« もし思い通りのストーリーになったら | トップページ | 2019年10月のことば »

2019年9月30日 (月)

10%(1割)って、たしかに負担感が大きい気がする

洗剤がなくなったので、昼食を食べるついでにドラッグストアに立ち寄った。
お店は混雑!! 商品の棚はからっぽ!! レジ前は行列!!
「え!なに!?」と思ったら、明日から消費税10%の上がる前の駆け込み買い置きでした!!

少しでも安いうちにという気持ちは分るけれど、10月1日以降もいろいろな形で還元されるようなので、買い置きの意識がありませんでした。
消費税はきちんと社会保障費に回して欲しいものです。
福祉のためといいながら赤字国債の借金返済に充てられ、今回アップする2%分は、軽減税率のシステム構築や消費税増税後に還元されるお金に使われるのとほぼ同じ金額だと聞く。

消費税は社会保障にきちんと使っていれば、いろいろと姑息なことをする必要もなくなるのに。

駆け込みでトイレットペーパーやオムツや洗剤等々を買って、何袋も重たそうな袋を持って帰路につくおじいちゃん おばあちゃんの姿を見て、日本は重たい重たいものを背負っているなぁと感じた。

3件目で何とか目的の洗剤を買うことができましたが、マウスウオッシュも買い置きするものだろうか(棚がカラッポだった)・・・と思いました。

« もし思い通りのストーリーになったら | トップページ | 2019年10月のことば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もし思い通りのストーリーになったら | トップページ | 2019年10月のことば »

フォト
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ