« 倶会一処(くえいっしょ) | トップページ | 鏡 »

2021年3月18日 (木)

希望(希薄な望み)

夕刻、テレビのニュース番組で、

「暗いニュースが多いので、希望を持てる話題を・・・」

ということで、国際宇宙ステーション “きぼう” が、今晩7時30分過ぎに日本上空を通過する旨伝えていました。

子どもたち大騒ぎ。

ということで、東京上空通過予定時間の午後7時42分のちょっと前から外に出て、西の空を眺めていました。

結果的に見ることは出来たのですが、

そもそも、どのような見え方で上空を通過するのかわからないので、

「え! あれ?」

「あれ?って、どれ?」

「いや、あれでしょ?」

「いや、あれは飛行機でしょ!!」

「あっちだよ!」

「そっち、東だよ!」

なんてやりとりを続けていました。

目に見えて移動している明るい点が “きぼう” だろうと、高ををくくっていたのですが、

5分ほど空を眺めていて思ったのですが、

飛行機がやたらと飛んでいることに驚きました。

しかも、雲も流れていたので、星も動いているように錯覚して見えて、

空中をいろんな点が移ろうて見えました。

たぶん、動画に収めたものが “きぼう” だと思うのですが、

久しぶりに集中して空を眺めていて、空中の状況も変わっていることをあらためて感じました。

詳しい事情や現状を知らないのですが、昼間に世田谷区上空を、航空機や自衛隊ヘリ(と思ったら米軍機?)やセスナ機が飛ぶ頻度が増えています。

胴体がハッキリ見える時もあるし、

このお彼岸に、門徒さんとの会話が打ち消されるほどの爆音でヘリが3機編隊を組んで飛んでいきました。

昼間だけでなく、夜間もいろいろ飛んでいるようです。

“きぼう” よりも現実が見えた夜でした。

« 倶会一処(くえいっしょ) | トップページ | 鏡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 倶会一処(くえいっしょ) | トップページ | 鏡 »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ