« 度(ど)す | トップページ | 誰もが同じ1秒を生きている »

2020年5月22日 (金)

くしけずる

このところ寒暖差が激しいですね。

昨日は、洗ってしまっておいた冬の服を引っ張り出して着てました。

暖房(ファンヒーター)もしまったので、エアコンの暖房をつけました。

それでなくともコロナに気を付けているのに、体調管理に余計気を遣わなくてはなりませんね。

皆様もお大事に👋

 ☆

朝食後、次女が櫛で髪をとかしています。

その姿を見て妻が、「くしけずる娘」(^-^)とつぶやくので、

私は「え、なに!?」と反応しました。

「え? だから、“くしけずる”娘って」

「くしけずるって、なに?」

「知らないの?」

「知らないよ、秋田の方言?」

「いえいえ、普通に使うでしょ!」

「初めて聞いたよ」😲

ということで、「くしけずる」をググりました(←「ググる」こそ最近の言葉なのに、もはや当たり前のように使われますね)

📱

【くしけずる(梳る)】櫛で髪の毛をとかして整えること。

📱

「あ、方言じゃないんだ! それに、“櫛削る”かと思ったら、“梳(くしけず)る”なんて漢字があるんだね!」

「でしょ‼」

ちなみに、「梳(くしけず)る」の「梳」という漢字は、「梳(す)く」とも読みます。

同様に「櫛で髪の毛をとかして整えること」の意味ですが、どちらかというと「理髪の技術。はさみなどで切って、髪の毛の量を少なくすること」の意味として「髪を梳(す)く」と使うことが多いのではないでしょうか。

朝一番、ひとつ賢くなりました。

« 度(ど)す | トップページ | 誰もが同じ1秒を生きている »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 度(ど)す | トップページ | 誰もが同じ1秒を生きている »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ