« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑨ | トップページ | 他者の悲しみを自分のこととして受け止めるということは、他者の悲しみを本当には自分のこととして悲しむことができない・・・ということを知ること。 »

2020年9月18日 (金)

「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑩

わたしは、自力を尽くして生きる生き方しかできません。いつまで経っても、生涯を通して、自力を生きることしかできません。真宗の教えを聞いて、自力の生き方から他力(阿弥陀さまの大慈悲心)の生き方へ転換するのではありません。

私が自力を尽くせる背景には、無数のいのちがあります。無数のいのち、縦糸と横糸が絡み合う縁が縁を呼び、その縁に出会って、私は自力を尽くして生きています。「自分の意思・努力・頑張り」と思い込んでいる自力には、私の思いを超えた、はかり知れない縁があります。つまり、自力と共に他力があります。他力もまた、自力を尽くしている衆生がいるからこそ、他力たり得ているのです。他力と自力は、不離の関係にあります。

「南無阿弥陀仏」は阿弥陀さまからいただいた念仏。他力です。

「人と生まれたことの意味をたずねていこう」とする生き方は、つまり自力です。

「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」というテーマには、他力と共にある自力 自力と共にある他力が表現されています。

« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑨ | トップページ | 他者の悲しみを自分のこととして受け止めるということは、他者の悲しみを本当には自分のこととして悲しむことができない・・・ということを知ること。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう」随想⑨ | トップページ | 他者の悲しみを自分のこととして受け止めるということは、他者の悲しみを本当には自分のこととして悲しむことができない・・・ということを知ること。 »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

西蓮寺ホームページ

無料ブログはココログ