« 自由だ! | トップページ | 戦時中にあらず »

2020年4月21日 (火)

刻まれている記憶

昨晩、お風呂上りにテレビをつけたら、映画「ファンシイダンス」をやってました‼
「シコふんじゃった。」から一週間、そっか周防監督作品を連続して放送してたんだ‼

ロックバンドのボーカルをつとめる主人公(本木雅弘さん)は、お寺の跡取り息子。寺を継ぐために禅寺での修行に入ります。
禅寺ゆえ、厳しい修行生活も描かれていました。

映画を見て、長女が「うちは ああいう修業はないの? パパはしたの?」と聞いてきます。

(私)「映画でやってたような修業はしてないけど、パパはべつの修行をしっかりしていますよ」

(長女)「え!? どんなの?」

(私)「ママの愚痴を聞いたり、ママから耳の痛いことを言われたり、あなたたちが小さいときは、夜眠らないときに抱っこして夜な夜な墓地を散歩したり、一緒にお風呂入ってたら気持ちよくなってあなたたちお風呂の中でウン〇しちゃったり…。パパはいろいろな修行をしてるんだよ‼」

(長女)「え~、私たち、そんなことしたの‼」(*^▽^*)

(次女)「私、おぼえてる~」 (^▽^)

(長女)「え、ほんと。私は覚えてないなぁ」

なんて会話になりました。

次女は、幼稚園に入るころまで、お母さんのお腹の中から産道を通って出てくるときの記憶があると言って、話を聞かせてくれていました。

  くらくて
  あたたかかったよ
  あかるくなったら
  はっぱとおほしさまがあったの

と言ってました。
そんなことを思い出しながら、みんなで寝ました。

布団に入り、「そういえば、私のなかでの一番古い記憶ってなんだろう!?」と思いました。う~ん、幼稚園くらいまでしかさかのぼれません。それも、あまり楽しい記憶じゃないし(-_-)
お寺の玄関の前に、雨水が溜まっている釜があります。その釜は五右衛門風呂なんですが、私が4歳のころまで入っていました。母が薪をくべて、お風呂を沸かしていました。父は私を抱っこし、五右衛門風呂の底板を踏みながらお風呂に入った記憶があります。それが一番古い記憶かなぁ。

現在(いま)の状況は、子どもたちの心にどのように刻まれるのだろう。
つらい状況だけど、それと共に人の優しさも記憶されるような世の中でなければ

Img225

« 自由だ! | トップページ | 戦時中にあらず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自由だ! | トップページ | 戦時中にあらず »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

西蓮寺ホームページ

無料ブログはココログ