« 2018年3月のことば | トップページ | 2018春彼岸 »

2018年3月11日 (日)

想像力で、壁は越えていける

長女、次女と続けて発熱し、看病。子どもの病気はつらい。代わってあげたいけれど、出来るはずもなく。良くなることを念じるのみ。
相手が子どもに限らず、他者(ひと)の身に起きた出来事というのは、代わることができない。私の身に起きたこともまた、代わってもらうことはできない。

東日本大震災から7年。
10年日記の3月11日のページを見返し、この7年の3.11を思い返す。
午後2時46分東日本大震災追悼法要をお勤め。
警察庁によると2018年3月9日現在、震災の死者は1万5895人、行方不明者は2539人とのこと。
報道・記録としては、15,895人 2,539人という数字で表現すべきこともあるけれど、
亡くなったのは1人の人、今もなお行方不明なのは1人の人。
大きい数字が災害の甚大さを表わしているけれど、よく見ると1人の人の人生が奪われたという現実がある。
 
 book

安田奈津紀さんインタビュー(東本願寺発行『月刊 同朋』 2018年3月号より)

 今は「難民は」「被災者は」など、主語を大きくして集団をのっぺらぼうにしてしまうんですね。でも難民の方にしても、誰も最初から難民だったわけではありません。シリア難民の人たちに「私の名前は難民ではありません。私の名前は○○です」と言われたことがありますが、集団の中には一人ひとり名前をもつ個人がいるんです。
 シリアやイラクの紛争は、離れたところにいると、どうしても遠い地域の話になりがちですし、集団をのっぺらぼうにしてしまうことで「難民? 何か怖そう」といった漠然として恐怖感も生まれやすくなります。けれども私たちの想像力で、そうした壁は越えていけるんですよね。そのことを伝えるのも私たちの役割ではないかと思っています。

 book

「難民は」「被災者は」という表現で、他者(ひと)をひとくくりにして見てしまう。しかも、自分とは切り離した他者として。
大きい主語は、顔を見えなくしてしまう。
死者数 行方不明者数も、顔を見えなくしてしまっているのかもしれない。
みんな、顔を、名前を、人生を、縁ある人びとをもっている。
大きい主語に隠れた1人がいる。1人の人生を想像すると、そこに何十人 何百人 何千人もの人とのつながりがある。その中に私も含まれている。想像を働かせると感じられる、より大きなつながりがある。

大きさに隠されて見えなくなる1人のいのち
1人を見つめていると見えてくるたくさんのいのち。

他者の人生と、代わることはできないけれど、つながっている。
決して他人事(ひとごと)ではない。

« 2018年3月のことば | トップページ | 2018春彼岸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年3月のことば | トップページ | 2018春彼岸 »

フォト
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ