« 反省(懺悔)と感謝(讃嘆)を合わせ持っている人を「人間」といいます | トップページ | 掲示板のことばアーカイブズ(33) »

2018年7月16日 (月)

掲示板のことばアーカイブズ(32)

酷暑の中、皆様お盆のお参りお疲れ様でした。
まだまだ続く暑さ、おからだご無理ありませんように。
「掲示板のことばアーカイブズ」の投稿が、2007年分までで止まっていました。
アーカイブズを楽しみにしている方がいらっしゃって、お盆のお墓参りの際に「2008年以降もお願いします」と声をかけていただきました。ありがとうございます。

 sun sun sun

2008年(平成20年)

1月〔371/寺報「ことば こころのはな~西蓮寺掲示板のことば~」113〕
あたりまえのことって ありがたいことの積みかさね

2月〔372/寺報114〕
涙とともにパンを食べたものでなければ、人生の味はわからない
   ゲーテ

3月〔373/寺報115〕
楽を求めて苦しみに陥る
苦しみを生きる中で楽しみに出遇う(であう)

4月〔374/寺報116〕
朝(あした)には紅顔ありて 夕(ゆうべ)には白骨となれる身なり

5月〔375/寺報117〕
生きていてたのしいと思うことの ひとつ
それは人間が人間に逢って 人間について話をするときです
   相田みつを

6月〔376/寺報118〕
苦悩を抱いている その一点で人間は尊い
   佐野明弘

7月〔377/寺報119〕
災難に逢う時節には災難に逢うがよく候
死ぬ時節には死ぬがよく候
これはこれ 災難をのがるる妙法にて候
   良寛

8月〔378/寺報120〕
誠に知りぬ。悲しきかな、愚禿鸞 愛欲の広海に沈没し、名利の太山に迷惑して、定聚の数に入ることを喜ばず、真証の証に近づくことを快しまざることを、恥ずべし、傷むべし、と。
   親鸞聖人『教行信証』「行巻」より

9月〔379/寺報121〕
影が教えてくれるのは そこにある悲しみだけじゃない
うつむく顔を上げて振り返れば そこにある光に気付くだろう
   コブクロ「ここにしか咲かない花」より

10月〔380/寺報122〕
善い行いは よい報いがくるというよりも
善い行いをするところに 報いられている
   佐々木蓮麿

11月〔381/寺報123〕
海よ、僕らの使う文字では、お前の中に母がゐる。
そして母よ、仏蘭西(フランス)人の言葉では、あなたの中に海がある。
   三好達治

12月〔382/寺報124〕
えらばず きらわず みすてず
   竹中智秀

« 反省(懺悔)と感謝(讃嘆)を合わせ持っている人を「人間」といいます | トップページ | 掲示板のことばアーカイブズ(33) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反省(懺悔)と感謝(讃嘆)を合わせ持っている人を「人間」といいます | トップページ | 掲示板のことばアーカイブズ(33) »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ