« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑧ | トップページ | 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑩ »

2020年9月17日 (木)

「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑨

生きる喜びってなんだろう?
どうして生まれてきたんだろう?
なんのために生まれてきたんだろう?
生まれた意味はなんだろう?

そのようなことを問うとき、個人的な「生きる喜び」や「生まれた意味」を想うのではないだろうか。
けれど、人と生まれるということは、「人間」を生きる、つまり関係を生きることであると、親鸞聖人は確かめられています。その教えに聞くならば、「生きる喜び」や「生まれた意味」は、他者との関係性の見いだしていくものです。
関係性を生きるということは、助け合えるということもあれば、傷つけ合うということもある。傷つけ合うことのない、悲しみのない世の中を願いますが、それは、関係性を生きていること、人間を生きていることから目を背けることにもなります。
人と人との関係だけならば、人は、生きていけません。人と人とが傷つけ合う悲しみに押しつぶされてしまいます。
けれど、阿弥陀がいます。他者(あなた)がいて、わたしがいて、そして、私たちひとり一人に「南無阿弥陀仏」と呼びかける阿弥陀がいます。
阿弥陀の呼び声によって、関係性を生きるゆえに喜びも悲しみも生じさせながら生きている私たちのすがた、「人間であることの悲しみ」が見えてきます。
「人間であることの悲しみ」って何だろう。
人として生まれたことの意味ってなんだろう。

人と生まれたことの意味をたずねながら、わたしは生きています。

« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑧ | トップページ | 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑩ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑧ | トップページ | 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑩ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

西蓮寺ホームページ

無料ブログはココログ