« 喜 | トップページ | 公平性・公正性・透明性 »

2022年1月14日 (金)

東京も寒さ厳しくなり、日の出前に玄関を出ると霜が降り、蹲(つくばい)に氷が張っている。吐く息も白い。
サクッサクッサクッ。霜を踏みながら駐車場に向かい、扉(スライドゲート)を開ける。 フンッ‼ どんなに踏ん張ってもゲートが動かない。レール部分を見ると、レールに溜まった水が凍り付いている。こうなると、日が昇って氷が溶け始めるまで動かない。朝、扉が開いていなかったら、凍っちゃったんだなと思ってください(^^)
墓地を歩いていると、澄んだ空気に微かな音が聞こえてくる。…ピシッ…ピシッ…
何の音だろう。どこから聞こえる音だろう。耳を澄ますと、お墓の花立てのなかから音が聞こえてくる。花立ての中の水が氷る音だった。
墓地横の団地が朝日に照らされるころ、霜も溶け始め、霜を踏むと靴がドロドロになる。氷も溶けはじめる。ピシッピシッという音は聞こえなくなる。駐車場のゲートがガラガラッと動き出す。
一日が始まる。

« 喜 | トップページ | 公平性・公正性・透明性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 喜 | トップページ | 公平性・公正性・透明性 »

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ