« あ、私、今 疲れてんじゃん | トップページ | 何が正解かわかならいときにおいて・・・ »

2020年5月 4日 (月)

光の射す方へ

公園に行き、ブランコを見て、ふと思った。

ブランコには、「こっちに向けてこいでください⇒」などという断り書きなどない。

にもかかわらず、ほとんどの子、ほとんどの人が同じ方に向けてブランコをこいでいる。
公園の中に向けて、明るい方に向けて、こいでいる。

あぁ、人は、中心に向けて、広い方に向けて、光の射す方に向けて進んでいるんだなぁと思った。

ブランコの乗り方はそれぞれ。

小さい頃は恐々(こわごわ)と乗っていた。
やがてひとりで座れるようになる。
だけど、誰かに押してもらわないと動かない。
そのうち自分で反動をつけてこぐコツを覚える。
慣れてきたら、すごい高さまでこげるし、立ちこぎだってできる。
年を重ねると、ブランコをこぐわけではないけれど、座ってみたくなる。
そんなときでも、同じ方を向いて座っている。
不思議なもので、みんな同じ方を向いている。

乗り方は人それぞれ。
でも、ブランコは、どんなにこいでも、その場から先には進めない。
幼くても、年を重ねても、
ブランコに慣れていなくても、いろんな乗り方ができるようになっても、
同じところを行ったり来たりしている。

歩んでいる方向は同じ
でも、一歩一歩足を踏み出しているようでいて、実はずっと同じ場所にいる。
進んでいるかと思ったら、退いている
思いっきり反動をつけても、ちょっとの反動でも、前にすすむことに変わりはない
ブランコのあがる高さに違いは出るけれど、
進んでもまた退く

そして、最後は止まる

ずっと同じ場所にいるのであれば、
最後は止まってしまうのなら、
こぐことは無駄か?
といえば、無駄ではない

そこにブランコがあるから こぐ

こぐということが、私を私にしている

光を感じながら

光に向かいながら

Dsc_4793

« あ、私、今 疲れてんじゃん | トップページ | 何が正解かわかならいときにおいて・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あ、私、今 疲れてんじゃん | トップページ | 何が正解かわかならいときにおいて・・・ »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ