« いま、ここ、わたし | トップページ | かなかなかなかなかなかなかなかな »

2020年8月13日 (木)

夏、お盆

2020年8月13日(木) 8月盆入りの日 今日も暑かったですね💦

東京は、7月盆のお勤めが一般的ですが、全国的には“お盆”というと8月のイメージがあるのではないでしょうか。

西蓮寺でも、8月盆にお墓参りに見える方も多くいらっしゃるので、準備をしています。

今朝も、西蓮寺にお墓のある門徒さんたちが、お参りに見えました。

南無阿弥陀仏

 ☆

その中でおひとり、初めてお目にかかる方がいました。

お話を伺うと、

田舎が〇〇で、菩提寺もお墓も そちらにあるんです。今年はコロナの影響を考えて帰省をやめました。でも、今日はお盆の入りの日だから、お参りをしたくて、お迎えをしたくて。どうしたら、いいですか?

とのことでした。

そのお話をお伺いして、

「あ、そうか! 帰省を控えるということは、お墓参りができないということなんだ。この方と同様に、お参りしたいけどできない方もいるんだ」と思いました。
(その方のお話を伺うまで、そんな当然のことに思いが至りませんでした。申し訳ないことです)

せっかく 訪ねてきてくださったのですから、本堂にあがりませんか?」とお誘いしました。

本堂の阿弥陀さまの前で、お焼香の準備を整えて、「どうぞお参りください」とすすめました。

お焼香して、合掌して目を閉じて、ゆっくりとお参りして・・・

ありがとうございます。お迎えが出来ました」と言って、少し言いにくそうに

あの、16日の朝もお参りさせてもらっていいですか? お送りしたくて」とおっしゃるので、

えぇ、どうぞお参りください」と応えました (^-^)

 ☆

真宗では、迎え火 送り火の習慣はありません。

でも、この夏の暑い盛りの時期にお墓に出かけ、汗をかきながらお墓の掃除をして、お花とお線香をあげて、手を合わせて、先往く人と向き合う。大切な意味があるんだなぁと思います。

お盆という宗教行事は、人間が本能的に動く習慣であり、先往く人との接点となる季節(とき)なのだと感じます。

その方の宗旨はお尋ねしませんでしたが、毎年8月13日にお墓に行ってお参りをし、16日の朝にまたお墓に行ってお別れをされているのでしょうね。

今年お参りできなかったら、きっと、ずっと気になったことと思います。

例年同様、先往く方をお迎えすることができてよかったです。そのご縁の一助になれてよかったです。

暑い日が続きます。

皆様、おからだお大事に(‐人‐)

南無阿弥陀仏

« いま、ここ、わたし | トップページ | かなかなかなかなかなかなかなかな »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いま、ここ、わたし | トップページ | かなかなかなかなかなかなかなかな »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

西蓮寺ホームページ

無料ブログはココログ