« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想③ | トップページ | 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想➄ »

2020年9月10日 (木)

「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想④

インドやネパールに行くと、現地の人は「ナマステ」と挨拶をしてくれる。

「ナマステ」は、単なる挨拶の言葉ではなくて、

 「あなたに会えてよかった」

 「あなたのことを大切にします」

というような意味が、想いが込められている言葉。

現地の人は、初めて会い、今後会うこともないであろう旅行者にも、「ナマステ」と声をかけてくれる。

 「あなたに出会うために、私は生まれてきました」

 「あなたのことを大切にします」

「ナマステ」と口にしながら、そのような想いが込められている。

南無阿弥陀仏の「南無」は、「ナマステ」の音写。

縦の糸と 横の糸の交差する一点を、生きる私

人と人とは、つながりながら、影響し合いながら生きている。

 自分にとって、良いこともあれば、悪いこともある。

 自分にとって、良いことばかりでなければ、悪いことばかりでもない。

 自分では気づかないうちに、他者(ひと)のためになっている。

 自分ではまったくそんな気がなくても、他者を傷つけている。

嬉しい出会いも、悲しい出来事も、楽しい活動も、つらい事柄も、

それらすべてが混在している悲喜こもごもの人生を、私は生きている。

 「このようなときだからこそ、出会える人や、今までにはない気づきがある」

 「私の生きているこの人生を、大切に見つめてゆきます」

「南無 阿弥陀仏」に込められている想いを、大切にしてゆきます。

« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想③ | トップページ | 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想➄ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想③ | トップページ | 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想➄ »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

西蓮寺ホームページ

無料ブログはココログ