« 門首継承式 | トップページ | 小さな人の宝物 »

2020年11月21日 (土)

ご本山 報恩講 2020

2020年11月21日(土) 本日より真宗本廟において報恩講がお勤めされています。

寺での法務を終え、午後2時からの御正忌報恩講 初逮夜のお勤めを、ライブ配信で参拝しました。

京都に行くこと叶わぬなか、寺にいながらご本山の法要をお参り出来て、有り難いことです(‐人‐)

数年前から法要・法話の配信はされていましたが、今年は配信状況がより充実しているように感じます。

(毎年ご本山にお参りしているので、ここ数年の配信状況をそれほど把握していないのですが)

やはり、このコロナ禍にあって、配信する側も 見る側も 機材や環境が多少は充実したことが大きいですね。

けれど、報恩講をはじめ ご本山の法要・法話を配信することには、当初は(以前は)反対意見もあったと聞きます。

 ・法要・法話は、生で聞くものである。

 ・配信してしまったら、京都まで(ご本山まで)来なくなる人が増えてしまう。

 ・ご本山にお参りしてもらいたい。

私も、ご本山の空気にふれることによって得るものがあると感じているので、一人でも多くの門徒さんに、ご本山にお参りしていただきたいと願っています(報恩講に限らず)。

けれど、その願いは別にして、このような状況・環境下にあって、ご本山の様子をネット配信で世界中の人々が拝聴できるということは、勝縁(有り得ないことが起こっているご縁)です。

「ご本山の報恩講は、このようにしてお勤めされているんだ」ということを感じていただけたらと思います。

配信は、決して本山との距離を開いてしまうものではないと思います。

 ・お参りしたい方はお参りするし、

 ・京都に行ってまでお参りするつもりのない方は お参りするご縁がないし、

 ・本当はお参りしたいのに 事情があってお参りできない人もたくさんいます。

「おいでおいで」ではなくて、「あなたのことを待っています」(「来てほしい」という意味ではなくて、「あなたを待っている人・場所・はたらき、つまり、あなたの居場所がありますよ」という意味です)というメッセージを発することが、法要にしろ、法話にしろ、それらの配信にしろ、親鸞聖人の教えに出会わせていただいた僧侶の勤めなのだと思います。

南無阿弥陀仏

« 門首継承式 | トップページ | 小さな人の宝物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 門首継承式 | トップページ | 小さな人の宝物 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ