« 英雄の報酬 | トップページ | 反省(懺悔)と感謝(讃嘆)を合わせ持っている人を「人間」といいます »

2018年7月 7日 (土)

2018年7月のことば

日本各地、大雨の警報が発令され、大雨による被害も出ています。被害が拡大しませんように。
1982年(昭和57年)に長崎の水害を目の当たりにし、ほんの少しの時間差で今にいのちを長らえさせていただいている身として、ここ数年毎年起る大雨の被害には、恐怖を感じています。どうか不要の外出はお避けください(と、言われながらも、避難所へ避難しなければならない状況にある方もいるわけで、無事を念じるばかりです)。

 cafe cafe cafe

Dsc_0852
他人と過去は変えられないが、
自分と未来は変えられる。
   エリック・バーン
(カナダ出身の精神科医)

痛みのない非難
「きょうよりかもっともっと あしたは できるようにするから もうおねがいゆるして ゆるしてください」
少女の悲痛な叫びに涙しました。
どのようなニュースであろうとも、目を背けずに向き合おうと努めているけれど、このニュースはなかなか正視できませんでした。
どれだけの恐怖を、悲しさを、そして、親への愛を小さな胸に抱いていたことでしょう。

小さい人が虐待を受け、そしていのちを奪われる事件が報道されると、「虐待した親を許せない」「児童相談所は、警察は何をやっているんだ。救える命だったはずだ」「いつまでこんなことが続くのか」などという声を耳にします。
虐待した親に対し、怒りが湧き起こるのは当然です。しかし、「いつまでこんなことが続くのか」と悲しみながらも、児童相談所や警察の怠慢だと憎しみを込めて歎く。他人事として見ているに過ぎません。
児童相談所で働く方1人当りが担当する案件が何件くらいあるか・・・想像したことありますか?  とてもすべての子どもを、家庭をカバーできるものではありません。しかし、日夜懸命に努めていらっしゃいます。現に救われているいのちもあるはずです。
人は、ミスに対するバッシングは容赦なく浴びせますが、私たちの生活のために日々尽力されている人に対して、感謝のことばをかけることはしません。
虐待の報道に涙する人は多い。けれど、保育園や幼稚園の設立を拒む人もまた多い。拒むことがいけないと言っているわけではありません。それは当然の権利です。しかし、自分の身の回りの環境を整えるために、子どもやその親を疎ましく思いながらも、子どもが傷を負うニュースに涙する矛盾に気がついていますか? 痛みを感じていますか? 自分が犯している罪の深さを、 もっと背負ってもいいのではないでしょうか。
痛みのない非難が、他者(ひと)を苦しめています。悪循環を作っているのですから、いつまでもこんなことが続くことは自明のことです。

今ある私
いつの時代も、人の苦しみ悲しみが消えることはありません。人が他者を傷つける報道を目にするとき、私たちは真偽も分からぬ情報や数少ない情報を元に犯人捜しに興味を示し、容疑者が捕まると、容疑者のみならずその身内の者にまでもバッシングを浴びせて溜飲を下げています。
犯した罪は、決して償いきれるものではありません。罪を犯した者は、たとえ刑期を終えたとしても、背負い続けねばならない責任があります。
しかし、物事にはそうなるに至った経緯や背景があります。罪を犯すことにしても、経緯や背景があります。経緯や背景が生まれるには、さまざまな縁が重なりあっています。私たち一人ひとりも、決して無縁ではありません。

親鸞聖人のことばです
さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし。」(『歎異抄』)
「そうあるべき縁がもよおしたならば、どのような行いもしてしまう」という教えを学び、「私も、縁がもよおせば何をしでかしてしまうか分かりません」と言う人もいますが、そのセリフは、起こり得ない前提として語っているようにも聞こえます。「いくら縁がもよおしても、私はそんな酷いことはしません」と。
「さるべき業縁のもよおせば」とは、これから先のことを言っているのではなく、今ある私のことを語っています。誰もが、縁によって私として生を受け、縁によって今の私として生きています。虐待した親も、虐待に恐怖する子も、救えなかったと悔やむ人も、他者を責めるだけの人も。みんな同じです。

未来は、この瞬間の延長線上にある
「いつまでこんなことが続くのか」という歎きは、本当は「何とかしたい」という叫びだと感じます。
悲しみを縁として、「何とかしたい」という叫びが私のこころの奥底から噴き出してきました。私の気持ちをそのように変えさせたのは、人の世の悲しみです。それならば、私が変わることによって人の世の悲しみを変えることができるのかもしれません。などと考えるのですが・・・
お釈迦さまの教えの根本は「縁起の道理」。「あらゆるいのち・物事・事柄は、縁によってつながっている」という教え。自然にそのようになっているということ。つまり、自分の意志で世の中を、他人を、自分自身でさえも、どうこうできるものではないのです。
ないのですが、人が他者を傷つける事件が相次ぎ、その度に自分を抜きにした他者批判が渦巻く世の中で、このままではいけない!と感じています。 私は、縁というつながりの中を生きる一人。他人事なことなどなにひとつなく、すべて当事者なのですから。

6月23日「沖縄慰霊の日」。相良倫子さん(沖縄県浦添市立港川中学校3年生)が自作の、平和の詩「生きる」を朗読されました。その一部です。

 

私は、今を生きている。
 みんなと一緒に。
 そして、これからも生きていく。
 一日一日を大切に。
 平和を想って。平和を祈って。
 なぜなら、未来は、
 この瞬間の延長線上にあるからだ。
 つまり、未来は、今なんだ。

未来は、この瞬間の延長線上にある。つまり、未来は、今。
未来のことを想うなら、今なんだ!

 cafe cafe cafe

掲示板の人形
6月23日は沖縄慰霊の日。
6月25日~27日 沖縄へ行ってきました。シーサーの色に惹かれました。
Dsc_0850

« 英雄の報酬 | トップページ | 反省(懺悔)と感謝(讃嘆)を合わせ持っている人を「人間」といいます »

コメント

『サンガ』拝読しました!

☆HikkenDokugoさんへ
お久しぶりです。お暑うございます。
『サンガ』お読みいただき、ありがとうございますhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英雄の報酬 | トップページ | 反省(懺悔)と感謝(讃嘆)を合わせ持っている人を「人間」といいます »

フォト
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ