« 誰かと一緒に | トップページ | 丁寧だけど、雑だなって »

2023年1月18日 (水)

ドラマという現実世界

昨晩(2023117日)、TBS火曜ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」の放送が始まった。
主演の広瀬すずさんと永瀬廉さんは、朝からTBSの番組に出て番宣に大忙し。テレビをつけるたびに、ふたりの眩しい笑顔に出会える。おふたりの姿とドラマのシーンを見ていると、見たいなぁという気持ちになってくる。局の力の入れ具合が伝わってくる。
と書いたけれど、ドラマや映画に出演されている方々がテレビ局の番組に宣伝に出てきたり、場合によってはクイズに答えたり体を張った笑いを取りに行ったりするのを(させられるのを)見るのがあまり好きではない。ドラマは、フィクションかもしれない。でも、そのドラマ内の空間においては、現実であり事実である。そこで人間としての悩み苦しみを生きている人びとを演じている方が、こっちの世界の番組に出て宣伝する姿は、ドラマの世界観を崩壊させていることになるのではないか。などと思っている。多くの視聴者も、そんなことを考えているのではないか・・・かつて、そんな想いを妻に語ったら、「それは考えすぎでしょ。楽しんで見ている人、何も考えずに見ている人がほとんどだと思うよ。私も、そんなに気にならないし」との返事。そんなもんなんだ、と思った。

結局、ドラマが始まる時間には風呂に入っていた。風呂から出ると、テレビの音が聞こえる。あ、妻は「夕暮れに、手をつなぐ」見てるんだ(^-^)と思いつつリビングに戻ると、NHKドラマ10「大奥」を見ていた。私の顔を見るなり、「斉藤由貴の春日局、最高だよ!!」と、目をキラキラさせている。つい、最後まで見てしまった。
「夕暮れに、手をつなぐ」は、再放送で見られるかな。すずさん、廉さん、ごめんなさい。

« 誰かと一緒に | トップページ | 丁寧だけど、雑だなって »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰かと一緒に | トップページ | 丁寧だけど、雑だなって »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ