« どんなときも 迷い探し続ける日々が 答えになること 僕は知っているから | トップページ | 人間はおるか »

2020年7月24日 (金)

一昨日は、著名な方が自死した際の報道、そして私たちの受けとめについて

昨日は、覚せい剤取締法違反などの罪で公判が開かれた槇原敬之さんについての報道、そして私たちの受けとめについて書きました。

報道の仕方についてを問うたわけではありません。

このコロナ禍、新型コロナウイルスに罹患した方や医療従事者とそのご家族などに向けての、差別的な言動が目立つようになったと感じています。

差別の歴史は、人類の歴史と共にあるわけですから、新型コロナウイルスがきっかけなわけではありませんが、それにしても、人が人を裁く、断罪する、貶めるということを肌身で感じています。

このコロナ禍における、著名な方の自死には、ネット上での誹謗中傷が背景にあると言われています。

他者への差別、バッシング、誹謗中傷、それ必要なこと? どうしてあなたがするの? 筋も道理も通らなくない?と感じます。

(筋や道理が通れば誹謗中傷が許されると言っているわけではありません)

そのようなことを肌感覚で感じている時に、

東京都知事選後、山本太郎氏が代表をつとめるれいわ新選組で騒動がありました。

れいわ新選組の大西つねき氏の、自身の動画サイトでの発言が発端となった。

「どこまでその高齢者をちょっとでも長生きさせるために子どもを、若者たちの時間を使うのかということは真剣に議論する必要があると思います。」「こういう話、たぶん政治家は怖くてできないと思うんですよ」「命の選別するのかとか言われるでしょう。命、選別しないとだめだと思いますよ。ハッキリ言いますけど。なんでかと言いますと、その選択が政治なんですよ。選択しないでみんなにいいこと言っても、たぶんそれ現実問題として無理なんですよ。そういったことも含めて順番として、その選択するんであれば、もちろん高齢の方から逝ってもらうしかないです」

大西氏は、いのちの選別を公言した。

以前から日本の少子高齢化が言われ続け、政治家は、その対策・対応もしてこなければいけなかった。

けれど、特に対策となることもせず、出生率は下がり、日本国民の高齢化は進んでいる。

現状を鑑みれば、医療や介護の現場がひっ迫することは目に見えている。

大西氏の発言は、日本の現状とこれからの姿を鋭く指摘してはいる。

けれど、「命、選別しないとだめだと思いますよ」の発言は、次の選挙で立候補するのであろう人が、政治家になろうとする人が言ってはいけないことだ。

れいわ新選組 国会議員の木村英子氏は言います。

「命の選別をするのが政治ではなく、命の選別をさせないことこそが、私が目指す政治です」

私もそう思います。

現 政治家で、公にいのちの選別を掲げている人はいないと思います(本心は知りませんが)。

けれど、

〇社会保障費や教育のために使うと言い、消費税を増税しておきながら、実際は借金返済。

〇フル規格の保健所は、この30年で4割以上減っている。
コロナういるす罹患を恐れる方へのPCR対応が追い付かないことに対する不満が溢れているが、保健所は減り仕事は増えているのだから、コロナが流行しなくとも、私たちが安心して暮らせる環境が削られている現実。

〇医療の現場は疲弊し、夏のボーナスもゼロもしくは大幅減となり、多くの医療従事者が職を辞すことを考えているという。その現状を目の当たりにしても、医療の現場への支援は遅れている。

〇家族の形は多様化し、DV被害から必死に逃げている方がいる(そのことも知っているのに)、1人10万円の給付金は、世帯主の口座に一括で振り込まれる。

〇このような状況において、国会は閉会。

このような態度も、いのちの選別の考え方があって、そのことを反映していると思います。

「今の日本の状況を鑑みると命の選別もやむをえない」と政治家や政治家を目指す人、政治の現場にいる人が言ってはいけない。
木村英子氏が言うように、「命の選別をさせないこと」が、彼女が目指すだけでなく、すべての政治家も努めてほしい。

ここまで書いてきたのは、大西氏批判をするためでも、現実の政治への落胆でもない(あ、落胆はあるか)。

はじめに、昨今 世間に漂っている差別意識について書きましたが、差別意識はなにも大西氏や現政治家だけが持っているものではなく、私たちひとり一人のなかに、程度の差はあれ、誰もが持っています。

それだけに、「命の選別」ということが、世間の人々までもが当然のことのように思い始めたら怖いことです。

自死された方が生前に受けた誹謗中傷、罪を犯した人への手のひら返し、誰もが病気に罹る可能性があるにもかかわらず、罹患した人へのバッシング(家族に罹患者が出て引っ越しをした家族、自死した家族がいることをご存じですか)。

そういうことが当然のように行われているのが現状です。

その現状に、医療崩壊、少子高齢化の進行、「命の選択」を公言する人が政治家になる、などという一滴が注がれたとき、あっという間につながりながら生きているいのちに、大きなヒビが入ってしまいます。

大袈裟なことを言っているつもりはありません。

大西つねき氏の発言以降、れいわ新選組の国会議員、木村英子氏と舩後靖彦氏のメッセージを読まさせていただきました。

〇参議院議員 木村英子 オフィシャルサイト 障がい者があたりまえに生きられる社会へ

  「大西つねき氏の「命の選別」発言について

〇舩後靖彦 Official Site 障害の有無を問わず、誰もが幸せになれる社会を創る

  「大西つねき氏の発言に関する声明

ある党の内部のゴタゴタ、などという話ではありません。自分自身も当事者として、自分自身の中にも差別意識があるものとして、読んで考えていただければと思います。

 ☆

今日の文章は、一昨日の文章を書いている段階で、ここまで書こうと考えていました。

正直しんどかったです。

私自身、自死された方の身内でも友人でもありません。また、槇原さんとも面識はありません。そういう者が言うべきことか。踏み込むべきことか。

また、この手の発言(この3日間の投稿)は、あたかも「自分が正しい」というところに立って言っているかのように聞こえます。

そういうつもりはありませんが、でも、自分では否定しつつも、こころのどこかに「自分が正しい」という思いはあるものです。そうでなくては、思考し、表現することもできないわけですが・・・それだけに、苦しい。

でも、書かずにおれなかったのです。

現代(いま)漂っている差別意識の空気がだんだん濃くなっているような気がして。

都知事選後、大西つねき氏の発言が周知のこととなり、それから木村英子さんと舩後靖彦さんのお話(ブログ)に出会い、ずっと、いろいろと考えています。

で、この文章を書いているときに・・・

「ALS患者 嘱託殺人」のニュースが入ってきました。

いのちの尊厳と言っても、人間の想いとしては、やはり人それぞれの想いがあります。

 本人がつらいのであれば、本人が死にたいのであれば、安楽死・尊厳死も認めるべきでは…。

 つらいかもしれないけれど、死は選ばないでほしい…。

どちらかがいのちの尊厳を認めてなくて、どちらかが認めていて、ということではないと思います。

でも、ご本人がその道を選んだ、選ばざるをえなかったということの重さを感じています。

また、ニュースを聞いたときは、依頼を受けたふたりの医師も、深く悩んだうえでもことだったのだろうと思っていました。

でも、そこはちょっと違うようです。

命の選別が思想背景にあるような本を、電子書籍で共著で出していたそうです。

彼らなりの「自分が正しい」というところに立っての行為だったようです。

れいわ新選組の舩後靖彦さんが、事件を受けてメッセージを発しています。

〇「事件の報道を受けての見解

今はただ、舩後さんの言葉を、しっかりと噛みしめたいと思います。

南無阿弥陀仏

« どんなときも 迷い探し続ける日々が 答えになること 僕は知っているから | トップページ | 人間はおるか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どんなときも 迷い探し続ける日々が 答えになること 僕は知っているから | トップページ | 人間はおるか »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ