« 責める者と、どうしてなり得るのか。 | トップページ | 私から念仏の声が出るということは、すべての人から出るということ »

2021年2月19日 (金)

よくみると「寺」がある!

車で移動中、赤信号で停車。

ふと横を見ると薬局が。

薬局の前に「痔」ののぼりが。

ジッと見ながら、「“痔”って、寺に病垂れ(やまいだれ)なんだなぁ。なんでだろう? 正座や座禅をしてたら痔になるから? いやいや、ならないから」なんて思いながら青信号を待つ。

「寺」は「じ」と読むので、「痔(じ)」の音を充てて「寺」を用いた。病気ゆえに、「寺」に病垂れをかぶせて「痔」としたようです。誰が⁉

 ☆

娘の小学校の宿題 漢字の書き取り。

「パパ、出来たよ」(^-^)

というのでノートを見たら「等」の字。

ノートを見ながら、「“等”って、寺に竹冠なんだなぁ。なんでだろう? 境内に竹がいっぱいあるから? いやいや、無いお寺もあるし、そもそも「等しい」ことの説明になってないから」なんて思いながら、ノートに〇を書いてあげる。よくできました。

「等」の竹冠は、竹製の紙を表わす。昔は、植物を乾かしたものに字を書いていたからね。

その竹製の紙を整然と整えるところから「等しい」ということへ派生したらしい。

「寺」は、「痔」同様に「じ」という音を充てたもの。

書類を整えることを「し」と言ったらしい(本当のところは確認できませんでした)。

竹製の書類をきちんと整えることを表わしているのが、そもそもの「等」だそうです。

 ☆

「痔」も「等」も、「じ」という音に対して「寺」の字を当てただけなので、寺院としての「寺」の意味はないようです。

なぁんだ、ってお話です (^-^)

« 責める者と、どうしてなり得るのか。 | トップページ | 私から念仏の声が出るということは、すべての人から出るということ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 責める者と、どうしてなり得るのか。 | トップページ | 私から念仏の声が出るということは、すべての人から出るということ »

フォト
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ