« 人間・・・ともに生きていく人となる | トップページ | 掲示板のことばアーカイブズ(16) »

2018年2月16日 (金)

強みを手にすると、人は変わる

武力で平和が守れるなら
世界はとっくに平和です

アメリカで、また銃乱射事件がおきました。日本では、「たまに」、でも「またか!」という感じでアメリカでの銃乱射事件のニュースが流れるけれど、今年に入ってからアメリカでは18件の銃乱射事件が起きていると聞きます。つまり、日常茶飯事。
銃が手に入るということは、抑止のため、自己防衛のために手に入れても、凶器として使う者も手に取れるのだから、そのいたちごっこは止まらない。いたちごっこと書いたけれど、銃を凶器として使う者と、決して使うつもりはないけれど、抑止・防衛として必要とする者の二者がいるわけではない。銃が手にあれば、あらぬことを考え、あらぬことをしてしまうのが人。
これだけの人が銃の犠牲になっても、銃規制の話すら出ないというのは、議員レベルで言えば、銃関連の業者からいろいろとお世話になっているから(日本で原発推進の動きがなくならないのも、飲食店での禁煙の話が進まないのも、議員が関連会社からお世話になっているから。カジノを推進しようとしているのも同じ構図。そればかりとは言えないけれど)。市民レベルでも、未だに「それでも銃は必要だ」というのは、抑止・防衛のためという意識が働くから。結局、手元に銃は残る。悲劇は、これからも続く。
銃規制と同時に、秀吉の刀狩りではないけれど、今持っている銃をすべて没収しなければ、その意味も無いだろうし、お互いへの疑心暗鬼は続く。
銃の話ばかりだけれど、核も同じ。持っていたら、使いたくなる。使ってしまったら、たとえ正義の大義名分を掲げても、人殺し。使ってしまったら、国境を越えて、多くのいのちが犠牲になるのに。「自国を守るため」などというのは、ありえない話。

ジョンレノンが凶弾に倒れてから、105万人以上の人々が、銃によって亡くなっているという記録もあるという。
原爆投下のその年に亡くなった人は、広島で14万人(推計)、長崎で9万人(推計)。合わせて23万人(推計)。
国と国との争いは、一瞬で多くのいのちを奪う。
日常を生きる私たちは、日々の生活の中で、原爆の4倍以上の人(いのち)を殺めてきた。

« 人間・・・ともに生きていく人となる | トップページ | 掲示板のことばアーカイブズ(16) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間・・・ともに生きていく人となる | トップページ | 掲示板のことばアーカイブズ(16) »

フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ