« 「諸行無常」と打とうとしたら「諸業務上」と出てきました。それもまた間違ってはいないような(^∀^) | トップページ | つれづれなるままに、ぢっと手を見る。 »

2020年11月13日 (金)

生まれ、生きる

今日(2020年11月13日)は、真宗会館で開催された「真宗門徒秋のつどい」へ。

講師は 今泉温資先生

講題は「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」(慶讃法要のテーマ)

 ☆

善導大師の「両重の因縁」のお話をしてくださいました。

私が生まれてくるためには、父と母の縁があるのは当然のことですが、それと共に私自身の「生まれたい」という願いもあるのです、というお話。

〇「生まれたい」という自らの業識という因

〇父と母の精血という縁

その両方の因縁が重なり、私は生まれてきました。人と生まれるということは、その因縁があってのことなのです。

「子どもを作る」とか、“作る”という表現を現代ではするけれど、「さずかりたるいのち」なんです。

“いのち”を、「さずかりたるいのち」としていただくと、視点も変わってきます。

というお話をお聞かせいただきました(私の記憶のままに書いています)。

※「両重の因縁」については、5月16日の投稿(中村薫先生を偲んで)に詳しく書いていますので、そちらもお読みいただければ嬉しいです。「両重の因縁」のお話は、私にとってとても大切な学びです。

 ☆

先生の控室を訪ねたら、

(先生)「講題が “南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう” だから、テーマ委員だった白山さんがお話されればいいのに。私がお話してしまい、申し訳ありません」

と、謝られてしまいました(^-^)

慶讃法要テーマの発表以降、テーマを受けとめた方の声をお聞かせいただく機会がなかったので、先生の受けとめをお聞きすることが出来て、とてもよかったです。

また、

(先生)「“南無阿弥陀仏”をテーマの頭に掲げてくださったことが、何よりも良かった、嬉しかった」

と言っていただきました。私も嬉しく思います。

(私)「テーマに “南無阿弥陀仏” と掲げたら、真宗の教えにふれた人に対象が限定されるのではないだろうか?という懸念もありましたが、“南無阿弥陀仏”は生きとし生けるものすべてにひらかれた言葉であるのだから、だからこそ“南無阿弥陀仏”を堂々と出そう‼ということになりました」

と、テーマの背景をお伝えしました。

先生、本日は新潟からお越しいただき、ありがとうございました。またお目にかかりましょう(^-^)

« 「諸行無常」と打とうとしたら「諸業務上」と出てきました。それもまた間違ってはいないような(^∀^) | トップページ | つれづれなるままに、ぢっと手を見る。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「諸行無常」と打とうとしたら「諸業務上」と出てきました。それもまた間違ってはいないような(^∀^) | トップページ | つれづれなるままに、ぢっと手を見る。 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ