« 彼の痛みを我がこととして | トップページ | 花は咲き、枯れるからこそ美しい »

2019年11月13日 (水)

他力の信心うるひと

2019年11月13日(水) 西蓮寺聞法会
報恩講のお勤めで、5首目に読まれる和讃

他力の信心うるひとを
 うやまいおおきによろこべば
 すなわちわが親友(しんぬ)ぞと
 教主世尊はほめたまう
         (「正像末和讃」)

「阿弥陀さまの慈悲のこころを信じ、他力の信心を得る人を、敬い多く慶ぶ人は、私の友であると、教えを説かれる釈尊は誉め讃えます。」
と、意訳できるかと思うのですが、なにか違和感が。
他力の信心を得るということは、自力のはからいではできません。つまり人間の諸行ではないということ。
人間の諸行ではないのだから、他力の信心を得た人はなく、当然その人を敬うこともできません。
この和讃は、人間目線で語られる和讃ではなく、阿弥陀目線の和讃ということ。

「正信偈」において、この和讃と同様の表現をされているのが、

 獲信見敬大慶喜

この「獲信見敬大慶喜」がある赤本勤行集11頁の四句をみると、

 譬如日光覆雲霧
 雲霧之下明無闇
 獲信見敬大慶喜
 即横超截五悪趣

 たとえば日光が雲や霧におおわれても
 その下が明るくて闇にならないように仏の真実のこころは いつも澄み切っているのです。
 まことの信をえて いのちの真実を見て 敬い大きなよろこびに満たされたならば
 その時 迷いの悪道を 願いの力で 横にすみやかにとび越えて たちきるのです
  〔意訳 戸次公正先生(東京教区教化委員会発行「正信偈」より〕

と、ある。
煩悩の眼で阿弥陀の慈悲を見たならば、一心に信じることは難しく、雲や霧の如き我がこころ(本当に信じていいの? 信じたらどんな良いことがあるの? 念仏だけでいいわけないじゃん!等々)で、慈悲のこころを覆ってしまう。
けれど、阿弥陀の慈悲のこころは、そんな雲霧をものともせず、私を照らしている。
つまり、阿弥陀の慈悲の対象は、すべての生きとし生けるもの
ということは、信心を獲る人とは、(その可能性も含めて)すべての生きとし生けるもの。
あなたもそう わたしもそう

和讃の「他力の信心うるひとを」を、他力の信心をえたすごい人! 特定の人! という見方は、阿弥陀の慈悲から漏れる人を生みだしてしまう。
阿弥陀の慈悲は、すべての生きとし生けるものに及んでいる。
目の前のあなたも、この私も、
先往くあなたも、後を生きるこの私も、
「他力の信心うるひと」である

今日の聞法会では、そのような話から、いろいろとお話させていただきました。
お参りいただきました皆さま ありがとうございます。
お茶会でのMさんの武勇伝が楽しかったです^^

南無阿弥陀仏

 

« 彼の痛みを我がこととして | トップページ | 花は咲き、枯れるからこそ美しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 彼の痛みを我がこととして | トップページ | 花は咲き、枯れるからこそ美しい »

フォト
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ