« すべての自然災害は人災化する | トップページ | いついかなるときも聞法の身 »

2020年3月19日 (木)

春彼岸2020

2020年3月19日(木)
2020年の春彼岸も3日目を迎えました。
3月に入り、全門徒さんに「おからだ最優先で、春のお墓参りはご無理ありませんように」旨、通知させていただきました。
けれど、お出かけの自粛を言われてはいるけれど、お墓参りには行きたい! お墓参りをせずにはおれない! という気持ちで、多くの方がお参りにみえます。有り難いことです。

学校が休校になっていますが、昨日は、すべての荷物を持ち帰るための、通知表を渡すための登校日。
小人数ずつ区切られた、限られた時間のなかで、子どもたちは久しぶりの小学校に出かけました。
次女は、提出義務のない、休校要請が出てからこの3週間の宿題の絵日記に「早く学校に行きたいです」と書いていました(涙を誘います)。なので、短い時間とはいえ学校に行って友だちと会えてうれしかったようです。
4月からは、新学年として最初から学校に通えるようになったらいいな、と思います。

小学校から帰宅して通知表を見せたら(よくがんばったね♡)、次女は風船をひたすらふくらまし始めました(ストレスかなぁ?)
東本願寺で発売している「ほとけの子風船」です。
ふくらませて、口を結んだ風船が床にゴロゴロしていたのですが、坊守(母)と妻が「外に飾ったら?」と言ったので、今日は風船記念日。
木にひとつ結び付けて、次女に「みんな木に結ぼうか?」と提案したら、嬉しそうに首を縦に振ったので、一緒に脚立を持ってきて木の枝に結びました。

Dsc_4615 Dsc_4617

お墓参りに見える方はなんとなく沈んだ雰囲気なのですが(当然ですよね)、柘植の木に風船がぶら下がっているのを見て、喜んでくださいます。あ、風船を結んでよかったなぁと想いました。次女がふくらましてくれたおかげです。

長女が小学校から帰ってきて、通知表を見せてもらって(よくがんばりました^^)、本堂で一緒に「阿弥陀経」をお勤めしました。
お墓参りの方が、お焼香をして帰られました。

風船見て心が和んで、、長女が読経している姿見てホッとしていただけたら、私も嬉しいです。

南無阿弥陀仏

« すべての自然災害は人災化する | トップページ | いついかなるときも聞法の身 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« すべての自然災害は人災化する | トップページ | いついかなるときも聞法の身 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ