« 雨ニモマケズ 風ニモマケズ③ | トップページ | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ⑤(了) »

2019年10月15日 (火)

雨ニモマケズ 風ニモマケズ④

仏前結婚式も整い、新郎新婦は披露宴の支度のため控室へ。
仏前結婚式を執り行った部屋では、ふたりの加役さんと私(司会)で仏具・結婚式備品等々の撤収作業。
作業中、披露宴にお招きを受けた後輩が、まだ時間に余裕があったので仏前結婚式を行なった部屋へやってきました。

(後輩)「あれ、白山さん、なにやってんですか?」
(私) 「あれ、〇〇ちゃん。私? 私は結婚式の司会」 (^∀^)
(後輩)「!! 白山さん、慶弔どっちもOKですね」
(私) 「もうね、なんでもまかせて!!!!」 (^∀^)v

私の苦労を見てきて知ってくれている後輩(相棒)との軽いやりとり。
7月と8月、お世話になった先輩住職と前坊守の葬儀の式司を務めさせていただき、
10月、東京教区で組を越えたお付き合いをいただいている住職の結婚式の司会を務めさせていただきました。
自分でも、こころのすみっこでチラッと思っていました。お世話になった(お育ていただいた)方々の慶弔に携わらせていただき、人と生まれたことの意味を感じていました。もうね、なんでも来い!!って感じでした(^∀^)
なので、7月と8月の葬儀に際して、お別れがつらいことに変わりありませんが、懸命に生きた人生の先輩方をお送りする務めの一端を担わせていただき、感謝と喜びを感じていました。ありがとうございます。(-人‐)

僧侶というと、葬儀のみを司るように思われているかもしれませんが、仏前結婚式もありますし、門徒さんの七五三をお勤めしたこともあります。
つまり、冠婚葬祭を司るのです。門徒さんは、お寺の住職に「初産式お願いします」「七五三お願いします」「成人式お願いします」「結婚式お願いします」「ご葬儀お願いします」って、人生の節目節目のお願いをしていいのです(決して営業ではなくて)。
お寺の本堂は、いえ、ご本尊と、教えや教えを伝える役目を担った人(僧侶)と、そこに集う人たちがいれば、そこが本堂でしたね。
本堂では、人生の節目を迎え、新しい門出を踏み出せます。

自分の、ではなくて、他者(ひと)の節目に立ち会えることの嬉しさよ!! 南無阿弥陀仏

« 雨ニモマケズ 風ニモマケズ③ | トップページ | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ⑤(了) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨ニモマケズ 風ニモマケズ③ | トップページ | 雨ニモマケズ 風ニモマケズ⑤(了) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ