« 言っていることの片鱗でも見せてほしい | トップページ | 子どもに注意することって、だいたい自分もやってたんだよね »

2020年11月24日 (火)

生まれてきてくれてありがとう

今日、娘たちの通う小学校の、2年生のみんながお寺に遊びに来てくれました。

コロナ禍にあって、バスや電車に乗っての遠足は見送らざるを得ませんでした。

そのようななか、小学校の先生たちは、遠足だけでなく できるだけすべての行事を実施しようと努めてくださっています。

過日、2学年の先生方が訪ねて来られ、「遠足として西蓮寺さんの見学をさせていただけませんか?」と相談を受けました。

お寺としては大歓迎です。「ぜひ ぜひ!」です。

というわけで、2年生のみんながお寺に来てくれる日をお迎えしました。

今までにも小学生たちがお寺に来てくれたことはありますが、そのときは学年全員(100余名)が本堂に入り(まさに“一堂に会し”)、手を合わせてから、お話したり、質問を受け付けたりしました。

けれど、密を避けなければならないご時世、3クラスあるのでローテーションを組みました。

本堂班 お座敷班 お庭班

本堂班は私がお話して、お座敷班は坊守がお話して、お庭班は自由に走り回ってもらっていました (^-^)

本堂班が終わったら、ローテーションで入れ替わり・・・

 ☆

2年生のみんなに、“自己肯定感を感じてほしい”(今日のテーマ)と願い、言葉を書いてお待ちしていました。

本堂前の言葉は「生まれてきてくれてありがとう

Dsc_5518

生きていると、楽しいこともあれば悲しいこともあるけれど、生まれてこなければよかったいのち、いじめられていい いのちなんて 無い。

私たちが、「お母さん」「お父さん」「先生」「阿弥陀さま(南無阿弥陀仏)」とか呼べるのは、私のことを大切にしてくれる人の温かい思いが届いているからだよ。

「生まれてきてくれてありがとう」「一緒にいてくれてありがとう」という想いが、私に届いているからね。

というお話をしました。

また、本堂内には、煉獄さん(煉獄杏寿郎『鬼滅の刃』より)のメッセージ「俺は信じる 君たちを信じる」を掲げました。

Dsc_5519

みんな、本堂に入るなり煉獄さんのメッセージが目に入ったようです。

煉獄さんが炭次郎たちのことを信じて大事にしたように、私たちも信じ守られています。

“信じる”は、“大切にする”ってことです。

みんな、大切な ひとりひとりです。

生まれてきてくれてありがとう 今日はお寺に来てくれてありがとう。

というお話をして、それから質問を受け付けました。

いつものことですが、大人の想像を超えた質問が飛んでくるので、面白い(とても温かい)です。

質問コーナーを終えたら本堂内見学の時間。

煉獄さんの言葉に興味を示す子が多いなか、道綽大師の言葉「前に生まれん者は後を導き、後に生まれん者は前を訪え」をジッと見ている子がいました。

心に響いたのかな💖

人それぞれ興味関心を示すところが違って、いつも発見をいただいています。

 Dsc_5520

この後、西蓮寺を出発して、寺町通りを散策して、広い公園でお弁当だったそうです。

雨が降りそうだったけど、なんとかもったかな。

今日はとても楽しかったです。

ありがとうございました。

また会いましょうね (*^-^*)

 ☆

「自己肯定感」「生まれてきてよかった」というようなお話をすると、大人の方には嫌悪感を持たれることがあります。
「こんな人生、どうして生まれてきてよかったと言えるんだ!?」と。
そう言われることを否定はしません。その方にすれば、心底そう思って発する言葉だから。
ただ、私が仏教にふれているうちに 私のなかに根付いた教えのひとつに「私は、自分で生まれたくて生まれてきた」というものがあります。
その話をすると、「そんなバカなことがあるか!」とお叱りを受けるのですが、私は心底そう思って話しているのですから思いは覆りません。
現在の境遇はどうあれ、「自分で生まれたくて生まれてきた」という想いが根付いてから、“言い訳できないなにかがある” “自分で生まれたいと思っても、外的要因(縁)がなければ生まれることはかなわない” “自分の思い(内的なもの)に対して阿弥陀の願い(外的なもの)がなければ、私は生きていられるはずがない” と、そういう意味での「自己肯定感」があります。
といった難しい話は、自分の人生において仏教にふれて感じられることなので、そこまでのことは言いませんが、
でも、現在の境遇はどうあれ、“わたし”を生かすはたらきは、必ずある! そのことを、今日は伝えたかったのです。
南無阿弥陀仏

« 言っていることの片鱗でも見せてほしい | トップページ | 子どもに注意することって、だいたい自分もやってたんだよね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言っていることの片鱗でも見せてほしい | トップページ | 子どもに注意することって、だいたい自分もやってたんだよね »

フォト
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ