« 淋しい人へ | トップページ | あぁ、そういう利点もあるんだ!(逆もまたしかり) »

2020年6月 9日 (火)

おばあちゃん ありがとう

6月9日は、住職のお母さんの命日。私にとってはおばあちゃん。

祖母は、47歳で阿弥陀さまのもとへ還りました。

病床にあった祖母は、住職(息子)と坊守(お嫁さん)の結婚式を見届けられる状態にはありませんでした。

住職と坊守は、仏前結婚式の装束を着て、病床の母にその姿を見てもらいました。

祖母は、安心して往ったそうです。

私は、祖母とは会っていません。

けれど、父が大事に持っている写真を見て、

過去帳をめくっていれば必ず 毎月9日に祖母に会い、

毎年6月8日には逮夜のお勤めを、9日には命日のお勤めをして、

会ったことがない祖母だけど、ずっと一緒にいる、よく知っている人の感覚があります。

知らないけど知っている、不思議な感覚(‐人‐)

6月になると、父は、母が好きだったファンタグレープを買ってきてお供えします。

で、9日のお参りを勤め終えると、父と娘たち(ジィジと孫たち)は、そのファンタグレープを楽しそうに飲んでいます。恒例行事

今年も、6月9日を迎えました。

おばあちゃんが亡くなった年齢から、2年多く生きたことになります。

あとどれくらいのいのちかな、と考えます。

娘たちの結婚の姿が見られるまで(娘たちは小学生)、まだまだがんばらんば。

諸行無常のいのちですが(^-^)

南無阿弥陀仏

« 淋しい人へ | トップページ | あぁ、そういう利点もあるんだ!(逆もまたしかり) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淋しい人へ | トップページ | あぁ、そういう利点もあるんだ!(逆もまたしかり) »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ