« 言葉になっていないコトバ | トップページ | 窮屈な世の中です »

2019年1月28日 (月)

まだ道の途中

嵐の休止会見において、「無責任では?云々」質問した内容を聞いていて、腹が立ったけれど、ネット上でも多くの人がその質問内容・記者に腹を立てているので、少しホッとしている。
無責任もなにも、40前の人間が、自分たちの進む道を語りあい、決断したのだから、それを尊重するのが、こちら側の責任だと思います(というようなことを、SMAP解散のときも書いた気がする)。

その、「無責任では?」というような問い(嵐の会見の一件に限らず)が出る背景には、自分の中で受け入れられないこと・突然すぎて飲み込めないことに対する疑問・怒り・焦りのようなものが表出しているのだと感じる。
従来は、身近な者の中での会話によって疑問・怒り・焦りの解消を図ったり、共有したりしていたと思うのだけど、最近は、対象に疑問・怒り・焦り等々をモロぶつける人が増えてきた気がする。
件の質問をした記者は、「無責任と思われたとしたら? そのことによってリーダーの大野さんが悪役になってしまう恐れがないか?」と、自分が発した問いというよりも、そう思う人がいたらどうするか?という体で質問をしていたように聞こえたけれど・・・本当のところは、どちらに軸足を置いているのか分からない。もしかしたら、自分自身の疑問・怒り・焦りを、「世間の人々が」に置き換えたのかもしれない・・・「私はこう思う。そのことについて、お聞かせください」が、質問をするときの丁寧なスタンスかなぁと思う。

それにしても、件の質問に対する桜井さんの対応・回答が素晴らしかった。大人だなぁと思いました。そんな大人な嵐さんたちが、時間をかけて話し合ってきたことなのだから、真っ正面から受け止めてあげたい。

それから、
玉鷲関、大相撲初場所(2019年)優勝おめでとうございます
今場所は多くの力士が怪我をして車椅子で運ばれたり、休場したりするなかで、1151回連続出場は現役最多。2004年初場所の初土俵から1日も休まず、1151回連続出場とのこと。何よりもその記録に驚きました。
おめでとうございます。

« 言葉になっていないコトバ | トップページ | 窮屈な世の中です »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 言葉になっていないコトバ | トップページ | 窮屈な世の中です »

フォト
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ