« 人文知 | トップページ | いのちのあらんかぎりは、称名念仏すべきものなり »

2020年11月28日 (土)

伝統(伝承)と己証

2020年11月28日 親鸞聖人のご命日をお迎えしました。

本堂にて報恩講のお勤めをしました。南無阿弥陀仏

ご本山 東本願寺では、11月21日~28日に報恩講がお勤めされています。

今日28日は「坂東曲(ばんどうぶし)」が勤められました。

このコロナ禍、ご本山の報恩講がお勤めされるのか、されるとしてもどのような対応で勤められるのか。

選択肢としては、一般参拝を受け付けずにお勤めをしたり、まったくお勤めをしないということも考えられるでしょう。

結果、感染症対策をしたうえで、報恩講がお勤めされました。本日の坂東曲も含めて。

現場の方々のご苦労に感謝申し上げます。

さて、そこまでしてお勤めしなければならないの?とお感じになる方もいるかもしれません。

「報恩講」は、親鸞聖人のご命日をご縁とした法要です。法要がお勤めされてきた、その伝統(伝承)です。

けれど、伝統だけでは、そのうち恩徳や目的や意思が薄らいでいきます。

どうして続けてきたんだろう? どうして続けねばならないのだろう? そもそもこれは何なんだろう? と。

「報恩講」は、親鸞聖人の説かれた「南無阿弥陀仏」の念仏の教え。その教えを聞いた人びと、それぞれの人の身に於いて「念仏を大切にします」「阿弥陀をよりどころとしてまいります」という思いが形となったものです。

その思いを己証(こしょう)と言います。「己の身における念仏の証(あかし)」です。

教えに出会い、念仏を称える身となる、阿弥陀をよりどころとした生活をする、親鸞聖人の教えを聞き続けるという姿が己証です。

己証がやがて 法座・法要となり、毎年の報恩講となり、そこで教えが受け継がれ、教えに出会う人が表われる。そういう伝統(伝承)が、報恩講にはあります。

己証だけでは、一人の満足で終わり、伝統とはならなかった。

伝統だけでは、そこに己証がなけば、やがて形骸化する。報恩講がお勤めされることも、既に終わっていたかもしれない。

けれど、現代(いま)、ここに、人々と共に念仏が報恩講がある。

己証と伝統(伝承)が生きてある証拠です。

「伝統」は、ある営みや物事が大切だから「伝統」になったのではありません。

ある営みや物事、教えや教えに出会った人に会うことによって、生きていくうえで宗(むね)とするものを見つけた人がいる。

その人と人とのつながりが、やがて「伝統」となりました。

「伝統」の背景には、ひとり一人の「己証」があります。

己証があって伝統(伝承)となり、伝承あるからこそ己証が芽生えてくる。

ただ、「真宗の行事だから」というだけの意識だったら、「報恩講」に意味はなく、続いてはいない。

「報恩講」が、こんにちまで続いてきたのは、そこに己証があるから。

その伝統と己証に耳を澄ませることが、次の伝統と己証を生む。

南無阿弥陀仏

« 人文知 | トップページ | いのちのあらんかぎりは、称名念仏すべきものなり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人文知 | トップページ | いのちのあらんかぎりは、称名念仏すべきものなり »

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ