« 口虚 | トップページ | 意味を求めて、意味を見失う »

2018年5月28日 (月)

群衆の中のひとり 個が集まって群衆

小学1年生の娘 
小学校の宿題は、ひらがなの練習。毎日1字か2字、20文字ほど書いてくること。

 あ あ あ あ あ あ あ あ あ あ

 え え え え え え え え え え

 お お お お お お お お お お

 か か か か か か か か か か

 せ せ せ せ せ せ せ せ せ せ

 た た た た た た た た た た

 な な な な な な な な な な

 ぬ ぬ ぬ ぬ ぬ ぬ ぬ ぬ ぬ ぬ

 の の の の の の の の の の

 め め め め め め め め め め

 ね ね ね ね ね ね ね ね ね ね

 れ れ れ れ れ れ れ れ れ れ

 わ わ わ わ わ わ わ わ わ わ

娘は毎日一生懸命宿題をやっている。上手に書けている。間違っていない。なのに、同じ字がたくさん並んでいて、○付けをしてあげていると、「あれ、この字あってる? うん、あってる あってる」と、なぜか不安になってくる。
試しに自分でも書いてみると、「あれ、この字あってる?」って不安になってくるから不思議。
お試しあれhappy01

似たもの同士の集団でも個々に個性はあるし、個性はあっても群衆の中では目立たなくなる。

« 口虚 | トップページ | 意味を求めて、意味を見失う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 口虚 | トップページ | 意味を求めて、意味を見失う »

フォト
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ