« 生物季節観測 | トップページ | 自分との談合 »

2020年11月16日 (月)

実際に接する機会があるかないかで、人と人との間柄は変わってゆく

今日 七回忌のご法事をお勤めしたお家。

お施主さんは、亡き方の息子さん。

お顔立ちが亡くなられたお父様にそっくりなので、お目にかかる度に、お父様のことが思い起こされます。

もう七回忌・・・

 ☆

ちょうど一年前、西蓮寺にてご門徒の通夜葬儀がありました。

手帳を見ていて、「そういえば、この報恩講の時期に亡くなられたんだったなぁ」と思い返していました。

もう一年経つんだなぁ・・・

1998年 ご本山(東本願寺)において蓮如上人の500回御遠忌が勤まりました。

その際、東京5組(20ヵ寺のグループ)で団体参拝を組んで、門徒さんと共にご本山にお参りしました。

西蓮寺からの参加は 17名。

蓮如上人の御遠忌から22年が経ちました。

諸行無常のいのちを生きています。

一緒にご本山にお参りし、2泊3日の寝食を共にし、吉崎別院をお参りした門徒さんたちも、ひとり、またひとりと還浄されていきます。

今日七回忌をお勤めした方とも、一年前にご葬儀をお勤めした方とも、その団体参拝で一緒にご本山にお参りしました。

団体参拝で一緒に旅行することでもなければ、あんなに話して、あんなに呑んで、一緒に温泉入って、同じ部屋でみんなで寝て(8人部屋だったかな)なんてこと ありませんでした。

だから、団体参拝以降、参加した方々との距離が近づきました。

1998年の蓮如上人の御遠忌 2011年の親鸞聖人の御遠忌

共に東京5組として250人規模の団体参拝でした。

他のお寺の門徒さんとも仲良くなり、法要は、人と人とを結ぶものなのだと感じました。

別離(わかれ)が淋しいことに違いありませんが、あのときの笑顔、あのときの姿、と思い返せるものがあることって、その人との間に築いた財産なのだと思います。

ありがとうございます

南無阿弥陀仏

« 生物季節観測 | トップページ | 自分との談合 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生物季節観測 | トップページ | 自分との談合 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ