« 2023年12月のことば | トップページ | 2024年1月のことば »

2023年12月31日 (日)

掲示板のことばアーカイブズ(47)

2023年(令和5年) 

1月〔№551/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」№293

 卯毛羊毛(うもうようもう)のさきにいるちりばかりもつくるつみの、
 宿業(しゅくごう)にあらずということなしとしるべし
                      親鸞聖人

2月〔№552/寺報№294〕

 有情(うじょう)の邪見(じゃけん)熾盛(しじょう)にて
 叢林棘刺(そうりんこくし)のごとくなり
              親鸞聖人「正像末和讃」

3月〔№553/寺報№295〕 

 人生は長さだけではない
 幅もあれば 深さもある
          金子大榮

4月〔№554/寺報№296〕

 明日ありと 思う心のあだ桜 夜半(よわ)に嵐の 吹かぬものかは
                            親鸞聖人

5月〔№555/寺報№297〕

 亡き人を案ずる私が
 亡き人から案ぜられている

6月〔№556/寺報№298〕

 人間
  ひととむまるるをいふ
  (人と生まるるをいう)
          親鸞聖人

7月〔№557/寺報№299〕

 新しいものも古いものも、一緒なんだよ。
 ずーっと一本でつながっているから
      柚木 沙弥郎(ゆのき・さみろう)

8月〔№558/寺報№300〕

 無明長夜(むみょうじょうや)の燈炬(とうこ)なり
 智眼(ちげん)くらしとかなしむな
             親鸞聖人「正像末和讃」

9月〔№559/寺報№301〕

 もし、親、祖先の合わせた手がなかったならば、 
  どうして私の手が合わされましょうか。
          正親 含英(おおぎ・がんえい)

10月〔№560/寺報№302〕

 人間の要請に応える宗教と
 人間そのものを明らかにする宗教との峻別が明瞭にならないと
 宗教が曖昧になる
                  廣瀬 杲(ひろせ・たかし)

11月〔№561/寺報№303〕

 報恩
  一生を尽くしても返せないほど
  大きな恩をいただいていることを報(し)る

12月〔№562/寺報№304〕

 人間は、
 自分の思い通りにならないといって悩み
 自分の思い通りにしようとして苦しむ

« 2023年12月のことば | トップページ | 2024年1月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年12月のことば | トップページ | 2024年1月のことば »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ