« 他者(ひと)と共にある私 私と共にある他者 | トップページ | 潤いをあなたに »

2020年3月29日 (日)

スカーレット

2020年3月29日(日)
寒さがもどった朝を迎えました。起きたときは雨が降っていたので、「あ、天気予報はずれ♪」などと思っていたのですが、朝一番のお湯を沸かしているとき、窓の外の景色は雨からみぞれ、みぞれから雪、小さな粒の雪から綿あめみたいな雪へと、みるみる変化していきました。
地面が雨で濡れていたので、積もりはしないだろうと高をくくっていましたが、あっと言う間に雪景色となりました。
親鸞聖人も雪をかぶっています。

Dsc_4650

 

 

NHK朝ドラ「スカーレット」が昨日(2020年3月28日)最終回を迎えました。

私は、朝ドラを毎朝欠かさず見ているわけではありません。妻が毎朝欠かさず見ていて、朝の掃除から戻ってきたときに妻が見ていたら一緒に見るような見方なので、全編を知っているわけではありません。にもかかわらず、感動的なシーン、悲しいシーンで私が涙すると、「たまにしか見ないのに、よく泣けるわね‼」と嫌味を言われてしまいます。

さて、今回の「スカーレット」は完全オリジナルで、主人公の実在の人物はいないと思っていました。
いえいえ、神山清子(こうやま・きよこ)さんという、女性陶芸家の草分けの方のお話だったのですね。
朝ドラ大好きな僧侶の先輩が、「白山君、あのね、朝ドラではまださわやかに描いているけど、本当はもっとドロドロした話なんだよ」と、会うたびに聞かせてくれました。神山さんの自叙伝でも読まれていたのですかね^^

最終回の放送を見終え、『東京新聞』をひらくと、「あの人に迫る」のコーナーに神山清子さんが載っていました。
本当だ、ドロドロだ(ご自身で語られています)と思いました ^^💧

でも、陶芸の世界で女性が認められていない時代(とき)、誰にもまねのできないものを作って、この作品を見れば神山清子の作品だ!と思ってもらえるものを作るという熱意を持って作品作りをされていたそうです。

同じような物が出てきたら、私が死んで消えちゃうじゃないですか。誰が見ても「あ、清子さんやな」って分かるインパクトが欲しかってん。

ドラマでは息子の武志さんが26歳で亡くなりましたが、実際にも息子さんが31歳で亡くなられています。
29歳の時に慢性骨髄性白血病が判明し、それから親子で骨髄バンク設立運動に奔走されました。神山親子の尽力により、骨髄バンク設立の動きが加速したそうです。

ドラマでは、喜美子が涙を流すシーンはなかったと思います。気丈にふるまっていました(←見てないだろう!と突っ込まれるかもしれませんが)。
神山清子さん自身も、息子さんの病気が分かってから、息子さんと約束をされたそうです。「泣かないこと。涙を落とさないこと。笑って死ぬんだ」ということを。

何もなく、泣きながら死ぬんやなくて、笑顔で「ありがとう」って言われながら死んだ方がいいじゃないですか。最後の贈り物として、みんなからの「ありがとう」という言葉をあの子にあげたかった。

そのような気持ちがあったそうです。ドラマに反映されていたのですね。
ちなみに、ドラマで、喜美子の工房に並んでいた壺や器は、神山さんの作品だそうです。再放送されるときは、そこにも注目したいです。

(引用文は、「東京新聞」2020年3月28日(土)朝刊より)

« 他者(ひと)と共にある私 私と共にある他者 | トップページ | 潤いをあなたに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 他者(ひと)と共にある私 私と共にある他者 | トップページ | 潤いをあなたに »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ