真に申し訳ありません。西蓮寺では、長靴を用意していますので、敷石が水没している際は、お声がけください。

1474507209701_2

Dsc_1327_2

2016年9月17日 (土)

2016年秋のお彼岸

2016年9月17日(土)
秋のお彼岸は19日からですが、
3連休スタートの今日から、お墓参りの方で賑わうことでしょう。
お参りの準備は万端。ご参詣お待ちしています。

1474068914567

1474068859642

1474068840861


2016年7月13日 (水)

お盆です

お盆です

お盆です

東京はお盆を迎えています。
お墓参りにみえた方のため、テントを張って準備完了
私は1日外参りに行ってきます

2016年4月 4日 (月)

烏山仏教会 花まつり2016

烏山仏教会 花まつり2016
2016年4月2日開催
 稚児行列 常栄寺→西蓮寺
 花まつり会場 西蓮寺(蓮心会館が完成した年に会場になって以来、20年ぶりの会場でした)

常栄寺さまにて
お稚児さん集合・お化粧・出発!!
白い象さんの前で記念撮影
Dscn2485

出発直前に子どもたちと
Dscn2491_2

行列の途中、しだれ桜がきれいな玄照寺さまに寄り道
P4020897

西蓮寺到着 本堂前で記念撮影
Dscn2512

本堂にて花まつり法要
P4020909

法要の後は、芸人さん達によるパフォーマンス
Dsc_0039

着ぐるみさんたちも花まつりを盛り上げてくれますhappy01
Dsc_0054

ちょっと談笑
P4020932

45度!!!!
Dsc_0060

設営・準備・片付け等々、会場になるということは大変なこともいっぱいですが、たくさんのお稚児さん(38名)や遊びに来た子どもたち、見学に来た皆さん、大勢の人で賑わう境内にワクワクしましたheart04 楽しい時間を過ごさせていただきました。私の降誕を祝っていただき感謝ですhappy01

2013年4月23日 (火)

永代経法要 おみがきの会 2013

2013年4月23日(火) 西蓮寺永代経法要に向けて おみがきの会
29日の永代経法要に向けて、おみがきの会を開催いたしました。
おみがきの会レギュラーメンバーの皆さん 揃って体調を崩されました。そのことを承知している総代さんが1人、「私1人ででも、西蓮寺さんのご本堂を綺麗にしますから」と、作業着に身を包んで来てくださいました。
じゃぁ、始めましょうかと、立ち上がったとき、コールリンデン(仏教讃歌を歌う会)の女性陣が集まってきてくださいました。「お手伝いにきました^^」
総代さんも、寺の人間もびっくり 一安心。初めての方もいらっしゃいましたが、仏具みがきだけでなく、本堂や廊下・窓・縁側など、掃除してくださいました。一時間足らずでやろうとしていたことがすべて済んでしまいました。
   
Dsc_0752
  
Dsc_0751
  
手を洗ってきて、イスをならべて、みんなでお勤め。それからお昼ご飯。楽しい昼食になりました。
 
Dsc_0756
   
「今回は、総代さんだけだし、時間がかかるかもね」「できることだけやろうよ」と坊守と話していたので、皆さんが集まってきてくださったときには、涙が出そうなほど嬉しかったです。ありがとうございます。
おみがきの会が済めば、永代経法要も報恩講も、ほとんど準備が終わったようなものです。もちろん、今日お集まりの皆さんもご参加されます。29日の永代経法要が楽しみです。

2013年4月21日 (日)

体調崩されませんように

2013年4月21日(日)
気温も寒く 冷たく激しい雨の降る4月下旬の日曜日
息も白く、雪snowが降った地域もあったそうな
出歩くにはつらい雨も、
張り替えて養生中の芝生には、恵の雨rain
 
人間は、自分の都合で 恨めしく思ったり、喜んだりするけれど(天気の話だけにあらず)、
自然は、すべて自然のままに存在する。まさに自然(じねん)。
自然の数に入りながら(一員でありながら)、そこから出よう出ようともがく人間。まさに不自然。
   
Dsc_0750

2013年4月 6日 (土)

烏山仏教会 花まつり2013

2013年4月6日(土) 烏山仏教会 花まつりが開催されました。
天気が心配される中、なんとか お釈迦さまのお誕生を、子どもたちとお祝いすることができました。

Dsc_0699_2
 
Dsc_0701
 
Dsc_0738


お稚児さんたちが、会場の幸龍寺本堂に入ってご法要の間、
次女は外でウサギさん パンダさん イヌさんに遊んでもらいました。ご満悦happy01
(長女はお稚児さんとして参加)

Dsc_0729
  
ウサギさん パンダさん イヌさん ありがとうございます。お疲れ様です。
Dsc_0741
おでんの屋台で吞んでるみたいで可笑しかったです。
甘茶を配っているテントです。

より以前の記事一覧

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ