« 生かされてあることに感謝し念仏することである。 | トップページ | 口はひとつで耳二つ ちょっと話して よく聞くために »

2020年5月27日 (水)

南無阿弥陀仏をとなうれば

お朝事、繰り読みの「和讃」は「現世利益和讃」でした。

南無阿弥陀仏をとなうれば
 
この世の利益きわもなし
 
流転輪回のつみきえて
 
定業中夭のぞこりぬ

南無阿弥陀仏をとなうれば
 
梵王帝釈帰敬す
 
諸天善神ことごとく
 
よるひるつねにまもるなり

南無阿弥陀仏をとなうれば
 
四天大王もろともに
 
よるひるつねにまもりつつ
 
よろずの悪鬼をちかづけず

南無阿弥陀仏をとなうれば
 堅牢地祇は尊敬す
 
かげとかたちとのごとくにて
 
よるひるつねにまもるなり

南無阿弥陀仏をとなうれば
 
難陀跋難大龍等
 
無量の龍神尊敬し
 
よるひるつねにまもるなり

南無阿弥陀仏をとなうれば
 
炎魔法王尊敬す
 
五道の冥官みなともに
 
よるひるつねにまもるなり

傍らで聞いていた妻から、「お念仏は除災招福のためのものではないのに、親鸞聖人はどうして “南無阿弥陀仏をとなうれば” の和讃をたくさん書いてるの?」と質問を受けました。

親鸞聖人の「現世利益和讃」は15首あります。そのうちの上記6首を読みました。
原文だけで、現代語訳までは書きませんが、それでも「お念仏を称えたらこうなる!」的なことが書いてあるんだなぁってことを感じられるのではないでしょうか。

南無阿弥陀仏をとなうれば」の響きは、「念仏を称えたならば」、つまり「もし念仏を称えるという条件を満たしたならば」と、聞こえるのではないでしょうか。

でも、それならば「南無阿弥陀仏をとなえれば」と書かれるはずです。

南無阿弥陀仏をとなうれば」は、条件や仮定としての「ば」ではありません。
「~するときは いつも」とか「~するときは きっとそうなる」という確定の意味を持つ「ば」なのです。

「住めば都」という言葉がありますが、「もし住んだならば都となる」という仮定の話ではありません。
「住むと きっと都(住みやすい場所)となる」という確定を表わします。

親鸞聖人が著わされる「南無阿弥陀仏をとなうればもまた、確定を表わしています。

つまり、「南無阿弥陀仏をとなえるということは、諸々の神々がお守りくださり、諸々の悪鬼はひれ伏す」といったことを聖人は詠まれています。

文章にすると仮定と確定のニュアンスが分かりづらいですが💧

だとしても、現世利益を、念仏申した後のご利益を詠んでいるように聞こえるかもしれません。

親鸞聖人が言われる“現世利益”は、「お念仏申したら、こんないいことがあるよ」ということではありません。

「念仏申すご縁をいただいたこと、そのことがご利益なのです。すでにしてご利益をいただいているからこそ、念仏申すことができるのです」と仰っているのです。

「諸々の神々がお守りくださる」とか「諸々の悪鬼がひれ伏す」ということも、「念仏称えた者に訪れる良いこと」として挙げているのではありません。

念仏称えるということと同時に、神々に守られ、悪鬼がひれ伏すということも起こっているのです。

親鸞聖人は、阿弥陀如来を頼りとし、ただ念仏申せと説かれましたが、「阿弥陀以外の諸仏諸神は信じるに値しない」と言ったり、土地土地で崇められている神々を否定されたり、私を迷わせる悪鬼を追い払えと言ったりということはありません。

それら諸仏諸神、悪鬼もまた、念仏申すご縁をくださった阿弥陀如来に収まるものとみておられたことと思います。

自分の欲望が叶った!ということが現世利益ではありません。

自分の思い通りに生きようとするけれど、ご縁をいただいてある身であることに気づけば、自分の思い通りになるものではないこと。私が生きるということは、そこにさまざまな人々のいのちとのご縁があるということ。

そのことを目覚めさせてくださるのが、南無阿弥陀仏のご利益です。

念仏申すそのときに、目覚めのご縁もいただいています。

南無阿弥陀仏

« 生かされてあることに感謝し念仏することである。 | トップページ | 口はひとつで耳二つ ちょっと話して よく聞くために »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生かされてあることに感謝し念仏することである。 | トップページ | 口はひとつで耳二つ ちょっと話して よく聞くために »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ