« お目にかかれて光栄です(‐人‐) | トップページ | あなたの未来は縛れない »

2021年3月24日 (水)

番付

NHK大河ドラマ「青天を衝け」にて

若き渋沢栄一が藍の商いをするなかで、藍農家を招いて宴を催す際、年長の者を上座に座らせるのではなく、その年一番の質の藍を育てた若者を上座に座らせた。

反発を招いた座配だったが、「みんなで高め合って、村の藍(武州藍)を日本一の藍にしよう!」と呼びかける栄一の熱意に刺激され、一番の藍を育てた若者に長老が「どうしたら、そんな良い藍が育つのか?」と尋ねるなど、宴は情報交換の場となり、「来年は俺が一番だ!」と藍農家の人びとの競争心を駆り立てることとなった。

そのシーンで、一番の品質の藍を育てた若者が座らされた座には「大関」と番付が書かれていた。

一番なら「横綱」じゃないの?と思った人もいるかもしれない。

けれど、他にかなう者がいないほど強い力士の番付(最高位)は「大関」だった。

だから「大関」には“最高”の意味が含まれている。

そんな「大関」のなかでも、更にむかうところ敵なしの力士が表われた。

そこで、「大関」のさらに上を行く番付として「横綱」が生まれた。

そう考えると、「横綱」の強さや品位とは、本来表われる者がいないほどのもの。

「横綱」空位でも、まったく不思議なことじゃないということ。

横綱 鶴竜関が引退を決意したとのこと。

ながいことお疲れさまでした。

「横綱」晩年は、結局休場続きのままで批判を浴びるなかでの引退となった。

けれど、「横綱」の名にかなわない力士ではなかったと思う。

怪我さえなければ、などということを言いだすとキリがないのだけれど、万全の状態で取り組みを続けることの難しさ大変さを思う。

« お目にかかれて光栄です(‐人‐) | トップページ | あなたの未来は縛れない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お目にかかれて光栄です(‐人‐) | トップページ | あなたの未来は縛れない »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ