« 希望(希薄な望み) | トップページ | テレビ番組やコマーシャルは、世相を表わしている »

2021年3月19日 (金)

「容姿侮辱」の見出しで、オリンピック・パラリンピックに関わる人のLINEへの投稿が紙面を賑わしている。

投稿主を擁護するつもりは毛頭ないけれど、私の世代(50歳前後)は、容姿で笑いをとるネタを何の違和感もなく見て笑ってはいなかっただろうか。

だから、そういう思想が根付いて、何が問題なのかをきちんと理解しなければ、自分だって何を言いだすか分からない。

そういう世代だと感じる。

世代で一括りにするつもりもないし、時代のせいにするつもりもない。

ただ、一人をつるし上げて「けしからん」「傷つく人がいる」「価値観が時代遅れ」などと罵っても、根本的な解決にはならない。

投稿者と同世代の人たちは同じ時代を生きてきたわけで、笑いのネタにしろ涙を誘うドラマにしろ、価値観や興味を惹かれるものは似ている。

当然、その時代(とき)に「それはおかしいよ」と抗ってきた人たちもいるはずだけれど、大きな波というものが世を覆い尽くす。

だから、投稿主が手掛けてきたCMなどは、人気があって長続きしているものが多い。

それは、価値観が似ている人、共鳴・共感する人が多くいる世代ということもあるのではないだろうか。

つまり、特定の誰かさんだけの問題ではなく、多くの人に刷り込まれている思想である。

そのことを認識しなければいけない。

でなければ、今多くの人が笑っているネタも、数年後には人を傷つける事柄となるかもしれない。

そして、その頃を生きる人びとに言われるのだ。

「あなたの価値観は時代遅れだ」と。

« 希望(希薄な望み) | トップページ | テレビ番組やコマーシャルは、世相を表わしている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 希望(希薄な望み) | トップページ | テレビ番組やコマーシャルは、世相を表わしている »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ