« 人と出会って生きるということ | トップページ | 嫉妬心や、他を羨む(うらやむ)気持ちは、私が私を認めていないところから生じる »

2020年6月26日 (金)

他者(ひと)を傷つける善意

蒸し暑い日となりました。体調崩されませんように。

また、大雨に見舞われている 長崎の皆様はご無事でしょうか。ご無事を念じております。

 ☆

外出自粛が解禁され、人の出も少しずつ戻ってきているようです。

このコロナ禍、何が正しいのか分からない中でも、出来得る限り罹患しないように罹患させないように、多くの方がお仕事や旅行・買い物等の移動を自粛していました。

すると、営業を自粛していない店舗、営業している店舗に対して攻撃を行う、「自粛警察」なる人々が表われました。

自分はこれだけ我慢しているのに、こいつらは我慢していないという不公平感や嫉妬心から攻撃心が湧いてくるようです。

意識的に敵意を剥き出しにしている「自粛警察」もいるでしょうが、中には何の疑いもなく、私が正しいという正義感から他者をとがめる人もいます。

最近では、マスクをしていない人に「マスクをしろ!」という「マスク警察」なる人も現れたそうです。

注意するだけならまだしも、暴力をふるう人もいると聞きます。

マスクをしていない小学生が殴られたという事件もありました。

それって、どうなのでしょう?

自分の正義を疑わず、自分の正義の枠から外れる人を取り締まる。それゆえ、「〇〇警察」と言われるようになったのでしょうが、

ここまでくると、「警察」に対する揶揄のようにも聞こえてきます。気の毒ですね。

ただ、「自粛警察」「マスク警察」に限らず、誰もが自分の正義を中心として生きています。

決して、「自粛警察」「マスク警察」けしからん! という話ではなくて、

果たして自分の意に反する者を攻撃していないか

結局、自分のストレス発散でやっているのではないか

そういうことを、他者への攻撃として表出する前に、自分自身で考えないといけません。

自分の正しさが生み出すものは、決して世間の平和ではありません。

なんてことを、いろいろと考えながら、不定期に貼り変えている第2掲示板に、このようなことばを掲げました。

Dsc_4952

「“私は正しい”という心が 善意という衣を纏(まと)っている」

「地獄への道は 善意で敷き詰められている」

こういう ことばを掲げるときって、やはり自分自身を正義に置いているんだよなぁという棘(とげ)が刺さるので、とても痛いです。

南無阿弥陀仏

« 人と出会って生きるということ | トップページ | 嫉妬心や、他を羨む(うらやむ)気持ちは、私が私を認めていないところから生じる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人と出会って生きるということ | トップページ | 嫉妬心や、他を羨む(うらやむ)気持ちは、私が私を認めていないところから生じる »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ