« 西蓮寺おみがきの会 開催 | トップページ | 現場を知るということは、人に会うということ »

2019年10月30日 (水)

阿弥陀さまへと続く道

昨日の朝、小学校5年生のミシン実習お手伝い。
展覧会を前に、作品作りが遅れている子たちが、早めに集まってミシンを使うというのでサポート。
みんな自主的に作品作りに取りかかってえらいなぁ。さすが5年生
私、ほとんど何にもしていません^^

ミシンサポート終わって、帰寺。
報恩講に向けて、住職と本堂内陣の荘厳を整えました。
「おみがきの会」で仏具と本堂がきれいになって、内陣の荘厳も整って、報恩講モードになりました。

午後、東京教区同和協議会の委員さんとの懇談会のため真宗会館へ。
話している内容の方向性がひとつの方に向いてきた感じがしてから、話が進んでいった気がする。
ひとり一人の考えていることはそれぞれでも、それぞれが考えていることを口にすると、なんとなく方向性は見えてくるものだなぁと感じる。

懇談会が終わって、帰寺。
真宗会館の駐車場を出るとき、いつもは左折するのに、昨日はなぜか右に曲がりたい気分。
で、右折。
昔は右折して帰っていたなぁと懐かしみつつ、笹目通りへ。
で、大渋滞!!
なんで!?
いつも通りのコースで帰っていたら、渋滞に巻き込まれなかったのかなぁ・・・などと、今更どうしようもないことを考えながら運転していた。
先のことなんか分らないし、そのコースが間違った選択で、違うコースが正しい選択だったのか、もしかしたらより最悪な選択ということもある。
あのとき別の選択をしていたら・・・そう考えることってあるけれど、私が歩むコースって、この、今歩んでいる道しかない。
この道を歩んでいることを楽しもうじゃないか!!
なんて考えていたら、会館から左折していた場合に通る道と合流。ザッと計算して15分のロス。
渋滞にはまった!!って言ったって、15分余計にかかっただけのこと。たいした違いではないですね(懇談会が終わった後だから言えることで、懇談会前だったら焦ってますね(^∀^) )


寺の駐車場が見えてきた。
駐車場に入ると、ちょうどお豆腐屋さんが移動販売に来ていて、妻と娘が買い物をしていました。
(妻・娘)「あ、パパ、おかえり~^^」
左折して15分早く帰っていたら、この「おかえり~」には出会えなかった。
厚揚げとピーマンのオイスターソース炒めが美味しかったです♡

人生、正しい道があるわけではなくて、歩んでいる道が私の道。
なにが起こるか分からない。分らないから考える。考えるから、起きた出来事が心に刻まれる。

« 西蓮寺おみがきの会 開催 | トップページ | 現場を知るということは、人に会うということ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西蓮寺おみがきの会 開催 | トップページ | 現場を知るということは、人に会うということ »

フォト
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ