« 「させていただきます」考 | トップページ | 私にとって「生きることと、○○は一体のものです。」と言えること(もの)は何か。そういうものを持っているか。 »

2020年7月28日 (火)

自分の生きにくさを、他者に重ね合わせてはいけない

ALS患者の女性に薬物を投与して死なせたとして、嘱託殺人の疑いで医師2人が京都府警に逮捕された。

この事件を機に、安楽死・尊厳死に関する法整備の動きも出てきている。

しかし、安楽死・尊厳死の法整備に関する議論は、現代の医療体制・医学の進歩のなか、常日頃議論されてしかるべき事柄(賛成・反対、両方の意見もあってしかるべき)。

けれど、それをしてこなかった。

にもかかわらず、これほどの事件が起きると、法整備の話が出始める。

つまり、法整備する側に、その程度の思いしかないということ。

そういう人たちが法整備といっても、個人的思想に突っ走るか(逮捕された医師のように)、大衆迎合的に「ALS患者がかわいそうだ」という感情に流されてのことのように映ります。

本来、安楽死・尊厳死なるものは、“ない”はずのものです(と考えます)。

けれど、安楽死・尊厳死を選択肢から外して考えることのできない状況におかれている方もいます。

だからこそ尚更、個人的思想に反することも考え(ということは、身の痛みを感じるほどに悩むということ)、「かわいそう」という自分の感情に流されるのではなく(患者さん本人の想いに寄り添うということ。それは、私の感情とは相容れないこともあることでしょう)、そういうためらいや葛藤、あらたな気づきを身をもって感じることから始まります。始まりです、終わり(解決)ではありません。

そういう意味で、自分たちの理想とする「枯らす」思想のために、嘱託殺人を犯したふたりの医師は、そういうためらいや葛藤、殺してしまった彼女から何かを気づかされることなどなかったことでしょう。

なにか気づきを得たならば、安楽死・尊厳死ということに対して、またあらたなためらいや葛藤も芽生えたはずです。

たまたまふたりの職業が医師だったから、安楽死・尊厳死の話に繋がっていますが、ALS患者の方が殺された事件は殺人事件です。

そのことは忘れてはいけないことです。

先日紹介した安藤泰至先生のコメントが「毎日新聞」に出ていました。

ぜひお読みください。

☆リンク

〇「毎日新聞」ALS嘱託殺人 「安楽死」議論と結びつけるべきではない 安藤泰至(鳥取大医学部准教授)

« 「させていただきます」考 | トップページ | 私にとって「生きることと、○○は一体のものです。」と言えること(もの)は何か。そういうものを持っているか。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「させていただきます」考 | トップページ | 私にとって「生きることと、○○は一体のものです。」と言えること(もの)は何か。そういうものを持っているか。 »

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ