« あきない君に おもいが積もる | トップページ | 善知識にあうこと かたし »

2022年1月23日 (日)

貴方のお名前は。

(思いがけず昨日の投稿の続き)
一昨日の晩の寝る前のほうじ茶が美味しかったので、また昨晩も。「ほうじ茶飲む人~」と声をかけると、みんな「飲む~」の声。ティーバッグをふたつ取り出して急須に入れて、お湯を注いで、お茶が出るのを待っている間にまたティーバッグの袋に印刷された新俳句を読む。

 口下手な 貴方がくれた 蓮華草
 (第14回 都道府県賞 当時34歳の方の作品)

 其のままの 貴方が好きと 毛糸編む
 (第22回 都道府県賞 当時76歳の方の作品)

 一昨日の2作品は、16歳と15歳の方の作品。淡い瑞々しい恋心が「君」という語に溢れていました。昨日は、34歳と76歳の方の作品。しっとりとした感謝にも似た気持ちが「貴方」からにじみ出ています。たまたま手にしたティーバッグから、4人のお気持ちに触れることができました。

若い頃、気になる人の仕草や言動に心惹かれ、心惑わされ、私から見た「君」の姿に想いを寄せる。「君」に恋心を抱く私のこと。
年を重ね、ある人の人柄や態度が私のこころに刷り残り、思い出と共に「貴方」を想う。私のなかの「貴方」のこと。
「君」から「貴方」へと変わった頃の、自身をたどる🍵

« あきない君に おもいが積もる | トップページ | 善知識にあうこと かたし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あきない君に おもいが積もる | トップページ | 善知識にあうこと かたし »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ