« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月23日 (木)

南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう

南無阿弥陀仏

人と生まれたことの意味をたずねていこう

一切皆苦(いっさいかいく) 

お釈迦さまは「一切皆苦」と説かれました。この世の一切はみな「苦」であると。とても大切な指針です。

この世には、人生には、苦と楽があると考えがちですが、そうではありません。あるのは「苦」です。けれど、その「一切皆苦」とは、「私を苦しめる人や出来事に満ちている」などと言っているわけではありません。

 

ひととうまるるをいふ

親鸞聖人は、「人間」という言葉に「ひととうまるるをいふ」と左訓(注記)されています。つまり、「人と生まれることを人間という」と確かめられているのです。

「人間」という言葉には、「関係性を生きている者」「つながり合いながら生きている者」という意味が内包されています。もし単体で生きている、生きられるのであれば、「人」という言葉だけで済み、「人間」という言葉は生まれてこなかったことでしょう。

阿弥陀

南無阿弥陀仏の「阿弥陀」は、「無量寿」「無量光」を意味します。人知では量り得ない「寿(いのち)」と「光」。

「無量寿」。何年もの時を経て、何人もの人と人との縁が重なり合って、私は生まれました。そのうちの誰か一人でも違う人であったなら、今の私はいません。

「無量光」。この同じ時間と空間に、多くのいのちが生きています。光は空間に広がり、すべてを照らします。同じ時間と空間を生きるすべてのいのちが、同じ光に照らされています。一生会うことのないいのちであっても、関係がないとは言えません。

「寿」という縦糸と、「光」という横糸が織物のように織り成しあって、私という模様となりました。その模様は、私だけではなく、すべてのいのちと共に描かれています。既に亡くなったいのちも、これから生まれるいのちも含めて。人生で直に出会ういのちだけでなく、出会うことのないいのちも含めて。

ここまでの話だけならば、「つながりを大切にして、感謝の生活をしましょう」などという教訓で終わってしまいます。お釈迦さまは「一切皆苦」であることを覚られたのです。つながりを生きることが「苦」であると覚られた内容を考えなければなりません。

私の快適な生活は、環境の破壊に貢献しています。私が便利な生活を享受しているとき、その便利な生活を支えるために苦労している誰かがいます。私の願いが叶うとき、多くの犠牲が生じています。

いのちある者は、いつか必ずいのちを終えて往きます。大切な人・身近な人の死は、私の価値観を覆します。また、自身の死期が近付いたとき、「まだ死にたくない」と狼狽したり、「遺される人のことを想うと」と受け容れられなかったりします。いのちを授かることと他者の悲しみは、切っても切り離せません。そして他者の悲しみは、自身の痛みとしてこころに刻まれます。

つながり合いながら生きているのですから、皆が喜を味わうことはありません。私が喜を味わうとき、誰かが悲の渦中にいます。ですがお釈迦さまは「それゆえに一切が皆苦である」と言われたのではありません。我が身を、現実を観察することを通して、「すべてはつながっている。すべては縁によって成る」ことを覚られたのです。

南無阿弥陀仏

「寿」と「光」をあらわす「阿弥陀」に「南無」がついています。

インドの人々は、相手の目を見て合掌をして「ナマステ」と挨拶します。「南無阿弥陀仏」の「南無」は、その「ナマステ」が由来です。「あなたに会えてよかった」「あなたを敬います」という想いがこもった言葉です。

「南無」「阿弥陀仏」は、すべてはつながり合いながら生きている「一切皆苦」の人生を、bそこに何か大切な意味があるんだと、敬い・尊重の気持ちを持って生きる者となります、という告白です。

微妙(みみょう)

「微妙(びみょう)」とは、「言葉にしがたい美しさや味わい」という意味ですが、こんにちでは「ビミョー」と、否定的な想いを込めて使われる場合もあります。けれど本来は「微妙(みみょう)」といいます。「微」とは、極めて細かいさま。物事の奥底まで、極めて細かいところまで観察したとき、そこに大切なこと(「妙」)が見えてきます。

私のことを観察したとき、私を見つめて見つめて見つめたときに、私は私だけで成り立っているのではなく、外からの縁によってあることが見えてきます。私の内側に、私には持ち得ない外側の世界が広がっていることが見えてきます。

そして、外側の世界を観察すると、「私」が見えてきます。外側の世界は「私」がいることによって構成されています。一人ひとりの「私」によって世の中はあります。

私の内を見つめて外が見え、外を見つめて私が見える。私のなかにすべてがあり、すべてのなかに私がいます。とても不思議な微妙な世界が見えてきます。

人と生まれたことの意味

「人と生まれたことの意味をたずねていこう」とするとき、個人的な「意味」をたずねてしまいがちです。「私はなんのために生まれてきたのだろう」「私は、〇〇のために生まれてきたんだ」と。

「一切皆苦」「人間」「南無阿弥陀仏」「微妙」・・・私は、私だけで完結して生きているのではありません。他者やさまざまな事物との関係性において私となりました。

関係性を、つながり合いを生きているのであれば、人は淋しさや不安や孤独とは無縁な気もしますが、そうではありません。私の周りには多くの人がいるのに、でもひとりぼっち。自分の居場所を見失っている人が多いのが現代です。

人は、自分の名前を呼ばれることによって「私の居場所はここなんだ」「私はここに居ていいんだ」と安心できます。生まれてから今日に至るまで、そしてこれからも、私の名前を呼び続ける声がします。それは、阿弥陀如来が私を呼ぶ声です。その声が聞こえているからこそ、私の口から「南無阿弥陀仏」と念仏の声が出ます。私が念仏を称える声は、阿弥陀如来の呼びかけに応じている声です。「南無阿弥陀仏」と念仏称えるとき、阿弥陀仏と私は呼応しています。「南無阿弥陀仏」は、私の存在の証です。

念仏は、いつでも、どこでも、誰でも称えることができます。つまり、いつでも、どこでも、誰にとっても、念仏称えたその場所(境遇)が、私の居場所となるのです。

阿弥陀は、すべての一人ひとりに対して呼びかけています。あみだから、あなたもわたしも呼びかけられています。「あみだとあなたとわたし」、決して崩れることのない微妙な三角関係が築かれています。

「意味」は、私ひとりのこととして答を求めるものではありません。一人ひとり「一切皆苦」を生きている、すべてのいのちという大地を私は生きています。今、私があること。その事実そのものに意味があります。

お釈迦さまや親鸞聖人の教えを聞く歩み、生涯聞法の歩みが、「人と生まれたことの意味をたずねてい」く歩みとなります。

つながり合っているからこそ私があることの讃嘆と、たとえ他者を傷つける気持ちはなくとも、他者を傷つけている私であることの懺悔。そのことは、聞法を通して自覚されます。阿弥陀如来の呼びかけがあるから、自然に手と手が合わさり、「南無阿弥陀仏」と念仏の声が出ます。

聞法を大切にしてきた人々の姿が、後を生きる人に伝わり、教えが、南無阿弥陀仏が今に至ります。種から芽が出て花が咲き、やがて花は枯れて散ってしまっても、種が残ってまた花を咲かすように。
南無阿弥陀仏

2020年1月16日 (木)

掲示板のことばアーカイブズ(43)

2019年(平成31年/令和元年)

 

1月〔503/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」245


ヒトノタメとも読めますが、
ヒトノナスとも読めますね。
   近田昭夫

2月〔504/寺報246

腹立たば
鏡を出して 顔を見よ
鬼の顔が ただで見られる

3月〔505/寺報247

人はいさ 心も知らず
ふるさとは 花ぞ昔の
香ににほひける
   紀貫之

4月〔506/寺報248

今を生きることで
熱いこころ燃える
だから君はいくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生きるよろこび
たとえ胸の傷がいたんでも
   やなせたかし

5月〔507/寺報249

母を呼ぶのは良いことであるからと、
母を呼ぶ子はいない
   正親含英

6月〔508/寺報250

やまない雨はないというけれど、
私は今の雨をあびていたい。

7月〔509/寺報251

光に照らされることによって心の闇の深さがわかる
闇を破るはたらきは闇の中からは出て来ない

8月〔510/寺報252

春の風 夏の匂い 木々の色めき
そして今年もまた雪が舞う
そんな日々を好きになれる
あなたとなら季節が巡り始める
   King GnuDon't Stop the Clocks

9月〔511/寺報253

もしかしたら、
失うということと、
与えられるということは、
となり同士なのかもしれません
   星野富弘

10月〔512/寺報254

葡萄に種子があるように
私の胸に悲しみがある
青い葡萄が酒になるように
私の胸の悲しみよ喜びになれ
   高見順

11月〔513/寺報255

阿弥陀さまに見出されているあなたとわたし
差異(ちがい)は障りとならない

12月〔514/寺報256

老いも
病気じゃないですよ

2020年1月15日 (水)

掲示板のことばアーカイブズ(42)

2018年(平成30年)

1月〔491/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」232

本願力にあいぬれば
 むなしくすぐるひとぞなき
 功徳の宝海みちみちて
 煩悩の濁水へだてなし
   親鸞聖人「天親和讃」

2月〔492/寺報233

この一枚の紙のなかに雲が浮かんでいる
   ティック・ナット・ハン

3月〔493/寺報234

赤い実のなる木に
赤い実がなった
木の満足
   竹部勝之進

4月〔494/寺報235

咲いた花見て喜ぶならば
咲かせた根元の恩を知れ

5月〔495/寺報236

人類は、
生類の一部であるとき、
はじめて人類たり得る。

6月〔496/寺報237

なむあみだぶつ
人の世の悲しみは尽きないけれど
阿弥陀の慈悲は常に私を照らす

7月〔497/寺報238

他人と過去は変えられないが、
自分と未来は変えられる。
   エリック・バーン

8月〔498/寺報239

罪障功徳の体となる
 こおりとみずのごとくにて
 こおりおおきにみずおおし
 さわりおおきに徳おおし
   親鸞聖人「曇鸞和讃」

9月〔499/寺報240


 
悲しむということが、
 心ここに非ずになっていないか

10月〔500/寺報241

うれしいときだけが 〝きみ〟ではありませんよ。
   日野原重明

11月〔501/寺報242

他者を認めるとは、
自己了解が変わっていくこと

12月〔502/寺報243

失ったものの大きさは
与えられていたものの大きさでもある

2020年1月 4日 (土)

頭の中で考えていることをうまくアウトプットできなくて

年が明け、最初にテレビの前で腰を落ち着かせて見る番組は「箱根駅伝」。
(日中の放送なので、実際は腰を落ち着かせて見ていられませんが)

「箱根駅伝」を見ていると、スポンサーのサッポロビールのコマーシャルをよく見ることになります。
「大人エレベーター」シリーズが楽しみです。今年は誰かなぁと思っていました。今年は58歳の三谷幸喜さん。

コマーシャルで、妻夫木聡さんが「年を重ねたメリットとデメリットは?」と尋ねると、
三谷さんは「メリットは経験を積んだこと。デメリットは頭の中で考えていることをうまくアウトプットできないこと」と応えていました。

コマーシャルを見ながら「わかる わかる」と頷いていました。
若いころは蓄積が無いぶん、本や資料を読み漁り、自分なりに考えを深め(すぐに「これだ!」と結論を出すのではなく、何度も何度も自己ディスカッションし)、文章を書いていました。
そんな経験を重ね、下手なりに文章を書き続け、年と共に多少なりとも経験を積んできました。私の文章を目に留めてくださった方から原稿や法話の依頼が来るようにもなりました。若いころと比べて、文章を書くことはできるようになりました(内容はともかく)。けれど、文章を書く前に頭の中で考え、「こういうことを書こうかな」ということは出来上がるのですが、それをうまくアウトプット、表現できないのです。
若いころの読書量が圧倒的に少なく、感想文やあらすじを書くことが嫌いだった私にとって、文章表現は苦手なのです。親鸞聖人の教えを伝えたい‼ その一心だけで文書活動に足を踏み入れたので、土台・基礎のなさを痛感しながら綴ってきました。
下手は下手なりに経験を積んできましたが、年を重ね、今度は頭の中のものをうまく表現できないもどかしさという沼にはまっています。

あ、三谷幸喜さんの話でした。
三谷さんと比べるのは失礼ですが、「メリットは経験を積んだこと。デメリットは頭の中で考えていることをうまくアウトプットできないこと」に共感して、ブログに書きました。

2020年1月 2日 (木)

2020年1月のことば

2020年、明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します

人間は、節目を大切に生きています。
節目節目で冠婚葬祭をお勤めして、竹が成長とともに節目を築くように、人間も節目を刻みつつ成長してゆきます。
ですから、新しい年が始まって、「明けましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします」と挨拶し合うことも大事な節目だと思うのですが、でもそれと共に、いつもと変わらぬ一日であることを忘れてもいけないと感じている新年です。
困窮や淋しさのさなかにいる人、虐待を受けている人にとって、元日だから気が休まる、ということはありません。それどころか、節目を迎えることによって、かえってつらい想いをしている方もいるかもしれません。
人生において特別な一日もあります。けれど、特別な一日も含めて、いつもと変わらぬ一日一日です。
困窮のなかに身を置きつつも一所懸命に生きている方々、その方々を支援されている方々の活動報告を読ませていただいて、新しい年を迎えてこれからどう生きるべきかを考えています。
「これからが これまでを決める」

真宗大谷派では、2023年に「宗祖親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要」をお迎えします。
親鸞聖人の誕生から850年、念仏の教えをよりどころとして主著『教行信証』を著わされてから約800年を迎えることをご縁としてお勤めする法要です。
2019年の暮れ、新年最初2020年1月の掲示板は、その慶讃法要のテーマを掲示しようと決めました。
それゆえ、2019年12月は慶讃法要テーマに真向かいになって過ごしていました。一人ひとりが、それぞれの人生を歩いています。でも、それと共に、すべての人々と一緒に人生を歩んでもいます。
どうしてこれほどまでに人が人を見下すのだろう、差別をするのだろう。
どうしてこれほどまでに貧富の差がひらくのだろう。
どうしてこれほどまでに、権力を手にした者がいばるのだろう。
いつの世も、どこの地でも、誰であっても、人が人であることに変わりはない。
だからこそ、南無阿弥陀仏は、いつでも、どこでも、誰でも称えられるものとして、親鸞聖人は私たちにお示しくださいました。

慶讃法要テーマ
 南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう

を胸に、たずねて生く歩みをしていきたいと思います。南無阿弥陀仏とともに。

   ☆ ☆ ☆

2020年1月のことば (以下、西蓮寺寺報「ことば こころのはな」の文章です)


Dsc_4314


南無阿弥陀仏 人と生まれたことの意味をたずねていこう

 

阿弥陀

南無阿弥陀仏の「阿弥陀」は、「無量寿」「無量光」を意味します。人知では量り得ない「寿(いのち)」と「光」。

「無量寿」。何年もの時を経て、何人もの人と人との縁が重なり合って、私は生まれました。そのうちの誰か一人でも違う人であったなら、今の私はいません。

「無量光」。この同じ時間と空間に、多くのいのちが生きています。光は空間に広がり、すべてを照らします。同じ時間と空間を生きるすべてのいのちが、同じ光に照らされています。一生会うことのないいのちであっても、関係がないとは言えません。

「寿」という縦糸と、「光」という横糸が織物のように織り成しあって、私という模様となりました。その模様は、私だけではなく、すべてのいのちと共に描かれています。既に亡くなったいのちも、これから生まれるいのちも含めて。人生で直に出会ういのちだけでなく、出会うことのないいのちも含めて。

私の快適な生活は、環境の破壊に貢献しています。私が便利な生活を享受しているとき、その便利な生活を支えるために苦労している誰かがいます。私の願いが叶うとき、多くの犠牲が生じています。
いのちある者は、いつか必ずいのちを終えて往きます。大切な人・身近な人の死は、私の価値観を覆します。また、自身の死期が近付いたとき、「まだ死にたくない」と狼狽したり、「遺される人のことを想うと」と受け容れられなかったりします。いのちを授かることと他者の悲しみは、切っても切り離せません。そして他者の悲しみは、自身の痛みとしてこころに刻まれます。

つながり合いながら生きているのですから、皆が「喜」を味わうことはありません。私が「喜」を味わうとき、誰かが「悲」の渦中にいます。ですがお釈迦さまは「それゆえに一切が皆苦である」と言われたのではありません。我が身を、現実を観察することを通して「すべてはつながっている。すべては縁によって成る」ことを覚られました。

南無阿弥陀仏

「寿」と「光」をあらわす「阿弥陀」に 「南無」がついています。

インドの人々は、相手の目を見て合掌をして「ナマステ」と挨拶します。「南無阿弥陀仏」の「南無」は、その「ナマステ」が由来です。「あなたに会えてよかった」「あなたを敬います」という想いがこもった言葉です。

「南無」「阿弥陀仏」は、すべてはつながり合いながら生きている「一切皆苦」の人生を、そこに何か大切な意味があるんだと、敬い、尊重の気持ちを持って生きる者となります、という告白です。

人と生まれたことの意味

「人と生まれたことの意味をたずねていこう」とするとき、個人的な「意味」をたずねてしまいがちです。「私は、なんのために生まれてきたのだろう」「私は、〇〇のために生まれてきたんだ」と。

親鸞聖人は、「人間」という言葉に「ひととうまるるをいふ」と左訓(注記)されています。つまり、「人と生まれることを人間という」と確かめられているのです。

「人間」という言葉には、「関係性を生きている者」「つながり合いながら生きている者」という意味が内包されています。

私のことを見つめて見つめて見つめたとき、私は私だけで成り立っているのではなく、外からの縁によってあることが見えてきます。私の内側に、私には持ち得ない外側の世界が広がっていることが見えてきます。

そして、外側の世界を観察すると、「私」が見えてきます。外側の世界は「私」がいることによって構成されています。一人ひとりの「私」によって世の中はあります。

私の内を見つめて外が見え、外を見つめて私が見える。私のなかにすべてがあり、すべてのなかに私がいます。

私は、私だけで完結して生きているのではありません。他者やさまざまな事物との関係性において私となりました。

関係性を、つながり合いを生きているのであれば、人は淋しさや不安や孤独とは無縁な気もしますが、そうではありません。私の周りには多くの人がいるのに、でもひとりぼっち。自分の居場所を見失っている人が多いのが現代です。

人は、自分の名前を呼ばれることによって「私はここに居ていいんだ」「私の居場所はここなんだ」と安心できます。

生まれてから今日に至るまで、そしてこれからも、私の名前を呼び続ける声がします。それは、阿弥陀如来が私を呼ぶ声です。その声が聞こえているからこそ、私の口から「南無阿弥陀仏」と念仏の声が出ます。私が念仏を称える声は、阿弥陀如来の呼びかけに応じている声です。「南無阿弥陀仏」と念仏称えるとき、阿弥陀仏と私は呼応しています。「南無阿弥陀仏」は、私の存在の証です。

あみだとあなたとわたし

南無阿弥陀仏は、いつでも、どこでも、誰でも称えることができます。つまり、いつでも、どこでも、誰にとっても、念仏称えたその場所(境遇)が、私の居場所となります。

阿弥陀如来は、すべての一人ひとりに呼びかけています。あみだから、あなたもわたしも呼びかけられています。「あみだとあなたとわたし」、決して崩れることのない関係が築かれています。

「意味」は、私ひとりのこととして答を求めるものではありません。あみだとあなたと共に、決して崩れることのない関係を生きています。今、私があること。その事実そのものに意味があります。

つながり合っているからこそ私があることの「讃嘆」と、たとえ他者を傷つける気持ちはなくとも、他者を傷つけながら生きている私であることの「懺悔」は、聞法を通して自覚されます。お釈迦さまや親鸞聖人の教えを聞く歩みが、「人と生まれたことの意味をたずねてい」く歩みとなります。

聞法の歩みを大切にしてきた人々の姿が、後を生きる人に伝わり、教えが、南無阿弥陀仏が今に至ります。種から芽が出て花が咲き、やがて花は枯れて散ってしまっても、種が残ってまた花を咲かすように。

南無阿弥陀仏

 

~掲示板の人形~
干支の鈴人形
元日の朝、キチンと干支の順番で並べたつもりが、昼前に娘から「パパ、龍とヘビが逆だよ」と指摘を受けて、あわてて並べ直しました。
すぐに指摘してくれて助かりました(^∀^)
昨年までの12年間、干支のお手玉を並べていましたが、干支がひとまわりしたので、今年は違う人形にしました。何年続けられるいのちなのかなぁ・・・なんて考えながら。
限りあるいのちであることを想いながら生きます。南無阿弥陀仏
Dsc_4353

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ