« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月 2日 (土)

沖縄の話をしよう

2019年3月1日(金)
首相官邸前での「辺野古埋めるな東京大抗議」デモ参加。
東日本大震災以降、機会があればデモに参加しているけれど、参加する度に苦しくなってくる。
デモに集まる人びとと警備の警官隊。その対立の構図は分かりやすいけれど、警官隊だって、警官になる縁によって警官になったのであり、それはデモに参加する人びとも、デモをする立場に、縁によって立っている。ほんの少しの出会いの違いで、立っている場所はお互い逆だったかもしれない。警官隊だって本意ではなく警備する側に立っているのかもしれない。つまり、警官隊も含めて、首相官邸前や国会議事堂前に集まる人びと(そこに集まれない人びとも含めて)は、みんな守られるべき人びと。本来敵対するはずのない人びと。
そう思ってきた。...
けれど、デモの回を重ねると、対立構造がより鮮明になってくる。警官隊を罵るデモ参加者もいるし、高圧的な警官隊も出てくる。
でも、もっと苦しいのは、デモに参加している人どうしが罵声を浴びせ合うこと。同じ方向を向いてるはずなのに、その人たちが争う。そんな状況を目の当たりにするようになり、とても苦しかった。
争う必要のない人どうしが争い、人びとの声に耳を傾けて欲しい人たちは、首相官邸内や国会議事堂内でのうのうとしているのだろう(そこにいないこともあるのだろう)。
今日きつかったのは、デモ隊の「辺野古を埋めるな」の声を書き消すほどに、警官隊がメガホンを手に「危ないので気をつけてお歩きください。ご協力をお願い致します」のコールを始めたこと。文字にすると丁寧な文言だけど、デモ参加者は決められた場所にいるにもかかわらず、大きな声で「危ないので~」コールを続けていた。どっちがデモしているのかわからないほどに。あぁ、やはり権力の側に立ってしまうのだろうか。
今日一番突き刺さったのは、沖縄県民投票のためにハンガーストライキをされた元山さんがマイクを持ち、「もっと集まってくれると思ってました。皆さん、周りの人ともっと沖縄のことについて話をしてください」と訴えておられたこと(元山さんのセリフは聞き覚えなので正確ではありません)。
昼間一緒にいた人に、「今日、デモがあるんだ」という話すらしなかった私。自分の中だけで納めてしまう。悪い癖だ。

2019年3月 1日 (金)

2019年3月のことば

3月になりました。年が明けたと思ったら、もう3月だ!なんて言っている方もいるのではないでしょうか。
年末年始などということに関係なく、時は移ろい、いのちも歩みを進めています。日々過ぎ行く時間を、日々あるいのちを大切にしたいものです。
などと想いながらも、あっという間に時が過ぎ行く感覚はなんでしょう? 2月は28日までだったものだから、なおさら早く感じます。寺報等々の締め切りを、普段の月の感覚でいたら、28日までだったことに気付き(分かってはいるんですけどね)、必死で仕上げました。
3月は年度末。春のお彼岸もあります。また、あっという間に過ぎてゆくのでしょう。春の訪れ、花の開花を楽しむ余裕を持って過ごしたいと思います。

   

2019年3月のことば
Dsc_2678_2

 人はいさ 心も知らず
  ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける
                       紀貫之

再会
何年ぶりだろう、この里に足を運ぶのは。昔はよく遊びに来ていた。この風景も、空気も、雰囲気も変わってない。懐かしい。
久しぶりに訪れた里で、常宿にしていた宿へ向かう。
あった! 宿の雰囲気も昔と変わらない。仕事も忙しくなり、この里からもしだいに足が遠のいていった。それから今日に至るまで、仕事のことや人間関係のこと、いろいろなことがあった。けれど、宿が目に入った瞬間、言葉で言い表わせないほどホッとした気持ちになった。
私の姿を見つけて、宿の奥から誰かが出てくる。
「え? あ! お久しぶりです。お元気でいらっしゃいましたか?」
宿屋の主人だ。馴染みの声、懐かしい口調。昔と同じだ(笑)
「お久しぶりです」
堅苦しい挨拶もそこそこに宿に通され、会話に花が咲く。昨日「さようなら」を言って別れ、今日また会ったかのように、長い空白期間が、相手の息遣いの中に打ち消されてゆく。
久しぶりに会った緊張感もやわらぎ、宿屋の主人が少しいじわるく言った。
「ずいぶん立派になられましたね。仕事ぶりは、風の噂で知っていました。仕事も私事もうまくいって、この里のことも、この宿のことも、すっかり忘れてしまわれたことでしょう」
そのセリフにふと現実に還る。私に、ではなく、肩書きを持つ私にチヤホヤする者ばかりの人間関係に疲れ果て、気がつけばこの里に足が向いていた。ホッとした気持ちになっていたけれど、現実の波はこの里にも訪れていた…。
そんなとき、梅の芳しい匂いが漂ってきた。目に留った梅の枝を一本折り、私は告げた。

人はいさ 心も知らず
ふるさとは 花ぞ昔の 香ににほひける

(「人の気持ちは、変わりやすいものです。あなたも、私を懐かしんでくれてはいるけれど、明日になれば、また気持ちも変わるのではないですか? けれど、ここの梅の花の香りは、昔とちっとも変わらない。かつて嗅いだ香りと同じだ。変わらないものが、この世にあるなんて」)

宿屋の主人が嘆息している。しばらくの沈黙の後、主人はつぶやいた。

花だにも おなじ心に 咲くものを
植ゑけむ人の 心しらなむ

(「梅の花でさえ、昔と同じ心のままに咲くというのに、梅の木を植えた私の気持ちも知っていて欲しいものです(たとえあなたが変わろうとも、あなたを想う気持ちに、変わりはありません)」

そのつぶやきを耳にし、私の還る場所が見つかったような気がした。

居場所(ここに居ていいんだ)
『古今和歌集』の選者、『土佐日記』の作者として知られる歌人 紀貫之。
紀貫之は、奈良県の長谷寺参りのため、毎年のようにこの里を訪れ、その度に泊まる宿がありました。しばらく訪れる機会もなく、数年ぶりの長谷寺参りでこの宿を訪ねたときの、紀貫之と宿屋の主人とのやりとりの中で詠まれたのが、今月のことばです。
顔と名前を覚えてもらっている。そこには、私の存在を認めてもらっている安心感があります。名前を呼んでもらえることの嬉しさ。ましてや、数年ぶりに会った相手が私のことを覚えてくれている。生きることに疲れたなかにも、私の「居場所」は、確かにあります。

変わるもの・変わらぬもの
人の気持ちは変わるもの。今日の想いと明日の想いは違う。環境や立場が変われば、想いも変わる。話す相手によって変えていることもあるだろう。
「梅」は、変わらぬものの象徴。「人」は、変わるものの象徴。変わらぬものであっても、変わるものであっても、それぞれ見た者の記憶に留まる。
変わらぬものとして、私の瞼に焼き付けられているもの。美しく芳しい花、夜空に光り輝く月、先往くあなたの姿。
変わるものとして、私の心に刻まれているもの。紀貫之も宿屋の主人も、ふたりの距離が開く(変わる)ことは分かっていた。けれど、だからこそ相手のことが心に刻まれ、忘れ得ない人となっていたのだろう。 つらく悲しい経験が、いつまでも思い起こされるのは、心の修復を試みているから。つらさ悲しさを抱えながらも私は生きている。生きよう生きようとする「こころとからだ」が、傷ついたところを治そう治そうとしている。つまり、私の中で変わろうとしている。だからこそ、いつまでも心の片隅に、忘れられないこととしてある。

阿弥陀さま
最近殊に耳にする事柄。パワハラ・セクハラ・バイトテロ・カスタマーハラスメント・煽り運転・虐待・DV…
ひとつひとつの報道を耳にし、「ひどい奴だ」「いつまでこんなことが続くんだ」と、悲しい気持ちになるけれど、これらの事柄の奥には、承認欲求が満たされないことによって生じる不安感や虚無感が溢れている。
「私はこんなに頑張っているのに、どうして報われないんだ」「あいつより俺の方が優れているのに、どうしてあいつの方が評価されるんだ」
世間から認めてもらえない自分を受け容れることもできず、見つめ直すこともできず、他者を貶めることによって自分の存在意義を高めようとする。そんな意識が他者を傷つけたり、馬鹿にしたりする態度として表出している。
けれど、そのような不安感や虚無感に襲われているのは、実際に他者を傷つけてしまった一部の人たちだけの話ではない。みんな淋しい。
認められている。想われている。名前を呼ばれている。「南無阿弥陀仏」と念仏申すことは、そこに私の居場所があるということ。
梅が、何年も変わらずに私のことを待ち続けてくれているように、阿弥陀さまも、私とともにある。
合わさる手に、南無阿弥陀仏

   

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ