« 2018年8月のことば | トップページ

2018年8月10日 (金)

吾れ、日に三たび吾が身を省みる。

子どもたちのおもちゃや学用品が増えてきたし、もう自分の持ち物をいつまでも残しておいても仕方がないので、物置にある自身の持ち物の整理(断捨離happy01)。
手紙をまとめた箱が出てくる。現代(いま)はメールが当たり前のようになったけれど、学生時代の25年ほど前(四半世紀前かcoldsweats01)は、まだ手紙でやりとりしていた時代(時代だってcoldsweats02)。
懐かしい名前、見覚えのある字、既に亡くなられた先輩の達筆な字! 目に留った手紙を読み返していると、四半世紀ほど前のことが思い起こされます。しばし読みふける(片付けあるある)。
手紙の、ちょっとおかしい文面や乱れた文字に、「あれ、なんかあったかな?」「疲れてんのかな?」「大丈夫かな?」なんて心配したりしたものです。直接会った友もいるし、私の手紙を読んで連絡をくれた友もいたなぁ。みんな、どうしてるかなぁ。直筆の手紙なんてと笑われる、煩わしがられる時代だけれど、メールからは感じられない息づかいが、手紙にはあります。

そのうちの一通。孔子の弟子の曾子が書いた言葉。それだけが書かれたハガキが出て来ました。

吾れ、日に三たび吾が身を省みる。

人の為に謀りて忠ならざるか。

朋友と交わりて信ならざるか。

習わざるを伝うるか。

友が書き添えてくれた現代語訳には、
「わたしは毎日何度もわが身について反省する。
人のために考えてあげて、まごころからしてあげられなかったのではないか。
友だちと交際して誠実ではなかったのではないか。
よくおさらいもしないことを受けうりで人に教えたのではないか。」と。

私の態度が気になってハガキをくれたのか、
自分自身を問うてのハガキだったのかは分からない。
でも、大切なハガキ。
今になってこのハガキと出遇ったということは、何か意味があることに違いない。
ふと我が身を省みる。
物だけでなく、こころの断捨離(整理)も。

« 2018年8月のことば | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年8月のことば | トップページ

フォト
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ