« 想像力で、壁は越えていける | トップページ | 2018春彼岸 »

2018年3月19日 (月)

2018春彼岸

春のお彼岸2日目(2018年3月19日)
と、次女の幼稚園卒園式

子どもたち一人ひとりに卒園証書を手渡ししてくださり、ありがとうございます。
「ハイッ」という子どもたちの元気な声に、子どもたちの歌声に、思わず目も潤む卒園式でした。
先生方、幼稚園の皆様、お友達、みんなありがとう
長女と次女は3学年離れているので、長女から数えて6年間続けて幼稚園児のいる生活をしてきました。
それも終わってしまうかと思うと、ホッとしたような、淋しいような。
これからが大変なんでしょうけどね。

幼稚園アイテム 担任の先生と保護者との連絡帳「生い立ちの記」
家庭での子どもの様子や先生への質問などを書いて提出すると、先生が子どもの幼稚園での様子や感想や答えなどを書いて戻ってくる連絡帳。
長女年少の際に記入したところ、「お父さんが書いてくれるのは珍しいです」と、幼稚園内で話題に。
先生からのお返事が有り難く、子どもたちの成長も書き記したく、マメに記入。文章だけでなく、子どもの写真や時にはイラストも。
後で聞こえてきたところ、私の書いた「生い立ちの記」は、担任の先生ひとりで完結するのではなく、先生方の間でも回し読みされていたとのことhappy01
そんな嬉しい情報を聞いた頃、寺報(お寺の新聞)の内容に困っていて・・・「文字が多くて読む気がしません」という意見をいただきました・・・あ、イラスト添えればいいのかな? と、思い立ち、それから寺報にイラストを入れるようになりました。エスカレートして、今ではマンガを描いています。
絵は、小学生の時にマンガクラブに所属していて、その当時のレベルのままで恥ずかしいのだけど、寺報に絵を描くようになってから、感想をいただくことが増えた気がします。ほとんどマンガの感想ですがcoldsweats01
それでも、寺報をお読みいただき、ありがとうございます。

寺報を手にとっていただけるようになったのは、「生い立ちの記」と、それを楽しみにしてくださった先生方のおかげです。ありがとうございます。(私の「生い立ちの記」ロスの先生がいるとかいないとかhappy02
6年分の「生い立ちの記」を読み返し、子どもたちも大きくなったなぁと、あらためて感じました。
卒園おめでとうheart04

« 想像力で、壁は越えていける | トップページ | 2018春彼岸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 想像力で、壁は越えていける | トップページ | 2018春彼岸 »

フォト
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ